RECENT ENTRY

→2017.09.21(Thu) 05:30:29 ガッキー引退

→2017.09.20(Wed) 06:19:31 けがなかったの?

→2017.09.19(Tue) 07:29:29 ちょっと待て、そのファーストは元民進

→2017.09.19(Tue) 06:36:11 「このハゲー!」と出てきたら支持したw

→2017.09.18(Mon) 06:12:16 「解散総選挙だ!安部を追いこめ!」⇒「自己保身解散だ」

6123:二ヶ月弱、ありがとうございました
2017.01.09
日記


comment(0)
trackback(0)
二ヶ月弱、ありがとうございました
自分の両親宛。

去年11月16日から休職して、今日の1月9日で終わり、
明日から会社にまた行くようになります。

この間、自宅ではなく実家にほとんどいて食っちゃ寝して静養してました。
両親には本当に感謝しないといけません。
毎日おいしい食べ物を食べさせてもらってました。

自分が一人で休職中に体調を治そうとしてもダメだったでしょう。
ダメだと思ったから実家を頼ったわけです。


イコール、俺は一人では生きていけないんだなあと、痛感してました。



ちなみに休職中の傷病手当金は3年もらえるらしいです。
つまり3年休職できるということでもあるのですが、
二ヶ月弱で復帰しようとしているんだから、自分は真面目すぎるのかなとも思った。
あまり休みすぎると心情的に仕事復帰できなくなるのわかってたから
強引にでも戻ろうという意志がそうさせているのですが。


で、明日から会社に行くのだけど、
こういうニュースがあります。


一応自分は「重度うつ病の一歩手前くらい」まででした。
心療科のアンケートで判明済み。


うつ病休暇
半数が再取得「企業は配慮を」 厚労省研究班
http://mainichi.jp/articles/20170108/k00/00m/040/114000c

うつ病になって病気休暇を取った大企業の社員の約半数が、復帰後に再発し、病気休暇を再取得していたとする調査結果を、厚生労働省の研究班(代表者、横山和仁・順天堂大教授)がまとめた。特に復帰後2年間は、再取得する人が多かった。仕事の負担が大きな職場ほど再取得のリスクが高いことも裏付けられた。専門家は社員の職場復帰について、企業が慎重に取り組むよう訴えている。



こんなの当たり前よな!


もし俺がまたあの豊洲のクソ現場に戻されたら
一ヶ月でダメになる余裕がありますわ。


結局、こういうのって「環境病」みたいなものでさ、
配置転換して環境をガラッと変え人間関係をリセットするとかしないとだめなんよ。



さらに昨日ツイッターで見つけてリツイートした内容がこれ。


「うつは甘え」だとよく言われますが、うつ病は「甘えを許せば治る病気」なんです。
今の日本は不景気すぎて障害者や妊婦に配慮する気持ちさえ忘れ、
他人の甘えなんて絶対に許さない不寛容な社会ですから、
とてもじゃないがうつ病が治るような環境では無い。
休職から復帰しても再発するのは当たり前。



自分だけで精一杯で他人の甘えとか許されないからなあ・・・。



というわけで復職しますが、また休職するんだろうなあと覚悟してます。
だから、これからの生き方としては、


・体壊す度に何度でも休職して、今の会社(=IT業界)にしがみついて生きていく。

・環境をがらっとかえるために退職して新しい仕事を探す。
 ただ、今の年から考えてまともな仕事はつけそうにない感じ。



という感じで、どっちにしても救いが無い人生が待ってます。
それくらいすぐに先読みできるから、生きる気力もわかないってもんですよ。
自分がバカだったらどんだけ幸せかってな・・・。


さらに言うなら休職するほど体壊したときに実家に頼れなくなったら
いよいよ俺は死ぬしかないってことです。
自分一人では生きられないと、最初に書いたとおりです。
体が回復できないのだから働くこともできないということだもの。
寝たきりの野垂れ死によなwww
まあ、その時のためにがんばって貯金してますが。



以上。
昨年末に面談した案件へのOK返事は来てないので
ダメになったかもしれません。
何の仕事をやるか決まってないけど、明日会社にいってきます。
一日PCもない席に座ってぼ~っとしてそう。。。

それか、そういう扱いされてさっさと辞めれってことなのかもなw
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6123-90fcf07d
トラックバック