RECENT ENTRY

→2017.07.19(Wed) 05:40:41 犯罪確定?

→2017.07.17(Mon) 15:53:20 亀飼育231週間

→2017.07.17(Mon) 09:51:07 惨敗な旅でした

→2017.07.14(Fri) 21:17:49 灼熱の徒歩60キロ

→2017.07.13(Thu) 06:36:44 偽造完了?

5967:Man vs Road(人間 対 道路) 仙台⇒山形キャンプ旅でサバイバル(中編)
2016.07.24
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 仙台⇒山形キャンプ旅でサバイバル(中編)
IMG_4750.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
山形キャンプ旅二日目。
朝4時半におきて撤収準備を開始しています。

今日はいよいよ山形県入りを目指すのですが、
その前には大きな関門ともいえる「笹谷峠」が待ち構えています。
75リットルのクソ重いリュックを背負って歩いて峠越えをしなくてはならないので、
それはもう時間がかかるだろうと思いました。

山形駅まで距離にして38kmはあるのですが、最大10時間を見積もっています。
だから、16時くらいに着きたければ6時には出発したいです。


が、ここで問題勃発。
このキャンプ場の入場ゲートが開くのが7時からとのこと・・・。
ぐむー。
とりあえず7時前にはゲートに行こうってことで速めに行動を起こしました。




IMG_4751.jpg

IMG_4752.jpg

テントをしまって足のケアをします。
昨日できた水ぶくれ部分にテープを巻いておきます。
小指が痛いのはもうしょうがないので、痛いのを我慢して歩きます。
間接が痛いよりは耐えれる痛みです。

また、空のペットボトルにキャンプ場で水を詰めてもっていきます。
笹谷峠は当然水の補給はできませんので。
いくつもっていくか悩んだけど、3つにしました。



天気は晴れですが、これもいつ崩れるかわからんですね。




IMG_4753.jpg

IMG_4754.jpg

チェックアウトしようと管理事務所へ歩いてた途中に
その管理人のおじさんが自転車で見回りをしていて
7時にならないと出られないことをいってたけど、ゲートまで遠いから
速めに歩いていくことを告げたら、気を利かせてくれて7時前にゲートをあけてくれました。
これは感謝。




IMG_4755.jpg
7時前の6:38に出発することができました。





20160724a.jpg
今回の地図です。
かなり大きいのでクリックして拡大地図を見てください。
真ん中ら辺にうねうねしまくったところがあり、そこが笹谷峠です。




20160724b.jpg
笹谷峠の拡大部分。
グーグルの地図が示すにはいくつか近道があるのですが、
どうしても事前調査ではわからない近道がありました。
現地にいってどうなのかを見てみます。




IMG_4756.jpg

IMG_4757.jpg

IMG_4758.jpg

IMG_4759.jpg

IMG_4760.jpg

IMG_4761.jpg

IMG_4762.jpg

国道286号に合流すると、途中でコンビニが二つ、三つあります。
サンクスのあるところが「最終コンビニ」です。
ここから山形駅周辺に行くまでにコンビニはありません。。。

トイレに行きたくなったら野グソ確定になります。




IMG_4763.jpg

IMG_4764.jpg

IMG_4765.jpg

IMG_4766.jpg

IMG_4767.jpg

IMG_4768.jpg

IMG_4769.jpg
蔵王エコーラインへつながる道を通りすぎ、「小銀沢山」という看板のあるところで
徒歩二時間が経過。
じわじわと上り坂になってきています。





IMG_4770.jpg

IMG_4771.jpg

IMG_4772.jpg

IMG_4773.jpg

IMG_4774.jpg

IMG_4775.jpg

るるぼ川崎オートキャンプ場と、
蔵王セントメリースキー場のところで徒歩3時間が経過。
ここまで登り坂ばかりでした。
足が疲れないようにわりかしゆっくり歩いてました。
いよいよ、笹谷峠に近づいてきています。




IMG_4778.jpg

IMG_4779.jpg

IMG_4780.jpg

IMG_4781.jpg

笹谷インターチェンジを越えて、ついに笹谷峠の入り口に到着しました。
ここからうねうねした登り坂が待ち構えています。
いざ行ってやるぜ!





