RECENT ENTRY
5882:少子高齢化になった時点で詰み
2016.05.06
日記


comment(0)
trackback(0)
少子高齢化になった時点で詰み
ゴールデンウィークで今日を有休にせず働く人が多そうですが
そんなのかまわず有休にすべきだという日。
俺は働かされるけどさ・・・。



朝からはらのたつ話。



年金というのは、生きるリスクに対してかける保険
http://www.minnanokaigo.com/news/special/heizotakenaka1/

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険。「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった」というリスクにかける保険です。

ところが日本の年金制度は、老人の数が少ないときに気前よく全員に出しちゃったんですよね。国民皆保険制度ができたのが1960年、映画「3丁目の夕日」の頃です。あの時の日本人の平均寿命は66歳だったんですが、今は男性が81歳、女性が87歳まで伸びました。

すごいことです。でも、今65歳から全員に年金給付していたら、実は消費税を30%にしてもダメなんですよ。これはもう明らかなこと。でも年金給付年齢を引き上げるとか、消費税増税を言い出すと、「弱者切り捨てだ」と世論がパニックになってしまって。

でもどこかで手を打たないと、いつまでもこんなことは続けられません。マイナンバーができたのはいい機会で、マイナンバーで所得と資産を管理して、高齢になったときに金銭的に余裕があって年金なしでやっていける方は、年金を辞退してもらって、その代わり本当に必要な方にはもう少し手厚く給付するとか。

私は10年以上ずっと言っていますよ。私以外にも言っている人はたくさんいるのに、メディアがちゃんと伝えていないというのも問題。極論ではなく、常識的な話だと思うんですが、日本は常識を言うとバッシングされたりするんですよね。

そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。保険は不測の事態に備えるものなんですから。




つまり、
自分で生きる分は自分で貯金して貯めておけ、貧乏人を国が救う必要はそもそもない
と、おっしゃるようです。



なんつうか、成功者の暴論で、自分は絶対困ることのない金持ちだから言える発想だなーと。
さすが上級国民になると違うよね。
もとより年金は崩壊するのわかってはいるけど、こいつに言われるとむかつくわ。
現在の派遣制度を作った諸悪の根源だからね。



ただ、国が助けてくれると思っていたから年金払っていたのに
今になって自分でなんとかしろというのは詐欺でさ、
だったら今まで払った分全額返せ、自分で管理するからという話になるんだよ。


けど、そうはならず、
年金はなくしますが、年金保険料の徴収は続けます。支払い済の保険料の返金もありません
だから、むかつくわけなのよなw


で、年金払っても国は助けませんとか言われると、
おのおのが貯金に走るしかなくなるわけで、
そうしたらぜんぜん消費がされなくなって日本経済がさがって
ますますデフレになっていく負のスパイラルになる。
そういう意味で、日本ではインフレをめざしてはいけないのかもだね。



というわけでまあ、腹の立つ話です。
国が助けてくれないなら、
100年安心ですと言って集めたり、
強制加入だったり無理矢理取り立てたりするのをやめてもらいたいわ。
ほんと国家詐欺だよなあ。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5882-e4a75d06
トラックバック