RECENT ENTRY

→2017.08.24(Thu) 06:43:27 西舞鶴まで歩けばよかった。

→2017.08.21(Mon) 19:44:04 亀飼育236週間

→2017.08.19(Sat) 10:54:59 福井県突破の旅

→2017.08.18(Fri) 06:32:34 やはりネズミだったw

→2017.08.16(Wed) 06:34:37 いつチャーハンできんだよ

6105:Man vs Road(人間 対 道路) 伊豆大島でサバイバル(1/n)
2016.12.12
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 伊豆大島でサバイバル(1/n)
12/8~10に行ってきた、伊豆大島徒歩の旅について書こうと思います。
自分は休職中で週のほとんどを実家で静養していて
実家からはブログの更新ができないので(何でかを説明すると面倒だから省きますが)、
自宅にいるときになるべく書いていこうと思います。

量がハンパなく多いので全何回で終わるかわかりません。



IMG_6250.jpg
こんばんわ、ルナ・グリルスです。
12/8の21時。浜松町から西に歩いたところにある、
竹芝のフェリー乗り場に来ています。

現在休職中ですが、心の闇を取り除くべく徒歩の旅を計画しました。
今回は伊豆大島に行きます。初めての島巡りの旅です。





IMG_6251.jpg

IMG_6253.jpg

竹芝を22時に出発する夜行フェリーに乗って
翌日朝6時頃に伊豆大島に到着。
そのまま徒歩の旅で可能なら一周する、という内容になっています。

夜行フェリーに乗るのは初めてなのですが、

・事前にインターネットで往路と復路の予約をする(要会員登録)。
・フェリー乗り場にいって、チケット売り場で予約したことを告げてチケットをもらう。
・チケットの半券部分に自分の名前、住所などを書く。

という手続きが必要です。





IMG_6254.jpg

IMG_6255.jpg

席は思ったより安かったので「特二等」にしました。
見てのとおり二段ベッドです。自分は下の方になりましたが。
身長177センチある自分でも両足を伸ばせるくらいスペースがあります。

ただ、実際横になってすぐに思ったのが

キャンプで使っているエア枕を持ってくればよかった!


ということ。
そなえつけの枕が硬すぎてダメ。
パーカーを着てましたが、これを脱いで丸めて枕に被せていくらかましにしました。
モンベルのエア枕は全然かさばらないので、もっていくべきでしたね。




IMG_6256.jpg
22時になったので出港しました。
しばらくはタラップに出れて外を見ることができます。





IMG_6258.jpg

IMG_6262.jpg
遠方に東京タワーが見え、レインボーブリッジの下をくぐっていきました。
見所はこれぐらいなので、またベッドに戻りました。




IMG_6263.jpg
23時半になったら消灯しますが、
ベッドのカーテンを閉めたらそれだけで真っ暗になります。
スマホの懐中電灯機能を使うなどして明かりをつけてました。
なお、ベッドにはコンセントがひとつあるのでスマホの充電は可能です。

持参してきたトリスをもってきて(入れ物はジムビームだけど)、
軽く水割りを飲んでまったりしてました。

ちなみに心療内科でもらった薬は旅の間は飲まない予定です。
だって酒が飲みたい!





IMG_6264.jpg

朝5時に目が覚めて、船内の明かりも5時半につきます。
6時には伊豆大島に着くので荷物をまとめて
夜間は自由に出入りできるレストランでまったりしてました。

そしていよいよ伊豆大島に到着します。





IMG_6265.jpg

IMG_6266.jpg

ついに来てしまいました。伊豆大島!
伊豆大島には二つの港がありますが、岡田港に到着しました。
今回、もうひとつの港である元町港に宿を取ったので、
伊豆大島一周ではなく3/4周の徒歩の旅になります。

がんばれば早く元町港について岡田港くまで歩いて
バスで元町に戻ることも可能だけど、まあそれはいいだろうと。





IMG_6268.jpg

IMG_6269.jpg

IMG_6267.jpg

では出発します。
伊豆大島は県道208号というのを使えばそれだけで一周できるようになっています。
「大島一周道路」という名前になってたはずで、距離としては約42kmぐらいだったっけ?

42キロを歩くこと自体は特に問題ありません。
俺が今までどれだけの長い距離を歩いてきたと思ってるwww
問題があるとすれば、全然徒歩の旅をやってなくて足が弱ってることぐらいです。





20161209_伊豆大島全景
参考までに、伊豆大島の全景です。
上のほうにある岡田港がスタート地点で時計周りに歩いていきます。




20161209_伊豆大島b
そして地図一枚目。
今回は大島動物園までの話を書くつもりです。
それだけでも相当写真とりまくってました。





IMG_6270.jpg

IMG_6271.jpg

IMG_6272.jpg

IMG_6273.jpg
岡田港を出てすぐ右手にある坂を登っていきました。
208号に出るまでいきなり登り坂というのは道を間違えたかも・・・と思った。

今回40リットルのリュックを背負ってますが、
相当荷物を詰め込んでいてかなり重いです。
いきなりハードなスタートになった。。。





IMG_6274.jpg

208号に出るとすぐトンネルがあります。
歩道があるかどうか心配でしたが、ばっちり歩道がありました。




IMG_6275.jpg

IMG_6276.jpg

IMG_6277.jpg

IMG_6278.jpg

朝焼けが綺麗な中を歩いていくと展望台がありました。
朝焼けと海があわさってすばらしい景色でした。
これだけでテンションあがってましたね。

で、荷物が重いのは、「ぺヤング」と「調理道具」をもってきているからです。
是非ともソロストーブを伊豆大島で使いたかったのです。
ここの展望台が調理するのにいい場所だったからすぐにでもやりたかったのですが、
もっといい場所があるかも?と思って、先送りにしました。





