FC2ブログ
RECENT ENTRY

→2020.04.06(Mon) 20:21:07 GWの徒歩の旅中止

→2020.04.04(Sat) 22:05:57 亀飼育321週間

→2020.04.02(Thu) 05:11:39 全世帯に布マスク二枚配布!!!!

→2020.04.01(Wed) 05:10:15 60歳で仕事辞めて年金もらいたい

→2020.03.31(Tue) 05:14:06 志村けん

6787:Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(6/8)
2019.05.11
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(6/8)
20190502060232_GFWE9762.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
5月2日、北海道徒歩の旅も五日目に突入。
この日は留寿都から定山渓を目指して歩きます。
一番距離があって、46.6km。
留寿都と定山渓の間には「中山峠」と呼ばれる峠があり、
ここが今回の旅の山場になるのでは?と考えています。
つまり、峠越えのためにきつい登り坂を登ることになるのでは?と。
昨日はその登り坂がきつくて結構時間がかかってしまったので、
今日もそうなる可能性があるかもしれない、ということになります。


ペンションは6時前に出たのですが、オーナーが出てこなかったので
何も言わずに出てしまいました。

出発時間はなぜか写真がなかったのですが、5:56になります。

昨日、ペンションに着いた後に雨が降り始めて
その雨は上がりましたが地面が濡れています。





20190502_定山渓a
地図一枚目。
なぜかyahoo地図になっています。
というのは、Googleの地図だと今日の終盤あたりのルートが
どうしても正しいルートにならず、53kmもかかるルートになってしまったためです。
この日は基本的に230号を歩いていくだけになります。




20190502062153_KKCJ7741.jpg
まず札幌までの距離。残り70kmです。
今日46km歩くとすると、定山渓から札幌までは24kmという計算になります。
明日はほぼボーナスステージみたいな距離です。

中山峠までは4.5時間もあればいけるっぽい。





20190502062754_FEUG0136.jpg

20190502063616_MFTX0865.jpg

20190502064542_VCEX4607.jpg
で、歩き始めたのはいいんだけど、下り坂なんですよね、いきなり。
後で登り坂があるんだから、下った分は登り返さないといけないのに
何で下るんだろう・・・と考えてしまう。

そして、ペンションを出る前にサンドイッチを食べて、
すでに3回トイレに行ってたのですが、ここにきてまた腹が痛くなってきました。
悲しいことに、令和最初に食べたカップラーメンで腹を下してしまったようです。
水下痢が出てたので、これは後々に響くだろうなあと思ったらその通り。




20190502065557_MTMO3976.jpg

20190502065624_HWDZ4259.jpg

20190502065840_CKXC0167.jpg
徒歩開始一時間目にしてコンビニがありました。
一応事前に調べてたけど、中山峠に入る前にあるコンビニです。
トイレするならここだと思ってました。
コンビニに入ったらすんでのところで他人に先に入られたので、
すぐ近くにあった公園のトイレで済ませました。
ただ、うんこが全部出切らない・・・。
これは5回目のトイレが必要になりそう。。。





20190502070800_EIBB1875.jpg

20190502071316_WRTY4744.jpg

20190502071442_PSRN0444.jpg

20190502072023_FTDM9940.jpg

20190502073140_TKKR8001.jpg
喜茂別町に入りました。
町なだけにそれなりに色々な店がありました。
セイコーマートの臨時店舗がなんか泣けたw




20190502074611_QYBT6235.jpg
喜茂別町から見たルスツの山です。
まあ、やっぱ綺麗ですよねえ。





20190502075333_HMWF2782.jpg

20190502075704_LSUW0791.jpg
この日は方位磁石を持ちながら歩いていたので、
多少は現在地がわかるようになっています。
地図一枚目が終わりそうなところで徒歩二時間経過。





20190502_定山渓b
地図二枚目。
北に向けて歩道のない道路を歩いていきます。
地図右上のうねうねしたところからが中山峠になります。





20190502082014_VSSY0914.jpg

20190502082233_TNGQ1636.jpg

20190502083154_PWBS9815.jpg

20190502083300_JOGQ1136.jpg
方角で北を目指して細い道路を通っていきます。
札幌まで60kmを切りました。




20190502084705_WLUV2133.jpg

20190502084937_AOGM7024.jpg

20190502084955_MNRH6614.jpg

20190502085640_KEPI5716.jpg

20190502085725_MUOQ6932.jpg
方角が東に向いたところで道路が広くなっていきました。
橋をいくつか渡ったところで徒歩3時間が経過。





20190502090610_OJLG8326.jpg
そしてついに「中山峠」の看板がでてきました。
ここまで一切登り坂はありませんでした。むしろ下ってたし。
なので、ここから先に登り坂が待ち構えていると思われます。





20190502091132_RSAX2388.jpg

20190502091949_FQFE1820.jpg

20190502092539_LWVA4732.jpg
言ってる側から「登坂車線」が始まりました。
これがあるってことはもう登り坂確定です。
途中にガードレールがぼこぼこになってて怖くなりましたよ。
歩いているときに車から追突されたらいつでも即死できるからなあ・・・。





