RECENT ENTRY
6106:Man vs Road(人間 対 道路) 伊豆大島でサバイバル(2/n)
2016.12.15
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 伊豆大島でサバイバル(2/n)
自宅に一時帰宅したので、またすぐ出かける前に
続きを書いておきます。
今回は伊豆大島公園から龍王崎灯台まで。




IMG_6351.jpg

IMG_6352.jpg

前回は岡田港について遊歩道を歩きながら大島公園まで来た話でした。
ここから先は普通に道路を歩いていくことになります。





20161215b.jpg
南東にある灯台までの地図全体図。
ひたすら208号を歩いていきます。





20161215.jpg
大島公園の周辺図。
いったん北にいって折り返すような地形になっていますね。





IMG_6353.jpg
そして地図からはわからないのですが、ここから先はかなり登り坂が多くなっていました。
リュックが重いのと、今回はストックをもってきてないから
脚力を駆使していくことになります。
さすがに歩速が落ちてしまいました。




IMG_6354.jpg
ところどころにあるこういう看板を見て、「ほ~~ん」とかうなずいてましたw




IMG_6355.jpg

IMG_6356.jpg

IMG_6357.jpg
分岐点のあるところまできました。
ここで右折すると大島温泉ホテルのある「三原山」に通じているようです。





IMG_6358.jpg
三原山に通じている道は「あじさいレインボーライン」というようです。
冬に紫陽花は咲いてないのですが、夏ごろか梅雨時にいけば
綺麗な道を歩けるかもしれませんね。





IMG_6359.jpg

IMG_6360.jpg

IMG_6361.jpg

道路からときおり見える海を眺めつつ先にいくと
「テキサスハイキングコース」という看板が。
これも三原山に通じているようですが、よく見ると下の方に道が伸びていて
大島公園からこれるようでした。
見た感じこっちの方がきょり短いんだけど・・・。
大島公園からこっちにこれる別の道なんであったのかな・・・と。





IMG_6363.jpg

IMG_6364.jpg

IMG_6365.jpg

IMG_6366.jpg

道路は見ての通り歩道が一切ありませんが、
車もほとんど通りません。
道路の真ん中を歩いても問題がないというくらい交通量がないので
安心して綺麗な景色の中を歩いていきました。

坂道でなければなおよかったけど・・・。
伊豆大島って地形が起伏にとんでいるのな・・・。
これは歩いてみないとわかりませんでした。


遊歩道も山道みたいになってて登りがあったせいもあって
結構この時点で足を使ってました。




IMG_6367.jpg
大島公園から40分くらい歩いてこの看板まで来ました。
「海のふるさと村」というキャンプ場に通じる道があります。
大島公園に寄らず海浜遊歩道を歩き続けた場合は
「行者浜」という砂浜を越えて「海のふるさと村」まで通じているようです。
そこまでいってからここに来ることも可能ではあったのですが、
地図見ると、異様にうねうねした、おそらく登り坂を歩いてくることになっただろうから
かなり疲弊したと思います。
夏に伊豆大島に来てたらキャンプ旅ということで立ち寄っても良かったかもしれません。





IMG_6368.jpg

IMG_6369.jpg

中に入るとキャンプしやすそうな土管を通りすぎるとまた何かありました。
歩いていると色々な看板が出てきて実に楽しいw
次は「裏砂漠」というものです。

日本で砂漠というと鳥取砂丘が有名だと思いますが、
なんと、実は東京都にも砂漠は存在した!





IMG_6370.jpg

が、なんか黒いんですけど・・・。
これはもしかして火山灰?
火山灰が溜まって砂漠のようになったということなのかも。



IMG_6371.jpg

さっきの裏砂漠に通じる入り口のようです。





IMG_6372.jpg

IMG_6373.jpg

IMG_6374.jpg

IMG_6375.jpg

IMG_6376.jpg

IMG_6377.jpg

こうして色々な看板を見ながら登り坂・下り坂を交互に歩いていくと
ようやく町らしきものが見えてきました。
長い。
大島公園から一時間半は経過してたと思います。




IMG_6378.jpg

IMG_6379.jpg

IMG_6380.jpg

IMG_6381_20161215085011a92.jpg

IMG_6382.jpg

大体この辺はずっと下り坂でした。
もし反時計回りに歩いていた場合、結構長い登り坂を歩かされていたので
まだ時計回りに歩いて正解だったと思います。

そして「筆島」というところに来ました。

http://oshima-gdm.jp/%E7%AD%86%E5%B3%B6

この、ちょこんと海に立っている小さい岩が筆島というようです。





IMG_6383.jpg

IMG_6384.jpg

IMG_6385.jpg

IMG_6386.jpg

IMG_6387.jpg

長い長いアップダウンの道を終えてふもとに降りてきました。
そして「波浮港(はぶみなと)」というところに到着。
ここでようやく自販機を発見。
リュックには550mlのペットボトルを三ついれていて、うち二つをぺヤングで使い
残りひとつだけでここまで歩いてきました。
動物園に自販機あったからそこで買えばいいのを
自分のテンション高くて先に行く気が急いて忘れてしまったというwww




IMG_6388.jpg

IMG_6390.jpg

波浮港には「龍王崎灯台」というのがあります。
自分は今までの旅で色々な灯台を見てきているので、灯台好きでもあります。

まあ、必ず見に行かないといけないという使命感があるわけではないですがw
とりあえず地図があったので、この通り行ってみることに。




IMG_6391.jpg

IMG_6392.jpg

IMG_6393.jpg

さっきの地図を見ないとたどり着けなさそうなところに灯台がありました。





IMG_6394.jpg

IMG_6396.jpg

逆行だったので後ろから撮り直しましたが、これが龍王崎灯台です。
いいですねー。
かっこいい。

・・・と書いてどこがかっこいい?とか言われそう。





IMG_6397.jpg

IMG_6398.jpg

IMG_6399.jpg

IMG_6400.jpg

ベンチがあったのでここで休憩して、ミックスナッツをぽりぽりと食べました。
流動食です。
実家で親がよく食べているので、買ってきてもらいました。

なお、写真では一切わからないですが、
波浮港に入ってから異様に突風だらけになってます。
とにかく風が強い。ずっと強風。
帽子を被って歩いているのですが、飛ばされないように気をつけて歩いてました。
飛ばされたら絶対回収不可能になるでしょう。

ちなみに、この突風は以後ずっとでした。
伊豆大島というところがそういうところなのかもしれません。





IMG_6401_20161215092127250.jpg

IMG_6402.jpg

休憩を終えて先に行こうとしたところで「防空壕」を見つけました。
戦争時代、本土を爆撃しにくるB21などの爆撃機はこの大島で監視されていたらしい・・・?




IMG_6403.jpg
208号に戻ってきました。
時間を写真に撮り忘れたけど、13時9分でした。
大島公園から大体で3時間半かかってますね。

で、ここまでで3/4周の約半分を歩いたことになります。
ここから元町までまだまだかかります。


次回へ続く。

COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6106-26256cc5
トラックバック