RECENT ENTRY
6079:Man vs Road(人間 対 道路) 三国街道で越後湯沢までサバイバル(前編)
2016.11.12
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 三国街道で越後湯沢までサバイバル(前編)
こんにちわ、ルナ・グリルスです。
いつも徒歩の旅の日記を書いてますが、ちょっと徒歩の旅自体を続けることが難しくなってきました。

11/12の通常の日記に書きましたが、仕事で体を完全にぶっ壊して
休職する方向で話が進んでいます。
そんな状況だから徒歩の旅をすること自体が困難になっていたのは事実です。
今回の話は11/4にやったときの話だけど、前日の11/3が祝日だから
その日を寝まくって何とか体を休めてからの出発といった具合で、
およそまともな状態ではなかったという。


だから、もしかしたら今回をキリにしばらくは徒歩の旅を休むかもしれないけど、
自分にとってはストレス解消するための最高の手段だから
当然諦めたくないです。
ただ、休職するとなると収入も減るから今までみたいに旅なんかできないし、
そもそも全国あちこちに行って旅するにも難しいかもしれないという・・・。


この話はここまでにして、旅日記を書く体力もないから
一泊二日の旅なのに前編・後編に分けて書きます。




IMG_5971.jpg

おはようございます。ルナ・グリルスです。
11/4、旅に出るためにスタート地点に移動中のことでした。
上越線の後閑(ごかん)駅に行きたかったのですが、
なんと高崎線が始発から運転見合わせのトラブル発生。


高崎線が停電・システム障害で不通 各駅大混雑 14:58復旧し運転開始 11/4
http://pikarinnews.net/takasakiline


このときは大宮駅にいたのですが、
鈍行がダメなら新幹線を使うしかねえ・・・ってことで、窓口にいってあーだこーだやった結果、
新幹線で振替輸送をやるということで特急料金が免除となりました。
これで、予定の時間よりも早くスタート地点にいけるしで、逆にラッキーだったのかも・・・とすら思えることに。





IMG_5973.jpg

というわけで、後閑駅に到着。予定の30分早かったという。
さて今回ですが、国道17号を使って越後湯沢まで歩いていきます。
通常ですと、上越線を使って山の中をトンネルをぬけていきます。
このあたりだとあの「谷川岳」がありますね。
だから、徒歩や車で行くには山の周りをぬけていく必要があるわけです。

後閑駅から17号にでて越後湯沢まで歩くとなると、
距離は約50キロほど。


ちなみになぜ越後湯沢かというと、
同じ現場で働いている、日本にある中国人技術者の会社が
去年越後湯沢に社員旅行にいったという話を聞いたからでしたw




IMG_5974.jpg
つうわけで、8時10分出発。






20161104_越後湯沢a
今回は地図をこまめに貼っていきます。
まず一枚目。
赤谷湖を目指すまで。




IMG_5975_20161112142936c53.jpg

IMG_5976_20161112142937b6e.jpg

IMG_5977.jpg

IMG_5978.jpg

IMG_5979.jpg

後閑駅西口から上越新幹線の線路がある鉄橋までの写真。
11/4は平日なので、この辺りに学校があるのか、高校生の皆様の登校に混じって歩いてましたw
社会人は有休があるけど学生にはないから、ここは自由がないよなと思った。




IMG_5981.jpg

IMG_5982.jpg

IMG_5983.jpg

IMG_5984.jpg

IMG_5985.jpg

17号と合流してしばらく歩いて一時間経過。
どの辺を歩いているのか現在地を見失っていたのですが、
面白い看板がありました。





IMG_5986.jpg

なんや、この看板わwwwwwww

「恐怖の洞窟」とはなんぞ?
しかもうさぎと遊ぼうとかプラムとか恐怖と正反対そうな要素もあって
なかなかカオスですね。

ちょっと調べてみました。



これはヤバい!史上最狂のお化け屋敷『恐怖の洞窟』がカオス過ぎるw
http://matome.naver.jp/odai/2140491951451587501

群馬県利根郡みなかみ町に史上最狂との呼び声高いお化け屋敷があるらしい…。



ほんと地方を旅していると、こういう思いもよらぬのがあって楽しいですね。






IMG_5987.jpg

IMG_5988.jpg

IMG_5989.jpg

IMG_5990.jpg

貴重なコンビニを発見。
後閑駅前にひとつあったけど、そこからここまで何もありませんでした。
おにぎりをひとつ買って食べておきました。





IMG_5991.jpg
地方を歩くときはやはり自然が綺麗なのが楽しみのひとつです。
こことか今回の旅ではかなり綺麗なスポットだったと思います。






IMG_5995.jpg

IMG_5996.jpg

IMG_5997.jpg

IMG_5998.jpg

IMG_5999.jpg

IMG_6001.jpg
赤谷湖に近づくにつれて歩道がなくなっていきます。
まだ白線がひかれているだけましってもんです。
赤谷湖手前で徒歩2時間経過。





IMG_6002.jpg

IMG_6003.jpg

IMG_6004.jpg

IMG_6005.jpg

猿ヶ京(さるがきょう)温泉のある赤谷湖にやってきました。
そんな大きな湖ではないようですが、やはり綺麗なものは綺麗です。

猿ヶ京温泉ポータルサイト
http://www.sarugakyo.biz/look/pg136.html





IMG_6007.jpg

IMG_6008.jpg

IMG_6009.jpg

IMG_6010.jpg

IMG_6011.jpg

赤谷湖の景色を楽しんで先に進みます。
ここからが大変なことになっていきます。




20161104_越後湯沢b

地図二枚目。
通称、「三国峠」を越えて歩道のないトンネルをぬけて
新潟県入りするまでです。
今回の話はそこまでになります。






IMG_6012.jpg

IMG_6013.jpg

IMG_6014.jpg


赤谷湖を通過しましたが、ここまで書いてなかったけど、
ほぼずっと緩やかな上り坂が続いています。
赤谷湖に到着する前からずっと登り坂です。
もっというと国道17号と合流したあたりかも?