20190502093041_DGJO4504.jpg
じゃあがんばって坂を登るかーといったところでアクシデントが。
予言した通り、5回目のうんこがしたくなってきました。
我慢できなくもないんだけど、どうしようかなあと思ってたところで
橋に差し掛かりました。
橋を渡っている途中で、橋の下にいけることがわかり、引き返しました。

ここでやるしかない・・・と。





20190502093558_CJDX6644.jpg
というわけで、令和発の野グソをここでやってしまいました。
ただ、この判断は結果的に正解でした。

というのは、ここから先、中山峠を登り切ってサービスエリアがあるところまで
一切身を隠す場所はありませんでした。
つまり、途中で本当に漏らしそうになっても隠れる場所がないため、
車から丸見えの公開処刑状態で野グソをする羽目になるところだったという。


ここは完全に車からは見えないので、問題なく済ませました。
やっぱ今回の旅で野グソは避けられないと思ったよ。
腹の管理は難しい。




20190502095634_EUQE0549.jpg

20190502095703_QVSE1938.jpg
トイレを済ませ、地図二枚目のうねうねしているところを歩き始めたところで、
徒歩開始4時間が経過。





20190502100136_OKFW6210.jpg

20190502100737_AJQB0875.jpg

20190502101743_EWRT0354.jpg

20190502102434_UICJ6357.jpg

20190502102626_RTQQ4501.jpg
中山峠を登っていきます。
そんな急ではなく、むしろ緩やかなんだけど、着実に登り坂を登っていきました。
また、途中から霧雨ぶいた雨が降ってきたので、リュックにカバーをして
傘をさして歩いていきました。
うねうねした部分の半分を登ったところでトンネルに突入しました。





20190502103138_GMVC7629.jpg

20190502104201_WISZ7326.jpg

20190502104828_GUZC5841.jpg

20190502105434_HORI8817.jpg
トンネルを出ると登坂車線が終わり、サービスエリアに到着しました。
どうやら登り坂を登り切ったようです。
二時間弱は登り続けたことになるのですが、ぶっちゃけ大したことがなかったです。
昨日の裏道の急勾配の方がもっと大変だった。

とりあえずサービスエリアで休憩しました。
昨日、セイコーマートで買ったピザパンを食べました。




20190502105754_NEIQ4676.jpg
そして出発すると札幌市入りしました。
定山渓って札幌市なんだな。



20190502_定山渓c

地図三枚目。
望洋中山と書かれているところが中山峠のてっぺんです。
そこから札幌市入りします。




20190502110736_LWJV2914.jpg

20190502112122_HNOM0175.jpg

20190502113355_QRFO7476.jpg

20190502114152_BBBN6964.jpg
登坂車線を登り切ったことで、ここから先は実はずっと下り坂でした。
つまり、中山峠を頂点として、留寿都からきた自分としては、
以後、札幌までずっと下り坂ということになります。
むろん、留寿都にいくまでののぼりが大変だったわけですが、
札幌から中山峠を目指した場合、ずっと登りだから、
多分そっちの方が大変だと思いました。





20190502114623_DOJF7954.jpg

20190502115629_RMQE3414.jpg

20190502115705_SGUR2536.jpg
札幌市まで41kmのあたりで徒歩開始6時間経過。
残り40kmとか、もうゴールしたような距離ですね。
つまり、この時点で函館から200km歩いたことになります。


3年前に盛岡⇒青森を5日200km歩いた時は大変だったけど、
あれを越えてしまった・・・。





20190502120843_LBWI7233.jpg

20190502120856_SGLV9230.jpg

20190502121123_MZIX6380.jpg
地図三枚目に書いたトンネルのあるところです。
定山渓トンネルというのですが、足場が非常に狭くてかなり歩きづらかった。
バランス崩して車道に降りてしまうほどでした。
この時に車がきたら危ないので、かなり注意を払って歩いてました。




20190502_定山渓d

地図四枚目。
トンネルを出たら、ちょっとうねうねしたらところをトンネル地帯をぬけ、
あとはひたすら北へむかって歩いていきます。





20190502122204_KHXH2036.jpg

20190502122337_XWYA6932.jpg

20190502122849_TOBM8769.jpg

20190502123302_RRHP5257.jpg
そのうねうねしたトンネル地帯です。
洞門とトンネルを越えていきます。





20190502123448_HNAP8795.jpg

20190502124505_SOPD7524.jpg

20190502125527_GFJY4738.jpg

20190502125549_XKCB4886.jpg
トンネルを越えたら下り坂が続いて歩いてて楽でした。
徒歩開始7時間が経過。
定山渓に着くには8時間超えそうですが、
当初は中山峠がきつくて9時間行くんじゃないだろうかと考えていたのが
予想外に楽だったので、9時間以内にゴールには着けそうです。





20190502131014_JOCQ5515.jpg

20190502131527_NSPO7157.jpg

20190502132140_PKMV5290.jpg

20190502132544_HOTU1529.jpg

また直線じみたところをひたすら歩いていきましたが、
さすがにもうなんとも思わなくなりました。旅前半の直線地獄で鍛えられたわ。





20190502132950_DVMB6714.jpg

20190502133746_CNNS2671.jpg

20190502134601_WSLV7646.jpg

20190502134947_WFTD6955.jpg

20190502135620_FIUI8110.jpg

20190502135707_FNOR2717.jpg
直線道路になった時に時速6kmは出てたと思います。
思いの外早く定山渓の町に入ることができました。
徒歩8時間経過。





