RECENT ENTRY

→2017.09.21(Thu) 05:30:29 ガッキー引退

→2017.09.20(Wed) 06:19:31 けがなかったの?

→2017.09.19(Tue) 07:29:29 ちょっと待て、そのファーストは元民進

→2017.09.19(Tue) 06:36:11 「このハゲー!」と出てきたら支持したw

→2017.09.18(Mon) 06:12:16 「解散総選挙だ!安部を追いこめ!」⇒「自己保身解散だ」

5895:どの世代だって失敗作
2016.05.16
日記


comment(0)
trackback(0)
どの世代だって失敗作
ハゲネズミの新ネタが尽きません。
昨日は政治資金を使ってヤフオクで美術品を落札した疑惑が出て大笑いしてましたw
その辺を追求しても良かったんだけど、ぜんぜん違う話。



「脱ゆとり宣言」に“まるで差別用語”と猛反発続出
http://r25.jp/society/00050615/

馳 浩文部科学大臣が「ゆとり教育と決別する」と発言、これがネット上で波紋を広げている。

馳氏は5月10日におこなわれた記者会見で、「ゆとり教育を全否定するものではない」としたうえで、
「ゆとり教育がゆるみ教育と、間違った解釈で現場に浸透してしまったのではないかという危惧と、
そういう現場の声」があると説明。
学習指導要領の改訂を控え、“脱ゆとり教育”宣言をすると話した。

Twitterには、“ゆとり世代”と思われるユーザーから、

「ゆとり教育との決別ですか...。結構なことだと思いますが。あたしらは何なのでしょう。そうですか。失敗作ですか。ありがとうございます」
「ゆとり世代の何が悪いの
別に特になんの不満なく学校生活をゆとりで生きてきたけど世間様は不満だと言いたいの?」
「これだからゆとりは。ってまだ言われなきゃいけないの?
いっとくけど決めたのあんたらだからなって言いたいだけです。はい」
「ゆとり教育最後の世代と言われるわたしの年ですが
ほんとゆとりなんて感じたことないし
なんでそんな差別用語的に言われなきゃならないのかむかつく」


と、不快感をあらわにする声が多発している。



ありていに言えば、失敗したと思ったからゆとり教育をやめようということになったので、
かわいそうだけど失敗作の世代になってしまってます。
これは同情するけどさ、俺なんかは氷河期世代に当てはまっていて、
教育面では失敗でなかったかもしれないけど、
バブルがはじけた後の社会的に失敗の世代に入れ込まれてしまったんだよなwww


ここでゆとりについておさらい。
wikipediaより

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%81%A8%E3%82%8A%E6%95%99%E8%82%B2

↑には書かれてないけど、いいまとめがあったのでコピペ。

ネット上のスラングである「ゆとり」とは、狭義ではゆとり教育を受けた池沼の意味、広義では以前の「厨房」の意味です。
ちなみに教育のゆとり化自体は既に'77年には開始され、
'80年代以降は本格的に授業数削減と教育内容の縮減が行われ続け、その課程で土曜日の休日化も漸次為されました。
故に現在の40代以下は何らかの形でゆとり教育を受けた世代だと言えます。
そしてその最後の総決算が2002年の教育指導要綱改訂です。
それ以前の世代は年度ごとに縮減され改悪されていく教育内容に疑問を持ち自力で何とか対処をしておりましたので、
2002年度の最終的な改悪は流石に大きな社会問題となった次第です。
しかし、そんなゆとり教育に疑問すら持たずどっぷり浸かった世代は、
常識的な知識が欠如しているばかりか論理的に考える力も無く、体力も社会道徳も生活力も無く、
競争どころか努力する事も知らないという、日本人としてあるまじき民度の低い劣悪な欠陥人間として育ってしまいました。
これはもちろん間違った教育を与えた側の責任ではありますが、
未だに自らが受けた教育に対して何の疑問も持たず責任転嫁し逆ギレするばかりで改善する努力もしない様では、
今後も底辺世代として蔑まれ続けるのは必至です。

もちろんゆとり世代でもマトモな人はいます。そういう人は決して「ゆとり」と呼ばれて蔑まれたりはしません。
でもその様な例外は全体のごく少数であり、その他の大多数は現在もWeb上で愚にも付かない言動を為しては
他の世代に嘲笑われておる次第です。



結構範囲が広いのね。
今の30代ぐらいからゆとり教育を受けていて、ゆとりMAXが2002年生まれか・・・。


そもそもゆとり教育は俺なんかがの「受験戦争」の酷かったころに
落ちこぼれがたくさんできてしまったのを救うべく、「平坦化」するためにやったようなもので、
よくある、「徒競走でみんないっしょにゴール」とかの発想ですね。

他には「円周率が3.14ではなく3」とかあって
当時はそれらに「なんやそれ・・・」と思って笑ったものでした。



結果、ゆとりはダメだった扱いにされたけど、
全てがダメなわけじゃなくて、ゆとりに左右されず自分で学力をあげたりした人たちも当然いる。

ここが全てなんだけど、ゆとり教育によって時間のゆとりができたのなら
その豊富にあった自由な時間もっと有意義に使って能力高めてりゃよかったのに
どっぷりゆとりに浸かって失敗作になったのだとしたら、それは自業自得だろ・・・・・になる。


まあ、自分がその状況に置かれたとしたら、間違いなく遊んでいただろうから、
やっぱ社会が強制的に勉強するように仕向けないとだめなんだろうなあと思いました。


ゆとり世代はかわいそうなことになったけど、
これから社会を動かしていくのは、自分みたいな老害ではなくゆとり世代になるわけです。

果たしてうまく機能するかどうか・・・。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5895-88c84cfb
トラックバック