RECENT ENTRY

→2017.10.24(Tue) 07:10:27 野党が酷すぎるってどういうことなんだよ!

→2017.10.23(Mon) 06:47:40 希望大爆死

→2017.10.22(Sun) 16:14:49 亀飼育245週間

→2017.10.21(Sat) 10:00:04 期日前投票

→2017.10.19(Thu) 06:14:59 シルバー民主主義

6276:犯罪確定?
2017.07.19
日記


comment(0)
trackback(0)
犯罪確定?
なぜかレンホーが国籍の一部を公開する記者会見を開いたそうな。


【中継録画】民進党の蓮舫代表が「二重国籍」問題で記者会見
https://thepage.jp/detail/20170718-00000006-wordleaf?pattern=2&utm_expid=90592221-74.59YB6KxJS6-oVPGhgabD7Q.2

民進党の蓮舫代表が18日午後5時から、自らの「二重国籍」問題について記者会見する。
13日の定例会見では、台湾国籍が既にないことを示す資料を公表する準備があると説明していた。戸籍は「差別主義者に言われて公開することは絶対あってはならない」と強調しつつ、野党第一党の党首で公人であり、自らの説明が二転三転したことから説明責任を果たすとした。



で、どうなったかというと、
戸籍謄本の一部、台湾籍の離脱証明書、
台湾当局に提出したパスポート等のコピーを報道陣に開示。
国籍選択宣言日は、昨年10月7日。



ということらしい。
簡単にいうと、去年の10月には二重国籍ではなかったよ、ということでいいのかな。

で、すぐに思ったのがこの前の参院選っていつだったっけ?ということと、
民主党政権時代は完全に二重国籍のままだったよね?ということ。


証明書類の公開で議論再び。「二重国籍」は公選法違反? 専門家に聞いてみた
http://go2senkyo.com/articles/2017/07/18/31272.html

二重国籍での立候補は問題なし!


日本の国籍法は「国籍唯一の原則」を掲げる一方、重国籍者への罰則はなく外国籍の離脱は努力義務としています。実際、重国籍者は多数存在しており、選挙においては重国籍者であっても日本国籍があり、所定の年齢に達していれば、選挙権・被選挙権は有することになるので、有権者・候補者としてすでに多数関わっていると思われます。このことは、昭和37年11月15日の法務省入国管理局宛の自治省選挙部の回答でも是認されています。


経歴詐称によって当選無効になったケースも


ただし、もし事実に反して経歴詐称を行っていた場合は公選法第235条の「虚偽事項の公表罪」に当たる可能性があります。
(虚偽事項の公表罪)
第235条 当選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し虚偽の事項を公にした者は、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処する。

分かりやすく言うと、当選するために身分、経歴、所属などを偽ると罰せられる、ということです。過去の選挙では主に学歴詐称でこの罪が問われた例が2件あります。



つうわけで、まとめると二重国籍で政治家に立候補しても問題はないんだけど、
レンホーには虚偽事項による疑いがある、ということみたい。

今すぐ二重国籍で政治家やってたから犯罪でタイーホということにはならんようなのですね。
それは残念な話です。
裁判までもっていってそこで白黒つけるしかないということです。
二重国籍だった事を
知らなかったと言うのは過去の発言と照らし合わせると矛盾してるので。


逃げきれそうだな、レンホーめ・・・。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6276-420f1b77
トラックバック