IMG_4782.jpg

IMG_4783.jpg

笹谷峠に入るとすぐ左手に遊歩道の入り口が見えます。
ここを使うと峠の一番上まで行くことができるようですが、
道が悪そうなのでさすがにパスしました。
普通に車道を歩いて登っていきます。





20160716_笹谷峠b
実際に自分が作った笹谷峠の地図を見ながら歩いていきました。
山形自動車道と重なっているところは当然その上を歩いていて、実際に自動車道を目にすることはありません。




IMG_4784.jpg

IMG_4785.jpg

IMG_4786.jpg

このようにUターンするカーブとかS字とかのうねうねとかした坂をのぼっていきます。
といっても急坂ではないから、ゆっくり着実に登っていけばいいだけです。
登山に比べれば全然楽です。リュックが重くなければ・・・。

このとき、片手には登山ストック、片手にはビニール傘の二刀流で登ってましたが、
これがかなり良かったですね。
両手にストックを持ってあるくノルディックウォーキングっぽくやってましたが、
キャンプ旅に限ってはアリだと思いました。
まじめにノルディック用のストックを買おうかしら・・・。





IMG_4789.jpg

IMG_4788.jpg

途中、仙人沢という登山道入り口を見つけました。
この笹谷峠は割りと登山道がたくさんあるので、登山目的で来るのはありだと思います。
その場合、車は必須ですが。
自分みたいに徒歩で登山道まで歩くのはほぼ不可能かと。




20160716_笹谷峠c
笹谷峠最大の謎の部分にきました。
グーグルマップだとこのように、車道を外れたところを通る近道があるようなルートになっています。
しかし、事前にグーグルストリートビューでここらを調べてたのですが、
どこを見ても入り口らしきものが存在しないのですね。

おそらく隠れた登山道になっているんだろうと思ったけど、果たしてどうなのか。
ここが通れないと車道をぐるっと遠回りしないといけなくて、時間がかかってしまいます。





IMG_4790.jpg

IMG_4791.jpg

そして問題の現地ですが・・・。


どこにも近道はありませんでしたあああああああああ!


なんかもう道じゃないだろうところを無理矢理入ってみたんですが、
もしかしてこれか?みたいな道に見えなくもないのはあったのですが、
こんなところ通れるわけねえだろ・・・と思ったので退散。





IMG_4792.jpg

というわけで、遠回り確定です。
うねうねした道を歩いていきました。


そして笹谷峠の頂上に到着。
このとき、写真を撮り忘れてしまいました・・・。
なんてこった・・・。






IMG_4793.jpg
頂上についてちょっと先にいくと、山形県入りの看板を発見しました。


これで21番目の都道府県入りを達成しました。

東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
山梨県
群馬県
栃木県
静岡県
長野県←2013
新潟県←2013/8
富山県←2014/5
石川県←2014/5
福島県←2014/7
宮城県←2014/7
愛知県←2015/5/3
岐阜県←2015/7/18
岩手県←2015/8/25
三重県←2015/12/28
福井県←2016/5/1
山形県←2016/7/16



東北地方は残すところ、青森と秋田になりましたね。



さて山形県入りしたのはいいのですが、
ここから先も問題があります。





20160716_笹谷峠d

ここから先も近道を通っていくルートになっています。
ていうか、笹谷峠は山形から入ったほうが道がうねうねしまくってて大変かもしれません。
宮城から入るほうが楽だったかも。

ここで近道を通らないとさらなる時間のロスになります。
さてどうなるか・・・。
登山サイトで調べたら、頂上付近から入れるようにもとれたのですが
それはどこにもありませんでした。
このときは諦めて車道を降りていくか・・・と思ったのですが、





IMG_4794.jpg

IMG_4795.jpg

なにやらピンク色のテープを発見。
これは登山をやっている人ならよく見るものですね。
正しい登山道がここにあるよ、の目印。

もしかして、そこから降りていくのか?
心配になったけど、意を決して突入。





IMG_4796.jpg
フキノソウって言うんだっけ?
でっかい草が生えまくって、掻き分けないと先に進めないような、
足場も泥や雨跡で滑る、よくわからん道を下っていきました。





IMG_4797.jpg
そしたら車道にでました。
その先にはガードレールにピンクの目印が。

これがグーグル先生の言う近道か・・・。
理解しました。


これを使っていけば早く降りていける。
事前に調べた地図だと、5回車道に出ます。
今が一回目。あと四つの近道があるはず。





IMG_4798.jpg

IMG_4799.jpg

IMG_4800.jpg

IMG_4802.jpg

IMG_4803.jpg

おかしいな・・・?
俺はさっきまで峠越えをしてたはずなんだが、気づいたらジャングルにいたぜ!

みたいな展開になったけど、無事5個の近道を下りきりました。



ここでキャンプ場を出て6時間が経過してました。
あと3時間くらいで山形駅に着けるだろうか。




20160716_笹谷峠e
笹谷峠のラストです。
このうねうねした道を一気に下っていきます。





IMG_4804.jpg

IMG_4805.jpg

足が怪我してなければ駆け下りていたところですが、
あいにくと小指が痛いので下りがきつかったです。
下りだと靴の中で足が前にでてしまって
小指が圧迫されやすいからですね。





IMG_4806.jpg

IMG_4807.jpg

IMG_4808.jpg

高速道路が見えてきて、
ついに笹谷峠を突破することに成功しました!


このとき、

ヒャーハッハッハ~~~!


