RECENT ENTRY

→2017.11.20(Mon) 06:21:20 奴は四天王の中では最弱

→2017.11.19(Sun) 16:51:03 亀飼育249週間

→2017.11.17(Fri) 06:34:58 悲鳴あげてるとこはブラック

→2017.11.16(Thu) 06:24:56 不倫公認

→2017.11.15(Wed) 06:56:15 うつになって一年

5797:教育ママ(物理)
2016.02.14
日記


comment(0)
trackback(0)
教育ママ(物理)
2/12・13で静岡県の御前崎まで徒歩の旅に行ってました。
が、天気に恵まれなかったのと、仕事のストレスで体力が弱っていたのと
ボルタリングをやったときの疲労がぬけてなかったなどなどで、思った以上に苦労して疲弊してしまいましたw

なので、旅日記は多分来週に書きます。



それで、自分が旅にいってるときに
こんなのが話題になってました。


「子供のゲーム機バキバキ」で炎上 バイオリニスト・高嶋ちさ子さんの“子育て武勇伝”に非難殺到
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/13/news021.html

東京新聞に掲載された、バイオリニスト・高嶋ちさ子さんの子育てコラムに非難が殺到しています。コラムのタイトルは「ゲーム機バキバキ事件」。決まった時間にしか遊んではいけないという約束を守らなかった息子に腹を立て、長男と次男のゲーム機(ニンテンドー3DS)を真っ二つに折ってやった――という内容でした。


 高嶋さんは2人の息子に「あなたはゲームが一生できないことを嘆くより、ママからもう二度と信用されないということを心配しなさい!」「もうあなたを信用しないから、どうやって信用を取り戻すかを考えなさい!」と怒ったそう。記事には長男と次男、2人のニンテンドー3DSが無残に壊された写真と「約束は守らないといけません」というキャプションも添えられていました。

 その後、高嶋さんの長男は翌週の算数のテストで満点を取ったそうで、ほかのお母さんからも「やはり本気を見せないと、ダメなんですね」と感心されたとか。しかし、Twitterがきっかけで記事が話題になると、これとは真逆の反応が次々と寄せられました。



先にフォローしておくと、この母は後日新しい3DSを買いなおしたそうです。



というのもふまえてだけど、
子供をしつけることは大事だとは思うけど、なんつうかただのヒステリーおばさんにしか見えないわw

つうか、物を破壊するのはしつけというレベルなんでしょうか?
怒って物を壊すことがいい教育かよ?

そんで新しいのを買いなおしたってことは
「物は壊してもまた買えばいいんだ」という間違った教育になってる気もする。


そして最も頭おかしいのは
こんなことをドヤ顔(してるかわからんけど)で新聞の一面をかざっている東京新聞だと思う。



もしかして、優れた教育ママとして紹介するつもりだったんだろうか?
所詮は東京新聞。こいつはいわゆるクソ左翼の新聞だからさ、
左翼の中では優れた教育ママに映ったのかなあと思った。


ちなみにこの人。
↓過去にはこういう発言もしてたそうな。
fb2744a2.jpg

ツイッターという見えるところで、多分有名人が
こんな非道なツイートを残しているだけで頭おかしいやね。。。
普通に基地外やんけw


以上ですが、子供と親の関係って、年を食えば立場逆転するんだよね。
単純に力で勝てるようになる。

非道な親には子供の復讐という手段があるからさ。
数年後の忘れたころによくない事件が起きなきゃいいよな~~~。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5797-4cb127f7
トラックバック