20190502_定山渓e
地図五枚目。
もう定山渓の町に入ったので、後はホテルにいくだけです。





20190502135914_UXFD4698.jpg

20190502140245_CVKX6314.jpg

20190502140351_SCXM6222.jpg

20190502140512_NSYU6491.jpg

20190502140730_AWJE6308.jpg
宿泊するホテルにいく途中までの道。
こいのぼりがたくさんあったりしたのですが、
びっくりしたのはファミリーマートでした。
今回の旅で函館からここに来るまで、ファミリーマートは見たことがありませんでした。
この定山渓が初のファミマということになります。

セブンとローソンはそれなりにあったし、セイコーマートもあったけど、
ファミマが一番がんばってないのですかね、北海道では。




20190502140924_UGKX2322.jpg

20190502140956_SPBC0868.jpg
というわけで、ホテルに着きました。
すげー早い。
46.6kmを8時間12分で歩きました。
途中、2回のトイレと1回の休憩で30分はロスしたので、
本当ならば8時間以内にゴールしたことになります。

予想外に早く着きすぎてしまった。




20190502142731_KORY8704.jpg
この日泊ったホテルは、あの「定山渓ビューホテル」です。
はっきり言って一人で泊りにいくホテルではないのですが、
ネット予約できるのがこのホテルしかありませんでした。
宿泊料は14800円www
過去色々旅した中でも最高金額です。

ホテルの中はもう家族連れでいっぱいでした。
どう考えても自分だけが異質だった。。。。



とりあえずチェックインを済ませ、来ている上着を手洗いで洗濯しました。
書き忘れてたけど、ペンションに泊った時も上着は手で洗濯しています。
もともと速乾性の上着を着ているので、
洗って絞ってハンガーにかけて干しておけば一晩で乾きます。

パンツと靴下はそういうわけにはいかないので、替えをたくさんもってきています。
ズボンも一晩では乾かないのでそのまま。
明日、札幌のコインランドリーでまとめて洗います。


洗濯した後は大浴場にいって汗を流してきました。
色々な風呂があってよかった。

そして、このホテルでは晩飯と朝飯付きなので
晩飯を食べに行きます。




20190502172138_LIWH7706.jpg

20190502172138_OEQTE7407.jpg

20190502172138_QAMME9622.jpg
晩飯はすげー広いフロアでのバイキング形式になってました。
今日まで夜以外はパンひとつずつという小食な生活を送っていたのですが、
ここにきてバイキングとかやられると喰うしかありません。
カニとかステーキとか寿司とか食い放題とあれば喰いまくるしかない。
ガチで食べまくりました。

食べて食べて食べたので、小食だったせいもあって
一気に腹が膨れて苦しいことになったという・・・。

いやーでも、14800円も払ってバイキングだったら
太るとか気にせず食べまくるしかないよな。

喰いすぎたせいで、明日札幌まで歩く途中で
絶対うんこしたくなるだろうなあ、という予測だけはたってしまいましたが。。。




20190502174815_ROZG5246.jpg

20190502175017_PELC5114.jpg

20190502175035_QNXK1873.jpg

20190502175828_FGJC8964.jpg

20190502180655_CZNH2771.jpg
晩飯を食べたあとは、同じ階にあるゲームコーナーに行きました。
いいですねえ、こういうホテルにあるゲームコーナーは。
絶対レゲーがあります。

ワニワニパニック、アフターバーナークライマックス、タイムクライシス2を遊びました。
この中で、ワニワニパニックは製造元がなくなってしまったので、
故障したらもう最後かもしれないという貴重なゲームになっています。
邪道の両手戦法を駆使してハイスコアだしておきましたよ。
タイムクライシス2はやったことがなかったので初プレイで二面で死亡。
一面中ボスでダメージ喰らいまくったよ。




20190502162313_SLUJ6756.jpg

あとは部屋に戻って酒飲んで、いつものフェルビナクを貼って就寝。
札幌まであと26km。この時点で214kmは歩いたことになったと思います。
足はまだまだ全然歩けます。
適切なスピードで歩いているのと、足そのものが鍛えられている成果かもしれません。


・・・つうか、↑このスーファミが気になりましたね。
今のこの世にスーファミで遊べる有料サービスっていつの時代だよと。
この定山渓ビューホテルもかなり長いこと営業しているようで、
自分が泊っている「旧館」と「新館」が別にあります。
スーファミがあるってことで、25年くらい前からのものかなと思いました、これ。
今思えばやってみればよかったと思った。





AYHME4314.jpg
この日の歩数グラフ。
中山峠のあたりで歩数が落ちてますが、のぐったのと休憩したためですね。
後半の直線道路でスピードがでてたと思います。
やはり、中山峠が思った以上に大したことなかったのが大きいです。
予想より早く歩けてしまった。



以上、北海道徒歩の旅、5日目終了。
6786:Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(5/8)
2019.05.11
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(5/8)
20190501055436_JHFJ8976.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
5/1、早朝の長万部町です。
ついに元号が令和になりました。
令和発の徒歩の旅ということになります。

さて、長万部駅から昨日のゴールである礼文駅に移動します。
長万部駅(06:31発)→礼文駅(06:52着)




