RECENT ENTRY

→2017.07.22(Sat) 11:21:47 Man vs Road(人間 対 道路) 甲賀市・東海道でサバイバル(前編)

→2017.07.21(Fri) 06:18:24 うーん・・・マンダム!

→2017.07.19(Wed) 05:40:41 犯罪確定?

→2017.07.17(Mon) 15:53:20 亀飼育231週間

→2017.07.17(Mon) 09:51:07 惨敗な旅でした

6067:金が絡まなきゃ衰退するのは当たり前
2016.10.31
日記


comment(0)
trackback(0)
金が絡まなきゃ衰退するのは当たり前
体調悪くて土日寝ていて、日記も書いてませんでした。
多分これからもそうなると思う。


本題。
一昔に比べれば大分変わったと思うけど、やっぱ日本はダメだなあと思った話。



日本におけるeSports文化の障害、最大賞金額10万円までの制約
https://damonge.com/p=19249

日本のeSportsシーンの衰退に繋がる事例が起き始めている。

スクウェア・エニックスは10月27日、『ガンスリンガー ストラトス3』の賞金制公式大会における賞金の総額はそのままに、配分比率を大きく変更すると発表している。

2013年に開催された第1回「GUNSLINGER’S BATTLE ARENA -Birth-」以来、過去4回に渡って大会の成績優秀者となった方々へ賞金提供を行ってまいりましたが、これまで同様の金額による賞金提供は見送らせていただきます。

過去4回の開催では1位チームに賞金500万円としていたが、今回からは最高賞金額が10万円まで引き下げられる。その代わりに賞金対象チームがベスト16からベスト64まで大幅に拡大されることとなる。

その理由として同社は「継続により大会開催自体に影響を及ぼす可能性」を伴う諸般の事情と説明している。



賞金500万が10万に引き下げって、引き下げすぎなんですが、
これは日本の法律による悪影響です。



消費者庁が9月頃に明示した賞金制大会における景表法の適用条件に関する法令判断が影響していると解説している。

解説では今回のスクウェア・エニックスのようにゲームメーカー自身が賞金を拠出する大会では、ゲームソフトの購買を前提として熟達のために繰り返しゲームプレイが必要な場合、「元商品の20倍の金額もしくは10万円」が賞金の上限とする消費者庁の見解が紹介されている。

熟達のためにゲームソフトの購買を前提としないF2Pゲームについては、賞金上限は無制限となるとのこと。



これのせいらしい。
海外だと億単位の賞金がでるゲームの大会とかあるのに
日本じゃ10万円が上限とかじゃ、プロゲーマーになっても喰っていけねえ。
実際、海外の大会に出向いて稼いでいるようだし。


ゲームだから・・・・というよりは日本の法律がギャンブル禁止な側面があるゆえに厳しいせいでしょうね。

自分がガキだった頃は「ゲームは悪」みたいな風潮で
そこからすれば「e-sports」なんて分野になるくらい発達したなあと思うけど、
それを国が法律で狭めているというのが皮肉というかガラパゴスよな~~と思うわけですね。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6067-bf9c651c
トラックバック