RECENT ENTRY

→2017.11.19(Sun) 16:51:03 亀飼育249週間

→2017.11.17(Fri) 06:34:58 悲鳴あげてるとこはブラック

→2017.11.16(Thu) 06:24:56 不倫公認

→2017.11.15(Wed) 06:56:15 うつになって一年

→2017.11.14(Tue) 06:05:03 蕎麦屋の注文

5931:Man vs Road(人間 対 道路) 吾妻線でサバイバル(後編)
2016.06.19
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 吾妻線でサバイバル(後編)
IMG_4526.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
6/11・12の二日間にやった、吾妻線キャンプ旅の後編です。

6/12、温川(ぬるがわ)キャンプ場で一泊しました。
体はぼろぼろに疲れてたし、ウイスキーも飲んで酔っていたにも関わらず
やはりキャンプ場ではよく寝れませんでした。
何がダメなんだろうなーと。。。

それでも足の疲れは取れたようでした。

朝4時に目が覚めたので撤収作業を開始。
テントをリュックにしまい終えたのは4:50でした。

出発前に食事を取ります。
ちゃんとカロリーとっておかないと途中でバテる。




IMG_4527.jpg

IMG_4528.jpg

朝飯はフリーズドライのものをまた使います。
晩飯用と朝飯用の二食分をもってきていたのですね。
お湯を沸かして溶かして食べますが、量が少ないかな。
味噌汁は塩分たっぷりで、昨日たべればよかったかなと思いました。

テント撤収の時間が約1時間だとすると、
ごはんの方をもうひとつかってきて、水をいれて60分の方が無駄がなくていいかもしれません。
今度買って、家で試してみる。




IMG_4529.jpg

IMG_4530.jpg

5時半になったので出発します。
初日で足使いすぎて歩けなくなるピンチを迎えていたので、
二日目は完歩無理だと思ったんだけど、足が思ったより回復したのと、
昨日の反省をふまえて歩き方を変えるので、予定通りのルートを行くことにしました。





20160619.jpg
二日目の地図。
距離は31.3kmぐらいかな。
吾妻線沿いまで歩いて戻らないといけないのですが、
その前にひとつの峠越えをする必要があります。
これが難関。





IMG_4531.jpg

IMG_4532.jpg

IMG_4533.jpg

昨日書いたとおり、時速6km歩きをやめて時速5km歩きのペースに落として歩きました。
そうすると確かに早歩きではなくなり、準早歩きみたいになります。
その代わり、ちょっと歩幅は広くすることができます。

でもやっぱ遅い歩き方でした。
これは時間かかるなあというのはわかったけど、足がダメになるよりはトータルで速くなるだろうと。
なお、昨日はしょっぱなから両足に力いれないと歩けないぐらいでしたが、
リュックの背負い方も変えて、肩が痛くなろうとも肩に重さを振り分けるようにしたことで
下半身にかかる力がかなり減りました。

これなら足を酷使しながら歩くことはなくなるので、
最後までダウンせずに歩きとおせそうでした。




IMG_4534.jpg
406号を歩いていると、
「東洋大学陸上競技部合宿所」と書かれた宿がありました。
「歓迎」の看板がまだ新しいので、今使っているか最近使われたかどっちかかな。
こんなところまで来て合宿してるんですねえ。




IMG_4535.jpg

IMG_4536.jpg

IMG_4537.jpg

IMG_4538.jpg

峠に差し掛かる前に徒歩1時間経過。
やはり距離が伸びてなく歯がゆい思いですが、仕方なし。





IMG_4539.jpg
15分ほど歩いたら峠の入り口に到着しました。
ここからしばらく上り坂が続きます。
昨日は緩やかな上り坂で足がやられてしまったので、
それなのに峠越えなんてできるのだろうかと、心配になります。





IMG_4540.jpg

IMG_4541.jpg

IMG_4542.jpg

IMG_4543.jpg

峠にはいってずっと上り坂を登っています。
こういうところを歩くと自分がどこにいるのかわからなくなりますが、
U字のカーブとかとiPhoneで周辺地図をてらしあわせて、なんとなく現在地をつかんでいきます。