20190501065426_FBQA8316.jpg

20190501065426_PSAD1267.jpg
さてこの日ですが、かなりショートカットをとって留寿都(るすつ)村に行きます。
そこで、初のペンションでの宿泊となります。

昨日までは直線道路の地獄を味わってましたが、
今日からは坂地獄が待っています。
単純に留寿都はスキー場があるので、標高が高いのです。
だから、登り坂を登っていかないといけなくなります。

この日は42km歩く予定ですが、もう電車の発車時間に悩まされることはないので
自分のペースで歩いて行けます。

6:53スタート。





20190501_留寿都a
地図一枚目。
礼文駅から大岸駅を経て国道37号に復帰し、
豊浦駅の前で「裏道」に入って、一気に登山開始というルートです。
この「裏道」というのが曲者ですね。
実際、どんな道かわかりません。。。




20190501065754_SSUX5264.jpg

20190501070046_QKPX0836.jpg

20190501070242_MDAE4057.jpg

20190501070436_NNFD6046.jpg

20190501070910_BPQQ7522.jpg
礼文駅から大岸駅までは海沿いに歩いていきます。
漁師の町なんですかね。
海にあるでかい岩にかもめがたくさん停まってて、なかなかの光景でした。




20190501071137_TSXA8619.jpg

20190501071454_VTMZ9815.jpg

20190501071640_IZTX6441.jpg

20190501071943_QIEQ8655.jpg
歩いていると「大岸キャンプ場」なるものがありました。
ぶっちゃけ何もありません。オートキャンプ場ではないのは確かだけど
自販機の類も何もなし。
一応トイレはありましたが、そのとなりにキャンピングカーが止まっているのを見ました。

そういえば、今回の旅ではキャンピングカーをよく見かけたと思います。
車そのものがキャンピングカーになっているものと、
普通の自動車がキャンピングカーをけん引しているものとの二種類ですね。
GWをキャンピングカーでキャンプ生活しながらまわるというのも乙な話です。

自転車乗りもいたけど、自分は自転車に興味はないのでパス。





20190501072153_EYGF5644.jpg

20190501073929_RDNR3726.jpg

20190501075438_AESU1306.jpg
大岸駅についたときに、ちょっとうんこが出そうだったので、
駅のトイレを借りました。
それで徒歩一時間が経過してました。時間ロスったが仕方がない。




20190501075901_NPRR9803.jpg

20190501080401_BZMB7104.jpg

20190501080913_RRDZ9489.jpg

20190501083236_VWMF1137.jpg

20190501083846_VEZJ4768.jpg
大岸駅を過ぎて国道37号に復帰。
短いトンネルが連続してありました。




20190501084708_ISOO5105.jpg

20190501084937_CVWZ8690.jpg

20190501085350_CIJL2654.jpg
このあたりでちょっと雨が降ってきました。
今回の旅、全体的に天気が良いのですが、山が近いせいなのか雨に降られたのかもしれません。
寒いのもあったので、ウインドブレーカーをとりだして装着。
リュックにもカバーをつけました。
そんなことやってるうちに二時間経過。時間ロスが多い。




20190501085733_LJFN2279.jpg

20190501085851_WSUP5810.jpg

20190501090525_JUCM1834.jpg

20190501090913_XVWP8723.jpg
いよいよ「裏道」に近づいてきました。
豊浦トンネルを越えると登り坂があるのですが、
とあるところを左折して裏道に入ります。



20190501_留寿都a2

ここは現地にいかないとどこで曲がればいいのかわかりませんでした。


で、その裏道に入ると・・・




20190501090915_HGLM9732.jpg
通行止めやんけ!

なんて裏道を示してくれたんだか・・・。
通行止めでも歩行者なら通れるってか・・・。

引き返して別の道を探すのも大変なので、当然ここを通りました。




20190501091237_SYBN4143.jpg

20190501091548_EKRQ4794.jpg

20190501092026_QMIG7096.jpg

20190501092513_DCDP6661.jpg

20190501092921_URFX7919.jpg
通行止めになってるから道が整備されてなかったのですが、
何よりもここはすごい急こう配な登り坂でした。
今回の旅でもっともきつい坂だった。
まあ裏道な時点でそんな予感はしてましたが、車両が通れたとしても危ないわ、ここ。
ガスもものすごかったですね。
さらに登り切った先では倒木もあって、なにげに乗り越えるのが難しかったという。




20190501092931_KUMC5733.jpg

20190501093234_THRZ1334.jpg

20190501094539_DBQM7702.jpg

20190501094835_RILC1836.jpg
通行止めの出口側を出て一般道に出ました。
そしたら民家がありました。
ていうか、親子連れをみましたよ。こんなところで生活してるんだなあと。




20190501_留寿都a4

裏道の激坂を登った先で285号に出ました。
しばらくはこれを通っていきます。





20190501095341_SLJR0345.jpg

20190501095402_FXZL7146.jpg
285号に入ったところで徒歩3時間が経過。





20190501095715_LPMS6613.jpg
285号を歩くか―っとなったところで「ふきのとう」を見つけました。
これって天ぷらにすれば食べれるんだっけ?





