RECENT ENTRY

→2017.10.24(Tue) 07:10:27 野党が酷すぎるってどういうことなんだよ!

→2017.10.23(Mon) 06:47:40 希望大爆死

→2017.10.22(Sun) 16:14:49 亀飼育245週間

→2017.10.21(Sat) 10:00:04 期日前投票

→2017.10.19(Thu) 06:14:59 シルバー民主主義

6046:Man vs Road(人間 対 道路) 大井川鉄道でサバイバル(前編)
2016.10.09
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 大井川鉄道でサバイバル(前編)
IMG_5777.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
10/7、小田原駅の東海道新幹線乗り場にいます。

10/8から三連休なのですが、10/7の金曜に有休をとってキャンプ旅にでることにしました。
今回は静岡県の金谷駅から出発している「大井川鉄道」沿いに歩きます。
大井川鉄道というと、SLが走っていることで有名なローカル線です。
SLに乗る手配はしてないので見れたらいいなーぐらいの気持ちです。

新幹線を使っているのはスタート地点の金谷駅が遠くて、
9時前には出発したいからです。
そこから大体6時間歩いて15時にはキャンプ場に着きたいためですね。
今回はキャンプ一泊して大井川鉄道の奥にある「奥大井湖上駅」という
湖の上にあるという駅までいくのが目的です。

ただ、天気に恵まれなくて、金曜は晴れるのですが
土曜日はうってかわって雨、しかも豪雨な天気予報となってしまいました。
だから、正直たどりつけるかわかりませんし、他の日にしようかとも思いましたが、
今やってる仕事がクソを極めすぎていて心身ともに死にそうだから発散したかったのです・・・。





IMG_5779.jpg

IMG_5780.jpg

IMG_5781.jpg

小田原から新幹線自由席に乗って、熱海⇒三島⇒富士⇒静岡と移動し、
静岡から各駅停車に乗り換えて8駅目が金谷です。

例によって75リットルのリュックを担いでいきますが、
今回、登山用ストックを2本用意しました。
山形キャンプ旅でストック&ビニール傘の二刀流で歩いていたけど、
これが歩行の助けてなったのをよくしてです。

リュックは相変わらず重いのですが、さすがに今回が3回目のキャンプ旅なので
体が重さにもなれ、足も初回一回目では疲れて歩けなくなりましたが、
今回は明らかにその時よりも歩けるようになってます。

8:48に金谷駅を出発しました。




20161007.jpg
一日目の地図です。
大井川をはさんで西のルートと東のルートがあります。
西のルートは473号を使っていくのですが、なんとなくこっちを選びました。
コンビニが途中にありそうかなーぐらいの認識だったのですが、
全然途中になかったどころか、多分西のルートの方が大変だったかもしれません。。。





IMG_5783.jpg

IMG_5785.jpg

IMG_5788.jpg

金谷駅を北上し、新東名高速道路をこえて山に入っていきます。





IMG_5790.jpg

IMG_5795.jpg

IMG_5793.jpg

473号はどちらかというと峠道で、山形キャンプ旅に続いて
また峠越えをやるようなことになりました。
つくづく75リットルのキャンプ旅は峠道が多い。
また、道の至るところに「茶畑」がありましたね。
さすが静岡県です。畑イコール茶畑ってくらい他の畑がありませんでした。



IMG_5796.jpg

IMG_5797.jpg

途中にあった「龍門の滝」。
龍門というと「大和龍門」をすぐさま思い出しました。



line_stamp_00566.jpg
「ホームラン級のバカ」という名言を生み出した、ガチンコという番組にでていた人ですね。
もう相当古い話です。これをリアルで見てたよ俺は。



それはおいといて龍門の滝について。
天然記念物だそうです。
http://takinoinryoku.com/photo_album/22_1shizuoka/22_012/22_012.html





IMG_5798.jpg
峠道ってことで登り坂をがんばって登ってましたが、
そうすると当然高い場所にいるので、こうやってたまに外の風景が楽しめます。
大井川をはさんだ向こう側の町の景色とか綺麗でしたね。




IMG_5801.jpg

IMG_5802.jpg
途中にあった神尾駅への道。
ここで徒歩開始二時間だったのですが、
今回結構早めに歩いていたつもりだったけど、地図にすると全然歩いてなくショックでしたね。
東北200キロ徒歩の旅はずっと時速6キロペースだったけど、
あれには全然及びません。
時速5.3~5.5kmぐらいじゃないかな。
やはりリュックが重くて早歩きできてないようでした。
それでも大分歩けるようにはなったんですけどね。





