RECENT ENTRY

→2017.07.19(Wed) 05:40:41 犯罪確定?

→2017.07.17(Mon) 15:53:20 亀飼育231週間

→2017.07.17(Mon) 09:51:07 惨敗な旅でした

→2017.07.14(Fri) 21:17:49 灼熱の徒歩60キロ

→2017.07.13(Thu) 06:36:44 偽造完了?

6022:その場凌ぎの言葉で敵を作っていくスタイル
2016.09.14
日記


comment(0)
trackback(0)
その場凌ぎの言葉で敵を作っていくスタイル
残業で23時半過ぎに帰宅したら、予想通りからだがついていけなくなってて
今日は午前半休。
これ書いて飯食べたら寝る。



「二重国籍」疑惑 蓮舫代表代行「説明足りないなら、しっかりする」、疑惑を重ねて否定 「一つの中国」論にも言及
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000527-san-pol

蓮舫氏は「日本の国籍を取得し、3度の国政選挙で選ばれて、わが国のために働いている。日本の法律のもとで、二重国籍疑惑そのものがないことは明確にさせていただきたい」と強調した。

 また日本が台湾を国家として承認していない現状を踏まえ、「『一つの中国』論で言ったときに、二重国籍と(いう言葉を)メディアの方が使われることにびっくりしている」とも述べた。


これは日曜日の記事ですが、赤で強調したところに注目。
この発言をした結果、





父親の“祖国”から「冷酷すぎる女」と非難された蓮舫氏
http://www.sankei.com/world/news/160913/wor1609130038-n1.html

(中略)
一方、与党、民主進歩党の管碧玲立法委員(国会議員)は12日、フェイスブックで、蓮舫氏が11日の記者会見で「一つの中国」原則に基づき「台湾は国家ではない」と発言したと主張した上で、「冷酷すぎる女だ」と批判した。聯合報(電子版)が13日朝、報じた。

 管氏は13日午後現在、「誤解の可能性がある」として書き込みを削除しているが、情報は拡散。野党、中国国民党の寥国棟立法委員が13日の立法院(国会)の本会議で、「政府は抗議すべきだ」と問いただすなど、蓮舫氏の発言への関心の高さを示した。



レンホーの台湾は国じゃない発言を受けて台湾人激怒www
相変わらずその場凌ぎの言葉で敵を作っていくスタイルwwwww




しかも、「二重国籍疑惑そのものがないことは明確にさせていただきたい」といってたけど、
「週刊現代、1993年2月6日号対談記事より。
 25歳になった蓮舫は、自身が二重国籍だと明言。 」

という当時の記事の写真がネット上で拡散。

パヨク特有の嘘に嘘を重ねた結果、過去の自分からブーメランを喰らうという
いつものお家芸に発展していきましたとさ。



とりあえず台湾との外交問題までに発展しそうな奴を
野党の党首にそえるってのはダメなんじゃないの?

COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/6022-a4e6198a
トラックバック