RECENT ENTRY

→2017.11.23(Thu) 07:42:33 会津若松徒歩の旅

→2017.11.22(Wed) 06:31:40 るろ剣 × 、ろり剣 ○

→2017.11.20(Mon) 06:21:20 奴は四天王の中では最弱

→2017.11.19(Sun) 16:51:03 亀飼育249週間

→2017.11.17(Fri) 06:34:58 悲鳴あげてるとこはブラック

6161:Man vs Road(人間 対 道路) 観音埼灯台でサバイバル
2017.02.20
日記


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 観音埼灯台でサバイバル
IMG_6769.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
2/18の土曜日、プチ徒歩の旅をやってきました。
仕事で精神を壊して以来、まとな徒歩の旅をやるだけの力を残せなくなってしまったので
旅に出たくでも出られません。
それで体は弱る一方です。
趣味も遂行できなくなるくらいから仕事辞めていいんじゃね?と思いますが。

さてプチ徒歩の旅ってことで2時間くらいで到着してしまう場所を選びました。
横須賀駅出発、東に約10キロ歩いたところにある「観音崎」を目指します。




IMG_6770.jpg

IMG_6771.jpg

IMG_6772.jpg

早速出発。なお、距離は短いけど装備はしっかりさせました。
カップめんを作るための調理道具と着替えと充電池と、リュックの重みはそれなりにあります。
また、二時間くらい付くから始めから全速力で歩きます。
そうでもして足に負担かけないと筋肉痛にもなりません。





IMG_6775.jpg

IMG_6776.jpg

IMG_6779.jpg

国道16号だけでもいけますが、公園があるということで、横須賀海岸通りを歩きました。





IMG_6781.jpg

IMG_6782.jpg

IMG_6784.jpg
うみかぜ公園に立ち寄り。海が見えますね。
気分転換をするには渓谷越えか海のどっちかですかね。





IMG_6787.jpg

IMG_6792.jpg

IMG_6791.jpg

IMG_6794.jpg

16号と再合流し、海沿いに歩ける場所に着きました。
一直線で1~2キロ歩けるところで、ここは全速力で歩きました。
時速6.1か2くらいで。
しかしそれでもジョギング軍団には追い抜かれてしまうという・・・。
歩きは走りに勝てないのか・・・。





IMG_6796.jpg

IMG_6798.jpg

IMG_6799.jpg

IMG_6800.jpg

IMG_6802.jpg

いったん坂道を登り下り、ここまでで唯一のコンビニを発見。ちょっとトイレを借りました。
観音崎周辺の地図が見れたので、もうすぐのはずです。




IMG_6803.jpg

IMG_6804.jpg

IMG_6805.jpg

IMG_6807.jpg

IMG_6809.jpg
観音崎に着いたので灯台目指して歩きます。





IMG_6810.jpg

IMG_6812.jpg

IMG_6811.jpg

IMG_6814.jpg

IMG_6817.jpg

観音埼灯台に到着。
「日本の灯台50選」に選ばれている灯台です。
200円払えば中に入って上まで登れます。

ちなみに50選の灯台は

関東だと、犬吠埼・野島埼・観音埼
東海だと、石廊埼・御前埼・伊良湖岬

を歩いて見に行ったことがありますね。




IMG_6819.jpg

IMG_6820.jpg

IMG_6821.jpg

IMG_6823.jpg

IMG_6824.jpg

灯台を見た後は、ちょうどいいベンチがあったので、
お湯を沸かしてカップめんを食べました。
これも久々にやりましたね。




IMG_6825.jpg

IMG_6826.jpg

IMG_6827.jpg

IMG_6830.jpg

あとは帰りですが、バスなどに乗るわけでもなく
最寄り駅まで歩いて移動します。
京急線の「浦賀駅」が最も近いですが、30分ほど歩きます。




IMG_6833.jpg

IMG_6834.jpg

IMG_6835.jpg

IMG_6836.jpg

そんなわけで浦賀駅まで歩いて旅は終了しました。

2.2万歩くらいしか歩いてなかったのですが、ものすごく疲れました。
その日の晩は睡眠薬飲んでねたら7時間熟睡。
しかも疲れが全然とれてなくて、朝飯食べた後に昼寝したら3時間も寝てしまいました。

これ書いている今も疲れがとれません。
やはりうつで精神が壊されると、普通以上に体への負担がかかるようです。
脳のオートパイロットが効いてないから
歩く行為だけで自分の力でやらなくてはならず、それが負担になっていると・・・。
かつて100キロ歩いた男とは思えないほどの弱体化ぶりが泣けてきます。

徒歩の旅は続けられないかもしれません。

COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6161-1fc93fb6
トラックバック