20190501100026_FKRR0484.jpg
札幌までの距離がでました。
98km。
国道5号とか歩いているときは200km以上あったけど、
一気に100kmは縮まった感じです。
留寿都⇒中山峠⇒定山渓⇒札幌というルートでいくのだけど、
これが最短ルートですね、やはり。




20190501100531_SPYX5664.jpg

20190501101516_CYYA8647.jpg

20190501102512_SLAL4302.jpg

20190501103451_TDVL1729.jpg

20190501104516_JVOT7355.jpg
この285号、地味に大変でした。
割と登り坂が多いのと、大きいカーブが多くて、インを歩いていかないと時間かかることこの上なし。
とりあえずこのあたりで地図一枚目は終了。




20190501_留寿都b
地図二枚目。
285号に入ってから230号に行くのですが、
この285号が異様に長く感じました。
いつ終わるんだ?というぐらいに。
実際長かった。




20190501105204_GVIJ9600.jpg

20190501105233_SWJS8178.jpg

20190501105249_VVVB9340.jpg
285号に入って一時間が経過。
なかなか終わりません。というより、現在地を見失ってました。
目印になるものが何もないからわからない。




20190501105620_PLPG5620.jpg
そして登り坂で地味に疲れたのと、腹が減っていたので、
この写真のところで腰を下ろして休憩しました。
とにかく230号に行きたいんだけど、あとどれくらい歩けばいいのかわからないのが辛かった。




20190501110714_VBAG5156.jpg

20190501111259_JNNF5276.jpg

20190501112246_EDYF6418.jpg

20190501112940_WNNW5195.jpg

20190501114103_USCN9448.jpg
まじで285号が終わらねえ・・・。
坂がほんとうざい・・・と、かなり苦しんでたところです。
直線地獄も嫌だけど、坂もやっぱ嫌なものです。




20190501114546_BOIP7131.jpg

20190501115135_CRQL0009.jpg

20190501115154_SSDP3338.jpg
やっと230号に入りました。
入ったところで徒歩5時間経過。
285号だけで2時間もかかったという。これは長い。



20190501115955_DXEF9177.jpg

20190501120422_KVST3670.jpg

20190501120455_VJXR7362.jpg
230号に入ると、南の方に見えたのが「洞爺湖」でした。
洞爺湖の方で宿泊して苫小牧から札幌を目指す、というルートも考えたことはありましたね。





20190501121024_FAEJ9799.jpg

20190501121816_TPPX2309.jpg

20190501122717_WAMK2733.jpg

20190501124735_RKDV2704.jpg

20190501125319_HXOY6267.jpg

20190501125410_RPCD3060.jpg
洞爺湖をすぎると、しばらくうねうねとした道が続きます。
それを歩いているうちに徒歩6時間が経過。
地図二枚目も終了。





20190501_留寿都c
地図三枚目。
うねうねしたところから留寿都村に入って、留寿都リゾートの前を通って
ペンションまで行きます。




20190501130521_JLTH7878.jpg

20190501131221_XKCH9182.jpg

20190501132402_FYXQ6401.jpg

20190501132847_PZJK8622.jpg
うねうねを通過して留寿都リゾート目指してひたすら歩いていきます。
途中の看板で札幌までの距離が減っていくのを見ると
やっとたどり着けるという現実感がでてきます。
残り80kmを切ると、いよいよゴールできるなあと思えてきます。
あと、明日の山場である「中山峠」の距離もでています。




20190501134040_TCII6395.jpg

20190501135321_ILXZ9653.jpg

20190501135401_KLIM7474.jpg
留寿都に入って自分がどこら辺にいるのかわからないまま
徒歩7時間が経過。
まあ、あと1.5時間もあればゴールできるくらいの距離だと思います。





20190501135646_MFJJ9714.jpg

20190501140546_KXAV1315.jpg
今日旅をしていて初めてのコンビニを発見しましたw
大岸駅でトイレしてからここまでトイレ無しだから恐ろしい。
まあ裏道とかならだれもこないのわかってたから
野グソし放題だったかもしれないけど。




20190501141001_MXZK8072.jpg
留寿都はペンションで予約とったけど、他に泊れそうなところは二つありました。
その一つがここ。
ゲストハウスというのがちょっと嫌だったので安かったけどやめました。
もうひとつは超高級リゾートホテル。
1泊3~4万もします。さすがにそれは無理だろうということで、
ペンションの予約が取れたのか割と奇跡だったりします。
まあ、今年の一月に予約取りました。それくらい早くしないと無理だったと思う。




20190501141143_YEHK4679.jpg

20190501141807_OMHV5285.jpg
八雲にもあった、北海道ならではだろうドラッグストアの「サツドラ」。
その先に道の駅があります。




20190501141914_MYFU4835.jpg

20190501141953_EIWD8769.jpg

20190501142051_HMJV7134.jpg
230ルスツです。
特に用がなかったのでスルーしてしまいました。
ただ、なんか指圧ポーズの銅像は気になったw
リンクを貼っておきます。

http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2442/





20190501142628_MNIX8787.jpg

20190501143429_TFPS8531.jpg

20190501143513_AHAN2287.jpg

20190501144125_RZSO8541.jpg
ルスツリゾート遊園地です。
ジェットコースターが今まさに発車というところを見てました。
結構スピードでてたなあ。





20190501144144_KTNW9671.jpg
ちなみにルスツの山はこんな感じで雪が残ってます。
あとでペンションに着いたときにオーナーから話を聞いた分では
ゴールデンウィークまではゲレンデでスキーをやってるそうです。




