RECENT ENTRY

→2017.09.25(Mon) 05:52:54 愛知県の民度が問われる

→2017.09.24(Sun) 17:05:21 亀飼育241週間

→2017.09.23(Sat) 10:07:37 (雨)キャンプに行ってました。

→2017.09.21(Thu) 05:30:29 ガッキー引退

→2017.09.20(Wed) 06:19:31 けがなかったの?

5727:「おまえ、辞めてどうすんだ、生活どうすんだ?食っていけるのか、考え直してがんばってみろよ」
2015.12.11
日記


comment(0)
trackback(0)
「おまえ、辞めてどうすんだ、生活どうすんだ?食っていけるのか、考え直してがんばってみろよ」
と言ってくれるだけまだましだと思う?



カネさえ払えばクビにできる法律が成立間近 焦点は金額基準の策定
http://biz-journal.jp/i/2015/12/post_12789_entry.html

解雇された場合に、職場復帰ではなく金銭を支払うことで決着する「解雇の金銭解決制度」導入の議論が厚生労働省の検討会で始まっている。この制度は長年にわたり解雇規制の緩和を求めてきた経済界の悲願でもある。

 安倍政権でも政府の規制改革会議や産業競争力会議で解雇の金銭解決制度の議論が行われてきた。2013年3月15日の産業競争力会議が提出したペーパーでは、再就職支援金を支払えば解雇できる趣旨の提言がなされてきた。

 現行の裁判所での地位確認訴訟では、解雇が不当だと訴えて「解雇無効」の判決が出ると、「現職復帰」しかない。それに対して会社が一定の水準の金銭を支払うことで解雇ができるようにするものだ。



非正規が増えて正規社員が増えない世の中で、この法案が通ると
雇用の流動化がおきるかどうかというのが大事な問題です。

所謂「給料泥棒」な人間を合法的に出すことによって、優れた正規社員を増やす機会は増えるとも思います。
派遣が増えているのは、雇用というのが「ギャンブル」すぎるからですね。
面接で調子いいこといって、いざ雇ったらすげえ地雷だったみたいなのはよくある話。
けど、これで正社員にしてしまったら、地雷を抱え続けなければいけないので。

で、ちゃんとあいた正社員のポストを正社員で埋めてくれればいいけど、
非正規で埋めるようになるとますます非正規だらけの世の中になります。
この辺で会社側が信用できない。

あと、「金を払えば解雇できるようになる」ができるのは金のある大企業だけのような気もする。
中小企業、零細企業はその解雇できる金がなくて、結局解雇できなくなるような・・・。

解雇にかかる金額がどれくらいなのかまだはっきりしてませんが
100万200万じゃきかないでしょ。


しかしこの法案が通ったら私自身はどうなるかなーと考えてみた。
解雇されてもおかしくない人間ではありますね。
仕事は正直、それなりにできる人間だと思うのですが
(どこの現場いっても長いことい続けたり、ちゃんと結果はだしているので)
私はなんつうか「イエスマンではない」のです。
「ノーマン」で、扱いづらい人間だと思いますね、我ながら。

仕事はできても表面的な社内評価は酷いと思ってます。
そんなのどうでもいい思っているし、そんなところで点数稼ぐより
現場の仕事をこなすほうが価値あると思ってるので。


しかしIT業界は本当に人材不足になっていて
自分のレベルもさして高くないけど、それにも及ばない人材ばかりになっています。
そりゃまあ当然ですが。
こんなクソブラックな業界に喜んでくる人間、い続ける人間なんざいねえわ。

だから、現場で人が足りないとかいって補填しようとしても
まじで書類選考だけでNG連発な人材しかいません。
うちが中小だからってのかもあるだろうけど。

今の世の中は「そういう人間を雇って教育して使えるようにして使っていく世の中」になっているから
まじで雇う側というか「面倒みなくてはならない人間の負担が大きい」です。


というのをふまえたら、意外と解雇されないかも、という見方もあるかもですね。
それなりに長いこと仕事して結果だしてる人間については。


人事の好き嫌いで金銭解雇できるような世の中になったら、どうなるだろうかw
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5727-d472f0c0
トラックバック