RECENT ENTRY
5596:豊平川に散骨
2015.08.13
日記


comment(0)
trackback(0)
豊平川に散骨
昨日のハム速を見てて衝撃を受けた記事がありました。
鳩山が韓国行って土下座したという奴じゃなくてこっちので。

ソース元がここ。

お布施も墓も「低価格化」はもう避けられない
http://toyokeizai.net/articles/-/80199?page=2

永代供養墓を扱う寺院・霊園の紹介で先行したのはイオン(葬儀事業はグループ会社のイオンライフが展開)。2013年に始めた。その後、今年になってユニクエスト、みんれびの2社も本格展開している。

気になる価格はイオンとみんれびが3万5000円、ユニクエストは5万5000円。イオンとユニクエストの場合、自社の葬儀プラン(「イオンのお葬式」「小さなお葬式」)を利用していれば、さらに5000円割引となる。

3社ともに「追加費用なし」が謳い文句。埋葬料、永代使用料、永代供養料、永代管理料が金額に含まれているため、埋葬後に合同供養をしてもらうときもお布施は不要だという。



ざっくりいうと、10万円以下で葬式の実施から墓の管理までやってくれるという破格のサービスです。
イオンというだけでちょっと信用できないけど、やろうとしていることにはある種の感銘を受けた。


とにかく葬式はお金がかかると聞いてます。
坊さん呼んでお経をあげてもらうだけでも4~50万なんだっけ?

全部通して100万は最低かかるような感じだと思いますが
それの1/10の値段でやってくれるとあれば、現在の葬式ビジネスの価格破壊です。
仏教界は当然反発してますが、今まで競争相手もなく好き勝手に値段つけてやってたのだから
価格の見直しも入っていいのではと思う。

イオンみたいな安っぽい葬式を嫌がる人も当然いるだろうから
そういう人は今まで通りの葬式をやればいいわけですね。


というわけですが、もし自分が死んだ場合の葬式はどうしようかと一応考えてます。
前に直葬という記事をみたことあったけど、それで十分かなと。
自分が死んだところで悲しむ人もいないだろうから(いても少ないだろうから)
葬式は不要でさっさと焼いて川に散骨してくれればいいんじゃないだろうか。

その場合、多摩川か、自分は子供の頃に北海道で育ったから
豊平川という、鮭が産卵する川があるんだけど、そこにでもばら撒いてくれればいいような。
ばら撒きついでに札幌観光でもしてくれればいいと、そこの旅費まで用意しますw
COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://runark2.blog69.fc2.com/tb.php/5596-e9082892
トラックバック