登山と違って膝を思い切り曲げて登るような坂ではないのですが
時速6キロ歩きで登り坂を歩いていくのはかなりハードです。
しかも今の自分は休職寸前の弱った身体だし。




IMG_6015.jpg

そして、写真に撮るの忘れたけど、
ここに来る前に、「この先カーブが55箇所あるよ」的な看板がありました。
この国道17号自体が「三国街道」と呼ばれてますが、
ここから先が「三国峠」となり、峠越えとなります。


思えば今年は峠越えばかりやってたような・・・。

・山形キャンプ旅では75リットルのリュックを担いで笹谷峠を越えました。
・東北200キロの旅で十和田に行く前に2~3の峠を越えました。

今回は短いとはいえ三国峠を歩いていきます。




IMG_6017.jpg

IMG_6018.jpg

IMG_6019.jpg

IMG_6020.jpg

IMG_6021.jpg

ひたすら三国峠を登っていきます。
登坂車線が終わってやっと登り坂が終わった・・・と思ったら、

「登坂車線終わり(ただし登り坂が終わったとは言ってない)」


と言わんばかりにその先にきっつい登り坂があって笑いましたwww
まじかよ、ここ。




IMG_6022.jpg

IMG_6023.jpg

IMG_6024.jpg

IMG_6025.jpg

55箇所のカーブも半分が終わってますが、まだまだ半分もあります。
その間、登り坂も続きます。

実はこの辺りから左ひざが痛くなってきました。
間接というよりは筋を痛めてしまったようです。

そもそも徒歩の旅で時速6キロ歩きをやるのはかなり久しぶりでした。
一ヶ月は越えていて、前回は8月下旬の東北200キロ徒歩の旅だと思います。
あれから今回まで、キャンプ旅と登山をやりましたが、それぞれ歩き方が違います。
一番足の回転率が多いのは時速6キロ歩きなので、要は足が鈍ってました。
これしきのことで足を痛める時点で足が弱っていたということになります。
東北のときはもっと過酷だったわけだし。

これも、仕事のせいで体を壊して、旅にでる回数が減ったせいですね。。。




IMG_6026.jpg
そして標高900メートルまできました。
元々が標高いくつかわからないけど、結構高いですね。
しかもまだ登り坂は続きます。




IMG_6027.jpg

IMG_6028.jpg

IMG_6029.jpg

IMG_6030.jpg

IMG_6031.jpg

後閑を出発して徒歩4時間経過。
その中で登り坂は3時間くらいかも。。。
とりあえず「三国大橋」というのが見えてきました。
これが見えたら、いよいよ最後の関門が待ち構えています。




IMG_6033.jpg

IMG_6034.jpg

IMG_6035.jpg


きたー!
今回の旅での難所の一つ目、三国トンネルです。

何が難所かって、長いトンネルなのに歩道がないためです。


歩道のないトンネルは千葉の房総半島の南の方を歩いたときとか
二年前だと、長野県松本駅から岐阜県の高山を目指したときに
梓湖というのがあって、そこらのトンネルが歩道なしで死に掛けたことがありましたね。


だから、正直歩きたくないのですが、わき道がないのでいくしかありません。




IMG_6036.jpg

中はこんな感じ。
人一人が歩けるような白線が引かれてません。
ガチで歩道なし。
トンネルの長さは約1700m。
最速でも17分かかります。まあ、無理ですね。20分はかかるでしょう。

で、どうやって歩いたかというと、よく見ると、左側の壁のところが
ところどころ凹ってへこんでるところがあります。
そこに人一人分が入れる隙間があるので、
後ろから車が来たら早目にそこに逃げてやり過ごすという方法をとりました。

幸いだったのが、この三国街道は交通量がそんな多くなかったことですね。
だから、ひっきりなしに車が走ってたらまじで迷惑覚悟で歩き続けるしかなかったけど、
車が少ないので、いないときはできるだけ早く移動して、
トンネルの反響音で車が来たとわかったら、後ろを確認して
凹に逃げてやり過ごすというやり方でした。

このときに走ろうとしたら膝が痛くてうまく走れないのがつらかったですね。





IMG_6037.jpg
なお、県境がこのトンネルの中にあり、
この中で新潟県入りを果たしましたw

こんな写真を撮ったのは自分だけかもしれません。

普通は絶対歩かないだろ、こんなところ・・・。




IMG_6038.jpg

そしてトンネルを突破。
すごい大変でした。
リュックがトンネルの壁の汚れで真っ黒になってたよ・・・。

とりあえずこれで新潟県入りして湯沢町に入りました。


ここで前編終了です。
日記を書いてるだけで疲れるので、ここまでにして体を休めます。

COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6079-7db31301
トラックバック