IMG_6279.jpg

IMG_6280.jpg

しかし天気がいいです。
天気がいいから海も綺麗で最高。





IMG_6281.jpg

IMG_6282.jpg

IMG_6283.jpg

IMG_6284.jpg

泉津(せんづ)というところに来ました。
ここから海岸遊歩道に出れます。
もし大島一周をマジでやるつもりなら、寄り道せずひたすら208号を歩き続けないといけないのですが
岡田港スタートで3/4周になったので、今回は寄り道しまくって伊豆大島を堪能することにしました。

よって遊歩道に突入します。
海を見ながら歩きたいですしね。





IMG_6286.jpg

IMG_6287.jpg

IMG_6290.jpg

遊歩道に出たら海が綺麗な景色が多くてかなり良かったです。
これは正解だったか・・・と思いつつも、
道が登山道みたいに上り下りが多く、荷物の重さがかなりきつくなってきました。





IMG_6291.jpg

IMG_6292.jpg

そうして歩いているうちにベンチを発見。
荷物の重さに耐えれないのと、そろそろ朝飯もいいだろうということで、
ここでぺヤングを作ることにしました。
ちょっと松ノ木の下で足元には大量の松ぼっくりが転がってました。
これはいい燃料をゲット。




IMG_6293.jpg

ヒャッハー!
松ぼっくりは消毒だー!


無駄にテンション高めで火をつけた後に松ぼっくりを投入。
ソロストーブ本来の使い方です。




IMG_6295.jpg

IMG_6297.jpg

IMG_6298.jpg

松ぼっくりはよく燃えます。
家に置いて放置してる間に虫が沸いたり腐るとかが無ければ大量に確保して保管したいくらいです。
実際どうなんだろう?

あまりによく燃えるから調子に乗って燃やしまくりました。
楽しいwwwwww





IMG_6299.jpg

IMG_6300.jpg

そして特大ぺヤング完成。
この1000カロリーはあるすさまじい食い物を
伊豆大島の海を見ながら食べるという所業。
めったに出来ることはではありませんwwwwwww


相変わらずすごい量で途中でげふげふとなったけど、全部平らげました。
これで腹は4~5時間は持つでしょう。




IMG_6302.jpg
ていうか調子にのって燃やしまくったことで
かなり時間を使ってしまいました。
先を急ぎます。




IMG_6303.jpg

IMG_6304.jpg

IMG_6305.jpg

IMG_6306.jpg

IMG_6307.jpg

遊歩道を歩いてましたが、通行止めになっていたので
いったん道路に戻ります。





IMG_6308.jpg

IMG_6309.jpg

IMG_6310.jpg

IMG_6311.jpg

IMG_6312.jpg

IMG_6313.jpg

IMG_6314.jpg

ぺヤングを作るために550mlのペットボトル二つをリュックにいれてましたが、
それがなくなって多少は軽くなりました。
が、遊歩道に戻ると登山道みたいなところを歩いていたので、
それはそれでやはりきつかったです。




IMG_6316.jpg

IMG_6317.jpg

IMG_6318.jpg

木々のトンネルをぬけると、ベンチがまたありました。
松ぼっくりはないけど海がまん前。
ここでぺヤング作ればよかったかも・・・と思ってしまいました。





IMG_6319.jpg

IMG_6320.jpg

IMG_6322.jpg

IMG_6323.jpg

IMG_6324.jpg

IMG_6325.jpg

大島公園の看板が見えてきたので道路に戻ります。
椿資料館などがあり、ここら辺は植物園や動物園があります。
どちらも無料です。




IMG_6326.jpg
そんなわけで大島動物園の見学としゃれ込みました。
朝8時半開場で、ほぼその時間帯にいったから、
客は自分ひとりしかいませんでした。
完全貸切状態。



ここからは動物の写真をひたすら貼ります。
ひとつひとつ説明書いてられないのでw




IMG_6327.jpg

IMG_6328.jpg

IMG_6329.jpg

IMG_6331.jpg

IMG_6330.jpg

IMG_6332.jpg

IMG_6333.jpg

IMG_6334.jpg

IMG_6335.jpg

IMG_6336_201612120931172e2.jpg

IMG_6337.jpg

IMG_6338.jpg

IMG_6339.jpg

IMG_6340.jpg

IMG_6342.jpg

IMG_6346.jpg

IMG_6347.jpg

IMG_6348.jpg

IMG_6349.jpg

IMG_6350.jpg



という感じでした。
40分くらいいたように思えます。
そんなに大きな動物園ではありませんが、無料で見れるというのはありがたいですね。




IMG_6351.jpg

IMG_6352.jpg

こうして大島公園を後にしました。
ここからは島の南東にある「波浮(はぶ)」までひたすら歩くことになります。



ここまで書いておいてまだ島の1/4しか歩いてません。
どんだけ盛りだくさんなんだよ・・・というくらい今回の旅はボリュームがあります。

次回へ続く。




COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6105-2e2093fb
トラックバック