20190501144214_RISR2307.jpg
さっき書いた、留寿都で泊るかもしれなかった超高級リゾートホテルがこれ。
とても一人で泊れるところじゃないよな。。。




20190501144229_OPZC3426.jpg

20190501144340_DRYO5923.jpg
そのリゾートホテルの前にあるコンビニが二つ。
セブンイレブンとセイコーマートです。
どちらに行くかといえば、当然セイコーマートでしょう。
ここまでの旅で何度か見たけど、一度も利用してなかったので、
ここで使わない話はない。

セイコーマートでウイスキー、炭酸水、キレートレモン、カップス―ドル、パン3つを買っていきました。
パンとかはやはりセイコーマートでしか見たことのないものでしたね。
ちなみに24時間営業はやってないようで、23時閉店と書いてありました。
深夜営業とかルスツでやっても客こねーだろと思うんだけど、
ここで働いている人達の需要がありそうではある。




20190501145150_WDAN6245.jpg
買い物が終わったところで8時間経過。
今回の旅で初めて8時間オーバーしました。
285号のところで時間喰いすぎだなあ。




20190501145805_QYWF1140.jpg

20190501150415_BWSY9628.jpg

20190501150459_XFZC0093.jpg
コンビニからペンションまではちょっと道に迷ったけど15分くらいで着きました。
というわけで、礼文駅から徒歩8時間10分くらいでペンションに到着。

つうか、ここでいいのかわからなかったけど、人がいたので聴いたらここでよかったとのこと。
一人旅でくるから自転車の人かと聞かれたけど、
函館から歩いてきたといったら驚かれましたね。
まあ、普通そんなやついないか。




20190501151739_AVRY8187.jpg
ペンションは泊るの初めてだったけど、きれいなところでした。
風呂が自分の足を全開で伸ばせるほど広くてよかった。




20190502001024_IHZF6576.jpg
カップラーメンを作るにも湯沸かし器は一階の共有部屋のところにあって、
そこに自分とは別で一泊するお客の一家がいて、ちょっと居づらかったw
令和になってペンションで家族サービスとか、俺とは大違いすぎて泣けるwww

ただ、カップラーメンの旨さの前にそんなのどうでもよくなってましたが。
令和発の晩飯がカップラーメンってのが俺らしい。

ここで自分のことを話したり、ペンションオーナーの奥さんの話を聞いたりしてました。
留寿都というかニセコかな、外人がすげー増えてるって話。
スキー客で外人が増えているのは、ルスツやニセコの雪質が「パウダースノー」だからとのこと。
それこそ息を吹きかければ粉が舞うような雪質らしい。
それに惚れて、外人が永住しにくるんだという。
仕事はインストラクターをやってるのが多いそうです。
まあ、外人がパウダースノーを求めてやってきて、その外人の相手をするということでしょう。
そんなんで、ニセコはもう外人だらけなんだそうな。



20190501175722_ENQJ4552.jpg
カップラーメンを食べた後は、お酒も当然飲みます。
左の炭酸水がセイコーマートでしか売ってないものです。
まあ、普通の炭酸水だったけど。




20190501181503_PTDO6658.jpg
あとは足のケア。
明日は今回の旅での山場かもしれない、「中山峠」が待っています。
そのために足の疲れ、特に筋肉を地味に使う膝の裏の筋肉とか
重点的にフェルビナクを貼っておきました。

令和最初の徒歩の旅は登り坂で疲れたけど、
留寿都のペンションといういい場所で泊れたのはよかったと思います。





GWVGE8651.jpg
この日の歩数グラフ。
285号を歩いてて疲れて休憩したところで凹んでいますが、
全体的にこの日は時間かかったと思いました。
やはり登り坂が多いと疲れて遅くなります。


明日はいよいよ今回の旅での最大の山場が待ってます。



以上、北海道徒歩の旅、四日目終了。
6785:Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(4/8)
2019.05.11
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(4/8)
20190430073427_CIAW8602.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。

北海道徒歩の旅、三日目の開始です。
平成最後の日でもあります。

八雲駅から昨日のゴールである黒岩駅まで電車で移動しました。
八雲駅07:19発→黒岩駅07:33着となっています。

さて、今日のゴールですが、礼文(れぶん)駅となっていて、
距離は昨日より長い44.7kmです。

で、問題があります。
今日は礼文駅まで歩いたあと、長万部駅に戻って一泊するのですが、
その電車がなんと15:06発とかなり早いのです。
これを逃すと次は17:31発と、2時間近く待つことになる可能性があります。

7:34にスタートして15:06到着だと7.5時間以内にゴールしないといけない。
昨日は43.7kmを7.75時間で歩きましたが、
それより長い距離をそれより早い時間でゴールしないといけないということは
時速6km以上で歩かないといけないことになります。
時速6km歩きやれなくないけど、足を痛める可能性が高くなって
その後の旅路に支障をきたしそうで悩みどころです。


