RECENT ENTRY
5669:こんにちわ、ヒューザーです
2015.10.21
日記


comment(0)
trackback(0)
こんにちわ、ヒューザーです
ヒューザーといえば耐震偽造をやった建築会社だったっけ?
ずいぶん前のことで忘れてしまいました。


そして今もまた新たな偽造であふれている建築業界の話。



旭化成株急落 住宅事業のブランド低下必至
http://www.sankei.com/economy/news/151020/ecn1510200030-n1.html

子会社の旭化成建材によるくい打ち工事のデータ改竄が発覚した旭化成。不正の全容解明はこれからだが、業績への影響は避けられない見通しだ。

 旭化成の連結売上高は、平成27年3月期で約1兆9800億円。このうち建材事業は約520億円と、全体に占める割合はわずかだ。同社は石油化学や住宅、エレクトロニクスなど幅広い分野で事業を手がける。建材事業は安定的に収益を稼いではいるが、中核事業とはいえない。

 足元の業績は好調で、28年3月期の売上高は初の2兆円を予想。連結最終利益も3期連続の最高益を見込み、ただちに経営の屋台骨が傾く可能性は低い。

 もっとも、「補強・改修工事などに要する費用は全額を負担する」(浅野敏雄社長)としており、建て替えになれば数百億円の損失が発生する見通し。他の物件でも改竄が見つかれば損失額はさらに膨らむ。




一応説明すると、横浜に新しいマンション建てたら地盤沈下でマンションが斜めに傾いてしまった。
その地盤の調査は全くやってなくて改ざんされたデータでもって大丈夫としていた・・・であってますかね。
マンションとか家とか買う気ないので、あんまり調べてませんでした。


旭化成っていえばへーベルハウスもここだったと思ったけど違ったかな。
この間の鬼怒川決壊事故で水害が発生したときに、へーベルハウスだけは流されずに立ち誇っていたというニュースを見たけど。
そのへーベルハウスはきちんとした基礎工事のもとに作られていたのだと思います。

つまり、やはり基礎工事をしっかりしないと建物はダメだということなんですね。
そこが旭化成の売りだったとして、その基礎工事を多分下請けにやらせた結果、偽装工事だったと。

偽装工事を請け負ったところの正体が知りたいですね。
IT業界もそうだけど、二次請け三次請けと続くにつれて会社の質は落ちていくので
最終的に請け負ったところがろくでもないところだったのが運の尽き。

そんなところにやらせた結果、会社が傾きかねない被害を受けたとあれば、
やっぱこの中抜きで儲けようとするシステムがだめだってことです。


ああ、IT業界向けに書いてますよw
ちなみに俺は二次受けの立場です。
いっちゃなんだが、問題のある社員ですのでw
日ごろ辞めてーなーと思いながら働いているので、どんどん仕事の質が下がる一方。
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5669-070f7059
トラックバック