IMG_5806.jpg

IMG_5807.jpg

IMG_5810.jpg

IMG_5812.jpg

IMG_5814.jpg

いったんふもとまで降りてきて、大井川鉄道の線路をまたがった後、
また峠道に逆戻り。





IMG_5816.jpg

IMG_5819.jpg

IMG_5820.jpg

途中で見つけた「了玄の碑」という墓? 地蔵?
調べてもよくわかりませんでした。





IMG_5821.jpg

IMG_5822.jpg

IMG_5823.jpg

桜トンネルというのがありました。
春だったら桜でトンネルになってるかもしれないけど、
今はただの枯れ木のトンネルよな~~~!ヒャ~ハハハ~~~!



とかツッコミいれてたよwww




IMG_5824.jpg
桜トンネルの先にコンビニ発見。
ここで今回のキャンプ旅で使うための食材を探します。

一応カレーを作ろうと思っててカレーのルウと米だけはもってきていて
具については現地調達する予定でした。

ここではソーセージとテントの中で飲むためのウイスキーの角瓶の小さいのを買いました。





IMG_5827.jpg

IMG_5828.jpg

IMG_5829.jpg

IMG_5830.jpg

家山駅をこえ、橋で大井川を渡り、大井川の東側のルートに移動します。
ここからは県道77号を使っていきます。
徒歩4時間が経過しました。




IMG_5831.jpg

IMG_5833.jpg

IMG_5834.jpg

IMG_5836.jpg

橋を渡った先にはコンビニがもうひとつあったけど、
カレーの具材になりそうなものはないだろうってことでスルー。
ここから20分歩いたときで川根温泉駅に到着しました。
ここには道の駅川根温泉があり、地元の野菜が売っていることを事前に調べてます。
ここで具材をかうつもりだったので早速行ってみた結果・・・





IMG_5837.jpg

しいたけと茄子をゲット。
じゃがいもが欲しかったけど売ってなかった。
ただ、しいたけがでかい!しかも量が多い。
これで200円ちょっとでしたね。
地元のスーパーだともっと高くなるだろうから、これは明らかにお買い得でした。
量が多すぎてクッカーに入りきるか心配だけど・・・。


あとは自販機で水をがぶ飲みして水分補給して出発。





IMG_5839.jpg

IMG_5840.jpg

IMG_5843.jpg

IMG_5844.jpg

川根温泉を出発して15分くらいが経った後・・・
なんと急激に腹が痛くなりました。完全に下痢による腹痛。
これはやばい・・・ガチでこのままだと漏れるという緊急事態に突入。
あの時にがぶ飲みした水で腹を下したっぽいです。

しかし戻る道はなく先に進んでトイレがあることを祈るのみ。。。

先を急ぎつつ二つのトンネルを越えました。





IMG_5846.jpg

トンネルをこえたら川根町に入ったのですが、
そこにある地図の看板で現在地を確認。
キャンプ場までまだまだ先じゃねーか!
のぐっちまおうか迷いましたが、まだ我慢して先へ。



IMG_5847.jpg

腹が痛くても景色がよければ写真を撮るのを忘れないスタイル。





IMG_5849.jpg

IMG_5850.jpg

地名(じな)駅と塩郷(しおごう)駅と二つ駅をこえて、
塩郷ダムに来ました。
このダムのところに大井川を渡れる橋があり、西側に移動します。
そしたら南下したらキャンプ場があります。




IMG_5852.jpg
キャンプ場到着。
受付済ますよりも先にトイレを見つけてダッシュ。
九死に一生をえました・・・。
一時間くらい我慢してたような・・・。





IMG_5853.jpg

IMG_5854.jpg

トイレ後に受付を済ませました。
料金は1100円。予約が必要なところで「歩きでいく」というのを伝えたら
安くしてくれました。
本当はオートキャンプ場なので、車代が取られます。
歩きで来るのは相変わらず自分だけです。

時間は大体6時間ってところ。
さすがにトイレに入る前に時間を撮るまで心の余裕はなかったぜw




(というところで、続きは明日かきます)
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6046-70003bca
トラックバック