とりあえず道中歩いて15:06に間に合うかどうか考えて行動しようということになりました。


というわけで出発。
出発開始の写真撮れてなかったですが、07:34にスタートしています。





20190430_礼文a
地図一枚目。
見て笑っちゃうくらい直線道路が待っています。
これは最初から心がおれそう。




20190430073749_YDVL5070.jpg

20190430074009_JUKY5917.jpg

20190430074458_JFZA0357.jpg

20190430075801_HZSN2924.jpg

20190430080421_TDVU0412.jpg
歩いて30分の間の道路。
ほんと直線が酷いです。
次の国縫(くんぬい)駅まで、自分がどこ歩いているのか早速わからなくなりました。




20190430082036_OLFN2392.jpg

20190430083358_EMCI0827.jpg

20190430083503_ICTQ3981.jpg
バス停を撮っても現在位置はわかりませんw
とりあえず一直線に歩いて早くも一時間経過。
国縫駅はまだです。





20190430084912_MFBH7736.jpg

20190430085232_LEPN4331.jpg

20190430085419_XDGV9470.jpg

20190430085551_BWBJ4592.jpg

20190430085746_KVKC5082.jpg
長万部駅は近づいてきましたが、国縫駅はどこにも駅入り口の看板などが
見つかりませんでした。
歩いた時間的には1.5時間が経過しそうになってて、
もう通過したと思われます。





20190430091003_AVZG4610.jpg

20190430093224_JOJO6451.jpg

20190430093249_KCMS6508.jpg
結局、国縫駅が見つからないまま徒歩二時間が経過。
地図一枚目はもう終わったということにします。





20190430_礼文b
地図二枚目。
もう本当にやばいwww
なんでこんな直線なんだよ、ここ。
八雲からずっと直線じぇねえかwww





20190430094224_GIMV0471.jpg

20190430094649_ECVK5598.jpg

20190430094704_TXFF0690.jpg

20190430095050_XKPV3417.jpg
国縫駅はどこにあるかわからなかったけど、中ノ沢駅はありました。
これでようやく現在位置がわかりました。
一時間くらいで長万部駅に着きそうです。




20190430095418_IGRU4347.jpg
そして函館から100km地点を通過しました。
今回240km歩く予定ですが、まだ半分行ってないってことですやね。。。




20190430100044_HBTE9288.jpg

20190430100718_KEHG2878.jpg

20190430100959_TWEL7572.jpg

20190430101500_PUAQ0665.jpg

20190430101729_UMOI2315.jpg
いよいよ長万部駅に近づいてきました。
そして国道5号とはここでお別れになります。
ここからは国道37号を歩いていきます。




20190430102744_LPPF1191.jpg

20190430103125_XWVS9353.jpg

20190430103354_CCHI7120.jpg

20190430103411_VRMB2366.jpg
長万部小学校のあたりで徒歩3時間が経過。
うーむ・・・結構早いかもしれない。
少なくとも時速5.7km以上で歩いてる速さです。




20190430103811_KSFG4282.jpg
長万部駅です。
礼文駅まで歩いたらここまで戻ってきます。




20190430104008_QXTS3150.jpg
かにめし本舗。
長万部と言えば「かに」だそうです。
なので、「かにめし弁当」が売られています。

で、このお店、事前に調べていて、閉店時間がクッソ早いです。
16時半にしまってしまう。
すると、礼文駅に15:06までに着かなければ
かにめし弁当食べれねえってことで、先に買っていきました。





20190430104544_SOAI8578.jpg
今日泊まる宿の前を通過。
今回の旅では最も値段が安い宿です。3000円。
なので、最も泊まれるのか心配な宿です。
その話は後で・・・。




20190430104750_QABB8933.jpg

20190430104908_KTOU5808.jpg
国道37号がここから始まります。
そしてここからがまたすごい。




20190430_礼文c
地図三枚目。
国道37号に入ってからも直線地獄が続きますが、
静狩(しずかり)駅の前でついに直線が終わります。
礼文駅15:06着を狙うかどうかのターニングポイントとなる直線道路でした。




20190430105354_LMYB1230.jpg

20190430110720_XZNV8139.jpg
俺はどれだけ直線歩かなければならないんだ・・・と、途方にくれてますが、
距離の看板がでてきたので、ちょうどいいので今の時速を計ることに。
2km地点にいますが、次の3km地点までにかかる時間を計ります。





20190430111732_UOSK0532.jpg
10分後に3km地点に来ました。
ということは時速6kmで歩いていることになります。
これは、礼文駅15:06着を狙ってもいいかもしれない。
そう考え始めました。
が、今から時速6kmだと多分間に合わないです。
さあどうしよう。




20190430113320_GSKC7994.jpg

20190430113305_OHRH9256.jpg
とりあえず徒歩4時間経過。
あと3.5時間以内にゴールしなければなりません。
ぎりっぎりいけそうなところにいることがわかりました。




20190430113902_PBQK7471.jpg

20190430114701_AHRZ0017.jpg

20190430120543_LKJH8976.jpg
このあたりからちょっと小走りをまじえるようになりました。
ガチ走りはさすがに無理なので、10~20m走ったらすぐに歩いて息切れを整えるみたいな。
それを繰り返すことで時間と距離を稼ぐようにしました。
すると、



20190430121408_IBEW3384.jpg
1km9分になりました。時速6kmを越えています。
これを残り3時間でやれば、礼文駅に間に合うだろうと判断。
足を痛めないかが心配ですが、小走りを交えながら時速6km歩きをしていきます。




