RECENT ENTRY
5946:雲取山、3.5時間で登頂成功
2016.07.02
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
雲取山、3.5時間で登頂成功
事後報告だけど、今日は朝6時に奥多摩駅に行って
雲取山の日帰り登山に挑戦してきました。
奥多摩からバスに乗って、「鴨沢」で下車して登山する、「鴨沢ルート」です。


登山系サイトで調べると、登りで5時間とか書いてるから
そんな長い時間登れるかよ・・・と、かなり警戒していった結果、
3.5時間で登りました。
あまりの速さに自分で驚いた。

東京で一番高い山で、標高2200mくらいあるんだっけ?
その割に厳しい登山路ではなかったです。
後半になると3箇所の勾配のきつい登りがあるけど、
そこまではどちらかというと平坦道が多くて、
自分は街道歩きやってるから、平坦道だと登山靴でも速く歩けるので
そこで時間を稼いだ感じでした。
つまり、歩くのが速い人なら5時間かからないというか。

なお、すんげー暑くて、汗かきまくりました。
上半身は汗でずぶぬれ、帽子も全体すべてが汗で濡れた。
しかも、山頂で乾いた帽子が下りでも汗でぬれて
汗のダブルコーティング状態だった。すげえ汗臭かったwww




IMG_4657.jpg

IMG_4656.jpg

山頂の画像。
さいたまの看板と、東京の看板の二つがあるのな。
秩父なのに東京?

今回、5時間を警戒して荷物は着替えと食い物と水2リットルしかもっていかなかったけど、
こんなに早く登れるならソロストーブをもっていてカップラーメン作ればよかったと、ちょっと後悔。




IMG_4658.jpg
富士山もかろうじて見れました。


下りは途中で電波の入るところでスマホからバスの時刻表を調べたら
13時半くらいにバスが来ることがわかったので、走って降りていきました。
そしたら2.5時間で下山でした。
最後、鴨沢への近道を忘れて車道を降りてて自分無駄にしたのが痛かった。

下りは早く行こうとすると、登山靴への負担というかあちこちぶつけて
足の指を痛めるのであんまやらないほうがいいです。
今日は右足の親指をぶつけて内出血したまま下るはめになった。
途中でガチで痛くなったけど、我慢して耐えて走っていったよ。


つうわけで、ざっくり報告でした。
詳細は別にいらんよね。


雲取山は本来一泊二日で登る山なので、
キャンプ客がたくさん登山してました。
自分が下っているときに、下からでかいリュックをもった人たちが
たくさん何度もすれ違った。
あんだけいてもテント貼るスペースがあるのかな。。。


自分もキャンプ旅やってるけど、登山でキャンプはまだ無理です。
この前75リットルのリュックを背負って、吾妻線を歩いて1日目は力尽きたし・・・。

COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5946-2111449e
トラックバック