登っている最中で徒歩二時間経過しました。

峠越え何度もやったことあるけど、今までで一番きついのは『碓氷峠』で、
8割登り、2割り下りで本当にあれは最悪だった。。。
「逆からなら楽」というのがあるので、今回の峠も登りの方が長かったら最悪です。





IMG_4545.jpg
長野原町に入る看板があるところで、上り坂が終わりました。
どうやら今回の峠越えは「当たり」のようです。
以後、最後まで下り坂。
ここまでかなりスピードが落ちてましたが、ここからはその遅れを取り戻すかのごとく
75リットルのリュックを担いでいても早く歩いていくことができました。




IMG_4546.jpg

IMG_4547.jpg

IMG_4548.jpg

IMG_4549.jpg

IMG_4550.jpg

IMG_4551.jpg

一気に下っていきましたが、下りきる前に徒歩3時間経過。





IMG_4553.jpg
12分後、ようやく峠越えに成功しました。
国道145号に合流し、吾妻線沿いに戻ってきました。

ここでちょっと休憩し、足の調子もまだ大丈夫だったので
ゴールの大前駅を目指して西に向かって歩き出します。





IMG_4554.jpg

IMG_4555.jpg

IMG_4556.jpg

IMG_4557.jpg
ゴールの大前駅は嬬恋村にあります。
なので、嬬恋15kmというと時速5kmで歩いていればあと3時間で到着。

5時半出発ですでに3.5時間くらい経過して、あと3時間だとすると12時くらいが
到着の目安でしょうか。



IMG_4558.jpg

IMG_4559.jpg

IMG_4560.jpg

IMG_4561.jpg

峠越えで坂が終わったと思ったら、大前駅に向かう144号との合流地点までに
巨大な橋の上を歩くために、まーた上り坂を歩いてました。
ほんとつらい。。。

で、144号に入る前に徒歩4時間経過。




IMG_4562.jpg

IMG_4563.jpg

写真に撮ってないけど、144号との合流の交差点前にセブンイレブンがありました。
ここで食料と水を買いました。




IMG_4564.jpg

IMG_4565.jpg

IMG_4567.jpg

羽根尾駅を通過。






IMG_4568.jpg

IMG_4569.jpg

IMG_4570.jpg

IMG_4571.jpg

IMG_4572.jpg

IMG_4573.jpg

羽根尾駅から先はまた峠越えっぽくなってて、
V字のカーブが連続しているジグザグ地帯でした。
こういうところは見た目以上に距離があるので、思ったより先に進めないことが多いです。
徒歩5時間が経過。
昨日5時間前には足が疲れてダウンしてましたが、
この日は足の力をセーブしながら歩いているので、ダウンすることなく歩き続けることができてます。





IMG_4574.jpg

IMG_4575.jpg

IMG_4576_20160619102459254.jpg

真田街道という旗がたくさん立ってました。
今、大河ドラマで「真田丸」というのがやってるんでしたっけ。
自分は見てないのですが。


真田街道とは?
http://shimaonsen.com/sanadatrip/

真田氏(真田幸村の祖父・幸隆、父・昌幸、兄・信之) が統治した地を結ぶ街道の通称であり、 現在の国道144号、145号、120号にあたります。
江戸期には、上田市から嬬恋村を通って高崎市方面へ 抜ける街道(現在の国道144号、406号) を上州街道(群馬県側の呼称)、信州街道(長野県側の呼称) と呼び、高崎市から沼田市を通って片品村、 会津方面へ抜ける街道(現在の国道17号、120号) を会津街道(福島県側の呼称)、 沼田街道(群馬県側の呼称)と呼んでいたとされます。


ということで、昨日歩いた中之条から145号、今歩いている144号で大前駅を通過して、
最終的に長野県の上田駅まで続く道を真田街道と呼ぶようです。

つまり、大前から先もあるのか・・・。
今回は大前止まりだけど、長野県まで歩く旅もいいかもしれません。




IMG_4577.jpg

IMG_4578.jpg

やっと人通りのあるところにでました。
コンビニがあったので、水の補給をしたのですが、
このコンビニを出てから3分後くらいに、突然便意を催しました。
なんつうか、腸にたまっていたうんこがすべて一気に全部肛門の方まで押し出されて
発射5秒前みたいな状態になったwww

これ、まじでいきなりこうなったから、即座に腹が痛くなって
大至急トイレが必要になったよ・・・。
コンビニまで戻ろうかと思ったけど、この先にある万座温泉駅の先に
セブンイレブンがあるのが地図でわかったので、そこのトイレを借りるまで我慢して歩くことに。




しかし・・・この後、信じられない光景が・・・!





