RECENT ENTRY

→2017.09.20(Wed) 06:19:31 けがなかったの?

→2017.09.19(Tue) 07:29:29 ちょっと待て、そのファーストは元民進

→2017.09.19(Tue) 06:36:11 「このハゲー!」と出てきたら支持したw

→2017.09.18(Mon) 06:12:16 「解散総選挙だ!安部を追いこめ!」⇒「自己保身解散だ」

→2017.09.17(Sun) 16:29:15 亀飼育240週間

6041:セルフスターター
2016.10.03
日記


comment(0)
trackback(0)
セルフスターター
今週金曜日に有休とって久々のキャンプ旅にでることにしました。
前々から計画していた大井川鉄道キャンプ旅。
これを楽しみに今日からのクソ仕事を四日耐える。



社員教育への投資脆弱 16年版労働経済白書
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC30H06_Q6A930C1EAF000/

厚生労働省は30日の閣議に2016年版の労働経済の分析(労働経済白書)を報告した。教育訓練など企業の社員への投資が欧米諸国と比べて少ないことが、生産性低迷の要因になっていると指摘。少子高齢化による労働人口の減少を踏まえ、投資の増加が今後の課題になるとした。

 白書によると、教育訓練など人的資本への企業の支出の増加率は、2006年から10年にかけて米国、ドイツ、英国がプラスなのに対して、日本は10%超のマイナスとなっている。01年から05年にかけても大幅なマイナスとなっており、不況期を通じて企業が社員教育にかける費用を減らしてきたことがうかがえる。

 効率的な労務、工程管理の実現に役立つソフトウエア開発など情報関連分野への投資も弱い。06年から10年までのソフトウエア分野への企業の投資額の増加率は、日本が約2%なのに対して、米英独はその約2~3倍に達する。



ざっくりいうと、日本は欧米に比べて社員教育にはお金かけてないよって話。


まあ、金かけてないなあと思う。
自分なんかのIT業界だと自社での教育なんて入社して最初の三ヶ月だけじゃないかな。
以後は現場にいってそこで自分で学べが主かと。

結果、自分でがんばって覚える「セルフスターター」ができあがる。
自分も若い頃はその能力が高いほうだったけど、
年取って仕事が嫌になっている今は、全然覚える気がないからダメになってしまいましたね。

そもそも仕事やる気ないもの。。。


セルフスターターは「仕事ができる奴」と思われることがあるけど、
実はよくないことです。

ていうのは、自分でがんばって覚えた能力だから、
・会社に育ててもらった恩が無い。
・会社のために尽くす忠誠心も理由も無い。
・会社のためにフィードバックしない。


と、こうなります。
そらそうよ、って感じ。

自社の人間を外にだしている会社ほどそうなるんじゃないかと思う。
帰属意識なんざ無し。つうか会社に戻る意味がないし。


ていうか、セルフスターターの努力をどっちかというと会社は評価しない傾向かな。
「できて当たり前」とか思ってそうよな。

そうやって、社員と会社で隔たりができていくんだよなあ・・・と、個人的にそう思うし、そうなった。

俺らの仕事はそういう、
社員教育をしないで場当たり的な連中だけ寄せ集めて進められています。
完全に個人の能力に左右される現場なのな。
だから、中では天才とも言えるすげえ人を何度も見たことある。

逆に、教育の上手い人は見たことがない。
そりゃ個人の力で成長してきた人ばかりだもの、他人への協力は薄いですね。


まあ、結果、技術が継承されず、仕事できない人間が増え
仕事できる人間は業界に見切りつけて辞めていく。
そんな状況だと思います。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6041-e94ac53c
トラックバック