RECENT ENTRY
5809:ジョーカーを引いてしまった
2016.02.25
日記


comment(0)
trackback(0)
ジョーカーを引いてしまった
職場で風邪が流行っていて欠席者増えている中で
自分も昨日うつされてしまったようで、仕事中に咳鼻水悪寒がひどかったので
本日はお休み。
今までだとこれくらいの微弱な風邪は無視して出勤してたけど、
今はそんな気概はないので。。。


軽く飯食べてから薬飲んで寝ますが、その前にちょろっと日記だけ書く。





米大統領候補トランプ「我々は中国と日本を打ち負かすぞ!」ー勝利宣言にて
http://www.huffingtonpost.jp/yuki-murohashi/donald-trump-president-campaign_b_9206374.html

予想以上の勝利となったトランプ氏だが、勝利演説にて「米国を再び偉大にする」とキャッチフレーズを掲げた。
さらにその中で、「我々は中国と日本を打ち負かす。そしてメキシコも打ち負かす」と宣言し、会場から拍手喝采を浴びた。

これは以前から何度も主張しており、メキシコに関しては、米国とメキシコの間に「大きな壁」を建てて移民を
受け入れるべきではないとしている。

中国に関しては、米中貿易改革を公約の一つにも掲げており、「中国はアメリカの雇用とカネをかすめ取っている」
言い放っている。中国の人民元切り下げを止めさせ、環境基準や労働基準を改善させる。また知的財産保護やハッキングに
対して厳しく対処する、としている。(関連記事:過激な発言が目立つトランプ、実際は何をしようとしているのか?)

そして、日本だが、自身のfacebookで2014年に「我々は日本に関税無しで何百万もの車を売ることを許してきた。
なんとかしなければならない。我々は大きな問題を抱えている!」
と発言している。

また、昨年末には「誰かが日本を攻撃したら、我々はすぐに駆けつけ、第三次世界大戦を始めなければいけないんだろう?
我々が攻撃されても日本は助けない。フェアじゃないだろ?これでいいのか?」
と不満をぶつけている。

米国の大統領というのは、実質的には地球の大統領と言っても過言ではなく、世界中に大きな影響を与えている。
これは当然日本も例外ではない。ルビオ氏であれば、日本と良好な関係を築けそうであるが、その若さや経験不足から
一抹の不安も抱えている(関連記事:米大統領選、共和党最有力候補マルコ・ルビオとは?)。



というわけで、トランプが次のアメリカの大統領になりそうですって話。
なんでもこの人、たとえるなら「アメリカ版鳩山」といわれている人らしい。
つまり、頭が悪いとw
好戦派ルーピーって感じかな。




joker.jpg
タイトルに書いた「ジョーカーを引いてしまった」は
昔なつかしい、日本テレネットがPC88で出したファイナルゾーンってゲームからだけど
知ってる人はいるかなあ・・・。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5809-166e99b6
トラックバック