と笑いが止まりませんでしたね。
すげえ苦労して突破したことによる喜びです。
歓喜ってやつですわ。



んで、さすがに疲れました。
グーグルの地図はたまに無茶な道を要求してくるけど、
今回は完全にだまされましたね・・・。
でも下り時の近道があんな感じだったから、実は本当にあったのかもしれない・・・と思えたわ。





IMG_4809.jpg
山形駅まで9キロ。
足が無事でリュックが重くなければ1.5時間くらいでたどり着けそうですが、
いまだと2時間かかりますね。

16時前につけるだろうか、といった感じ。





IMG_4810.jpg

IMG_4811.jpg

IMG_4812.jpg

IMG_4813.jpg


ヒャッハー!水だ~~~~!





キャンプ場で三つのペットボトルに水を汲んでいきましたが、
それは峠越えの途中で飲み干してしまいました。
四つ必要だったという・・・。

で、水なしで歩いてたので、峠越えが終わった後は
自販機を探してました。

「峠の茶屋」という店のところに自販機があって九死に一生を得ました。
まじで喉がかわいてたからアクエリアスとか一瞬で飲み干したわw





IMG_4814.jpg

IMG_4815.jpg

IMG_4816.jpg

IMG_4817.jpg

IMG_4818.jpg

IMG_4819.jpg

IMG_4820.jpg

あとは山形駅まで歩くだけです。
痛い足をおして我慢して歩いていきました。

馬見ヶ崎川を越えて西への一直線の道路のところで徒歩開始8時間経過。





IMG_4821.jpg

IMG_4822.jpg

IMG_4823.jpg

IMG_4824.jpg

山形蔵王インター近くを南西に移動し、
山形県庁を横切って、いよいよ山形駅へいく16号に入りました。

ここからなんと駅まで3キロもあるという。
なげえ~~~。





IMG_4825.jpg

IMG_4826.jpg

IMG_4827.jpg

IMG_4828.jpg

IMG_4831.jpg

IMG_4829.jpg

足が痛いし、そもそも疲れていたけど、
最後の力を振り絞って、3キロ30分とはいかなかったけど、それに近いぐらいの速さでラストスパートをかけ、

キャンプ場から9時間3分で山形駅に到着しました!


今回も本当に大変な旅だった。
昨日のキャンプ場では、なんだかつまらんなあという自問があったけど、
やはり最後は達成感にあふれて感極まりました。


まじでつらかったからなあ・・・。





IMG_4833.jpg

ホテルについて部屋に入って、足の治療。

左足の裏にこんなでかい水ぶくれができてたわwwww
そりゃ痛てえよwwwwwwwww
左足の小指は爪が半分剥がれてたしwwwwwwww
左足の親指と付け根の部分にも水ぶくれができてたしwwwww


とんでもなく酷いことになってた。
レインシューズは雨降ってない日は履くべきではないわ。
通常用と雨用の二足を持ち歩けということだったかもしれませんね。
荷物増えるけど、足がこんなに酷くなるなら仕方ない。




IMG_4834.jpg
ズボンが笹谷峠の近道を通ったことでまた泥だらけになったので、
ホテル内のコインランドリーで洗濯と乾燥。
ズボンの場合は30分じゃ乾きません。
昨日のキャンプ場でもそうだったし・・・。
なので1時間かける必要があります。

その間、キャンプ場で使わなかった、フリーズドライの味噌汁を飲んで塩分補給。
これは普段の旅でも使えそうです。




IMG_4835.jpg

IMG_4837.jpg

洗濯が終わったら晩飯。
事前に調べていた「かかし」という店で山形牛を食べてきました。

本当はステーキにしたかったけど、自分で焼くシステムになってて
疲れたからだで集中力のかけらもないから、焼くの失敗しそうだったので
ひよってステーキ丼にしました。
それでも肉の脂がほとばしって旨かったわ。





IMG_4838.jpg
ホテルに戻って乾燥できるものは乾燥。
レインコートだけでしたが。
テント類は自宅に帰って干すしかないです。



というわけで、無事笹谷峠を突破して山形駅に着きました。
75リットルリュックを担ぐときは長くても30キロ6時間くらいが限度だったけど
それを越えてここまで歩けるのだから、やろうと思えばできることはわかりました。

しかし、連泊は無理だろうなあと思った。


実は9月の連休で盛岡⇒秋田のキャンプ旅を計画してました。

盛岡⇒キャンプ場⇒角館でホテル⇒キャンプ場⇒秋田

という計画だったんだけど、今日のこの惨状をみたら
まだこれは自分には早いというのがわかりました。
ホテルまではいけても、次のキャンプ場まで、精神的に気持ちがもたないと思った。

それくらい体力と同時に心も削られる大変さだった。



まだ経験値を積んでからですね。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5967-06eff90b
トラックバック