RECENT ENTRY

→2017.09.21(Thu) 05:30:29 ガッキー引退

→2017.09.20(Wed) 06:19:31 けがなかったの?

→2017.09.19(Tue) 07:29:29 ちょっと待て、そのファーストは元民進

→2017.09.19(Tue) 06:36:11 「このハゲー!」と出てきたら支持したw

→2017.09.18(Mon) 06:12:16 「解散総選挙だ!安部を追いこめ!」⇒「自己保身解散だ」

5859:これは心配で眠れなくなる話
2016.04.12
日記


comment(0)
trackback(0)
これは心配で眠れなくなる話
最近またぜんぜん寝れなくなりました。
そんなときにこれを読んだ。




6時間睡眠を死守せよ 研究データが物語る恐ろしいリスクの数々
http://news.ameba.jp/20160410-161/

睡眠時間が6時間を切ると影響はこんなにもはなはだしくなる、という研究結果がサイト「Sleep Review」(2015年9月22日)に紹介されている。

記事によると、カリフォルニア大学サンフランシスコ校などの研究チームが、事前チェックを受けた164人のボランティアをホテルに隔離し、安全に配慮しながら風邪のウイルスを与え、1週間にわたって睡眠時間とウイルス定着の関連を調査した。その結果、6時間以下の睡眠時間だった人は7時間以上睡眠を取る人より4.2倍風邪にかかりやすく、5時間以下の睡眠では4.5倍にもなることが分かったという。

日本の研究でも、自治医科大学が行ったものとして、健康な男性では睡眠時間が6時間未満の場合、7~8時間の睡眠と比べて死亡する危険度が約2.5倍に上昇するという報告がある。


睡眠時間の確保の重要性は過去にも指摘されていた。米学術誌「Sleep」(2003年3月発行)には、ペンシルベニア大学の研究チームによる興味深い調査結果が掲載されていた。

その梗概によると、21~38歳の健康な成人48人を4時間睡眠、6時間睡眠、8時間睡眠の3グループ(2週間実施)と、3晩連続で徹夜するグループの4つに分け、毎日アンケートに答えたりテストを受けたりのタスクを与える実験を行った。

すると4時間睡眠と6時間睡眠のグループは、すべてのタスクにおいて大幅に認知能力が低下し、最終的には徹夜グループが2晩徹夜後に行ったタスクと同じ程度にまで認知能力が低下する状況がみられたという。つまり、何日も6時間以下の睡眠を続けると、2晩徹夜した状態と変わらなくなる、ということだ。



そんなこといったら俺なんか毎日6時間以下なんだが・・・。
まず体がどうしても早起きしてしまっていて、ほぼ毎日4時前には目を覚ましてる。
4時前から6時間引くと22時に寝ないとだめで、そうするとほぼ定時帰りしないとだめ。
まあ、実は最近さっさと帰っているからそれは実現できてるのですが、
問題はもうひとつあって、寝てからほぼ確実に1~3時間後に起きます。

無呼吸かな・・・と思ったけど、そうではなくて
こっちらしい。


http://soyokazesokuhou.com/sleepdisorders/

布団に入ってもすぐに眠れない「入眠困難」
夜中に何度も起きてしまう「中途覚醒」
早朝目が覚めて寝られない「早朝覚醒」


この三つに該当するわ・・・。

タイトルに書いた「心配で寝れなくなる」は結構ガチな話かもしれません。

さすがに徒歩の旅で8時間近く歩いたり、登山したりすると
体が疲れるからよく寝れますから、体が疲れていないのかも。

肉体的には疲れてないけど、精神的には疲れていて、それでは寝れない・・・ってことですかね。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5859-44d50083
トラックバック