IMG_4579.jpg

IMG_4580.jpg

IMG_4581.jpg

IMG_4582.jpg

セブンイレブンが閉店して取り壊されてるやんけ!!!


これはまじでやめてくれ・・・と思った。
多分つい最近なのかなー。
地図の反映が遅れてやがる・・・。


やばい、まじで漏れる・・・、といったところで、
駅とセブンの間に観光案内所があり、
そこにトイレがあるのを外から確認できたので、なんとか事なきを得ました。


いや・・・人のいるところで便意がでてよかった。
峠越えの最中とかだと、100%野グソするしかないからなあ・・・。


ここで思わぬ15分くらいの思わぬ時間ロスをしてしまいました。
この騒動があったので写真撮り忘れたけど、徒歩6時間は経過しています。





IMG_4583.jpg

IMG_4584.jpg

IMG_4585.jpg

IMG_4586.jpg

IMG_4587.jpg

IMG_4588.jpg

万座温泉駅から大前駅までは3.3kmぐらいなので、
最後は時速5km歩きをやめて時速6km歩きにしました。
そしたら、歩き慣れたのか、両足を力まないと歩けないということもなく、
普通に歩くことができました。

昨日の足の酷使などもあって、足のレベルアップをしたのかもしれません。
自分も長いこと歩き続けているから、早々足の限界まで使うことがないので
足のレベルアップはほとんどなかったのだけど、まだまだ伸びる余地はあるってことですかね。





IMG_4589.jpg

IMG_4590.jpg

IMG_4591.jpg

IMG_4592.jpg

最後に、嬬恋村役場まで続く上り坂がきつかったけど、
これを上りきったら144号から外れて大前駅までの道がありました。





IMG_4593.jpg

IMG_4594.jpg

そして大前駅到着。12:18。
さっきの大便騒動で時間ロスしてなければ12時に着いてたなあと思いつつも、
時速5キロペースに落として無事歩ききることができました。

クッそ重いリュックだったけど、なんとかキャンプ旅を最後までやり遂げることができて
良かったと思います。





IMG_4595.jpg

駅の中にノートがあったので、
記念に一筆していきました。
まぢで二日で14時間歩いたんだよね。
さすがに普段の徒歩の旅に比べて疲れがダンチだった。




IMG_4596.jpg
昨日のあまったウイスキーをここで飲みました。
今度は冷たい水で飲みましたが、旨すぎてそっこー飲み干してしまったw




IMG_4597.jpg
大前駅から帰るには13:37の電車に乗ります。
これを逃すと次は17時まで電車が来ません。
ただ、大前まで来ないだけで、万座温泉の方はまだいくらか本数があります。

13:37に間に合わないようなら、ここまで歩いてもまた同じ距離を戻るはめになるから
万座温泉がゴールになっていたと思います。


なお、吾妻渓谷を見るために、帰りに途中下車する必要があると昨日書いたけど、
このときはそんな気は全く起きませんでしたw
ほんとうに疲れたから、もう歩きたくなかった。。。





IMG_4598.jpg
そんなわけで、75リットルを使った初のキャンプ旅でした。
背負い方と歩き方については、実体験を持って学ぶことができました。

来月の連休では、仙台⇒キャンプ場⇒山形という旅の計画を立てているので、
それの前哨戦でもあったのですが、
今回の旅で完歩したことは、大きく自信につながったと思います。

がんばって足をレベルアップさせていけば、
いずれ時速6キロでも歩けるようになるはずなので、
何度もキャンプ旅に挑むしかない、という気になりましたとさ。


ちなみに、時速5キロペースであるきましたが、
この速度だと、googleの地図で距離を調べたときに出ている時間と
ほぼ同じぐらいになります。

つまり、
・時速6kmだとgoogleの地図の時間より早い
・時速5kmだとほぼ同じ

という目安。
それに休憩時間を1時間くらい加えたのが
キャンプ旅にかかる時間になるだろうなあということがわかりました。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5931-fcecb557
トラックバック