RECENT ENTRY

→2017.07.22(Sat) 11:21:47 Man vs Road(人間 対 道路) 甲賀市・東海道でサバイバル(前編)

→2017.07.21(Fri) 06:18:24 うーん・・・マンダム!

→2017.07.19(Wed) 05:40:41 犯罪確定?

→2017.07.17(Mon) 15:53:20 亀飼育231週間

→2017.07.17(Mon) 09:51:07 惨敗な旅でした

5741:メリークルシミマス
2015.12.24
日記


comment(0)
trackback(0)
メリークルシミマス
すかすかカルビーな会長だけど、言ってることは正しいと思うのでこの話。




カルビー会長が喝!長時間労働が日本をダメにしてきた
http://diamond.jp/articles/-/83598

私は常々、長時間労働が日本をダメにしてきたと言っています。

 経営者として残業代を支払うのが惜しいから、残業をするなと言っているのではありません。残業代なんて、会社全体のコストからしたらたかが知れています。

 そもそも、日本企業は25年前にそれまでの古い労働慣行を変えるべきだったのです。

(略)

今は、「知恵の時代」です。朝から晩までダラダラと仕事をしても、いい知恵は出ません。

 カルビーでは「仕事が終わったら早く帰りなさい」と盛んに言っています。早く帰って知識や教養を身に付けたり、家族と過ごす時間を大切にしたり、健康でいるために努力したり、そうしたものを蓄積してこそ、魅力的な人間になっていくのです。そういう魅力的な人間から、いい知恵や、次の新しいことが生まれるのです。


拡大する
 もちろん、野放図にしているわけではありません。カルビーの社員は若手も含めて、全員にC&A(コミットメント&アカウンタビリティ)を課しています。つまり、コミットメント(約束)したことに対してアカウンタビリティ(結果責任)を負うのです。

「自分はこういう仕事をします、こういう成果を出します」という契約書を作って、一人一人がサインしています。

 もちろん、工場などでは、勤務時間は関係ない、来る時間も帰る時間もバラバラというわけにはいきませんが、日本では成果で評価されるべき人が、時間で評価される仕組みになっていることが長時間労働の問題なのです。そして、このあしき文化の象徴が残業手当なのです。




>早く帰って知識や教養を身に付けたり、家族と過ごす時間を大切にしたり、健康でいるために努力したり、
>そうしたものを蓄積してこそ、魅力的な人間になっていくのです。
>そういう魅力的な人間から、いい知恵や、次の新しいことが生まれるのです。

仕事のストレスや残業で、ついに体を壊してしまった自分からすると、
「健康でいるための努力」ってのは本当に大事だし、
健康じゃないと一切全てのことのやる気がなくなるなと痛感しました。
仕事は当然として趣味である徒歩の旅や登山ですらままならなくなってしまった。



それもこれも全て仕事のせいなので、本当に仕事のやる気がなくなったわ。
だから、実際胃腸の調子が悪くなるから今月はほとんど定時上がりな生活してます。
それでなお体調が回復しないのだから、よっぽど体が疲れてるんだろうなと思いました。
自分は元々、さっさと帰るタイプの人間ですが、やはり遅くまで残業、終電、タクシー帰りする人はいるし
昨日は休みだけど、やはり会社にでて仕事している人はいる。

そうしない話が進まないくらいの仕事があるような案件だと
そもそもどうすればいいんだろう、と思いますね。

初めから工数がおかしい案件を、だらだらと残業や休日出勤をしないですむように進めるには
どうすればいいんだろう。

これの解決方法がない限りは、日本じゃどだい無理な話だと思います。


普通、工数が多い場合は「人をたくさんいれて対応」するんだけど、
単純にお金かかりますからね。
むしろ単価を削る方向にあるこの業界、自分の案件だってオフショアとかぬかして中国人使ってるわけで
本当につりあいがとれてない。

「安い単価で優秀な人を長時間こき使う」


今求められているのはこれだもんねw
日本じゃ無理に決まってるし、どんどん人間を壊していくに決まってるわ。
そして、自分はその壊れた人間に入ってしまいました。
リタイヤまで秒読み段階です。


なんつうか、やはり働く業界を間違えたのと、時代がそうさせた不幸があるなあと。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5741-d9d13387
トラックバック