RECENT ENTRY

→2017.09.21(Thu) 05:30:29 ガッキー引退

→2017.09.20(Wed) 06:19:31 けがなかったの?

→2017.09.19(Tue) 07:29:29 ちょっと待て、そのファーストは元民進

→2017.09.19(Tue) 06:36:11 「このハゲー!」と出てきたら支持したw

→2017.09.18(Mon) 06:12:16 「解散総選挙だ!安部を追いこめ!」⇒「自己保身解散だ」

5775:海底大戦争ダブルプレイ
2016.01.23
その他のゲーム


comment(0)
trackback(0)
海底大戦争ダブルプレイ
何度か書いたような書いてないようなですが、
今月で新橋を離れるので、新橋のゲーセンにたまたま今置いてある
「海底大戦争」というゲームを離れる前にクリアしようと、久々にやりこんでました。


どんなゲームかというと、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%BA%95%E5%A4%A7%E6%88%A6%E4%BA%89_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0)

『海底大戦争』(かいていだいせんそう)は、アイレム株式会社が1993年に開発したアーケードゲーム(コンピュータゲーム)。
ジャンルはシューティングゲーム。日本国外版のタイトルは『In the Hunt』。

潜水艦を操作し、南極海域や海面上昇により水没した都市海域、海底・超古代文明の遺跡などを舞台に戦うシューティングゲームである。強制スクロールではなく自機の移動による任意スクロールで、移動範囲も水中に限られるなど、シューティングゲームとしては特殊なシステムをしている。



で、ドット絵の描きこみがすさまじくて、それが売りのひとつになっています。
確かアイレムから出たゲーセンのゲームってこのゲームが最終作だったような。
違ったにしてもアイレムはゲーセンから撤退し、この海底大戦争を作ったチームが独立して
後にネオジオで「メタルスラッグシリーズ」をだしていたと記憶してます。
こちらもドット絵の描きこみがすさまじいということで有名ですね。


で、その海底大戦争のダブルプレイの動画です。












このゲームのストーリーが、


1P側搭乗員は「高原麗」、2P側搭乗員は麗の夫「高原仁」。
仁は『アンダーカバーコップス』の主人公の一人ザン・タカハラの実兄である。


ということで、普通に正義の味方の人っぽいんだけど、
6面クリアした後のあの展開は衝撃というか、「なんでそうなる?」になりましたw

COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5775-ecbca39c
トラックバック