20190430123344_FYSB7047.jpg
徒歩5時間が経過。
37号に入って、1時間以上歩いてもまだ直線道路だという絶望。
そろそろ終わってほしい。
あと2.5時間でゴールできるのか・・・。




20190430123608_PEWS4997.jpg

20190430123954_RQBU2783.jpg

20190430124620_SNRW6074.jpg

20190430125342_QTVZ5511.jpg
ついに直線道路が終わりました。
実質八雲からずっと続いてました。
酷い道路だった。
車運転してる人も直線続きで暇してそうに思えます。
徒歩はスピードでないから延々と歩かされてほんと心折れました。

さて、ここから峠に入っていきますが、
あと2時間以内にゴールしないといけないので、
1km内で2回は小走りをするようにして先を急ぎます。




20190430_礼文d
地図四枚目。
この地図の半分くらいの地点で
徒歩開始6時間でないと、礼文駅15:06着は難しいです。




20190430125952_JGBN9384.jpg

20190430130854_XNCY5829.jpg
1km9分ペースを保っています。
時速6km以上は間違いないです。



20190430131605_QEOQ4430.jpg

20190430132330_FMPE3904.jpg

20190430132728_YACN2833.jpg

20190430133425_DUIE9186.jpg
そして徒歩開始6時間が経過。
地図四枚目で半分あたりの地点にいることが地形的に確認とれてます。
あと1時間で礼文駅へ続く交差点までいければ良し。




20190430133707_UPAD3809.jpg
登り坂でも走ります。
今回リュックが重いから走ると足の裏や膝に負担がかかってつらい。
痛めるかどうかの瀬戸際で小走りしていきます。




20190430134559_JVAX2900.jpg

20190430135229_FTBX4841.jpg

20190430140046_LCTI5720.jpg
坂を登るとトンネルが二つ。
一つは結構長いトンネルでした。
人が歩けるスペースがあるから問題なしでしたが。




20190430140301_MLNU0467.jpg

20190430141153_TAIQ2090.jpg

20190430141711_IQBW7688.jpg

20190430142531_VFHL6626.jpg
トンネルを出ると下り坂が続きました。
ヒャッハー!下りだー!と言わんばかりに走って距離を稼ぎました。
そして徒歩開始7時間前に礼文駅に続く609号に到着しました。
これは勝った!と思いました。
何度も息切れしながら走ったので本当に大変だった。



20190430142723_TJFV9449.jpg

20190430143206_UJDZ5623.jpg

20190430143944_KSQJ4967.jpg

20190430145047_XEVI0698.jpg

D5YSUYEUIAEcUvL.jpg

20190430145335_JDNY5125.jpg
609号に入ってから20分もかかりましたが、礼文駅に到着。
黒岩駅から7時間20分でした。
すげえ速い。よくがんばって走りました。
4/30は平成最後の日ですが、昭和生まれの男が久々に根性見せた感じでした。





20190430145445_TUZB8128.jpg
礼文駅の時刻表。
15:06を逃した場合は先にある大岸駅まで歩いたと思います。
距離的には4.6kmだったので、電車待ってる間に次の駅に余裕で着けるだろうと思った。




20190430150630_PBNG4575.jpg
電車が来ました。
ちなみに長万部からは室蘭本線になります。




20190430151437_MCHD0966.jpg

20190430151542_GKYY0392.jpg
礼文駅から長万部駅に向かう途中のとなり駅。
小幌(こぼろ)駅というのですが、ちょっとここで思い出しました。
ここってもしかして「秘境駅」じゃなかったっけ?

そう思って、とっさに写真を撮ったのがこの二枚。

実際その通りの秘境駅で、なぜかこの無人駅で降りる乗客がそこそこいました。
いわば乗り鉄かな?
何人か小幌駅で下車して電車は出発。

彼らはこの後2.5時間もの間、次の電車を来るのを待つことになります。

そういえば、国道37号を走ってたけど、小幌駅に通じそうな道はなかったような。
見落としているかもしれませんが、この駅にはどうやって歩いていくんだろうと思ってしまった。




OVOO7267.jpg
長万部駅に到着。
かなり早い時間に到着してしまいました。
まあがんばったからだけど。
さっき通過した怪しげな民宿に向かいます。




20190430155004_NNDT2686.jpg
で、着いたのですが、嫌な予感的中で、
宿主に今日予約したものだけど、と話したら、「え?そうだっけ?」とか言われてしまいました。
まじで知らなかったらしい。
スマホでメッセージを確認してたら、予約が来てるのを今確認したようでした。
ここの宿、Booking.comで予約したんだけど、
どうも予約すると宿主のスマホにメッセージが飛んでくるっぽい。
それを見てなかったそうで、自分だけでなく、5/2にも予約あることを今知ったとかで
かなり適当でまいりました。

幸い部屋はあったので無事泊まることはできたけど、あぶねえったらありゃしねえ。

台帳に名前を書いているときに北海道を歩いて旅をしているという話をしたら、
先日泊った客で、北海道の88か所の霊場を旅している人が泊ったという話を聞きました。


北海道八十八ヵ所霊場
http://srcc-ah.my.coocan.jp/syuin_tabi/00_hokkaidou/88reiba/88reiba.htm

自分のように歩いているのかどうかは未確認です。
もし歩いてまわっていたら自分以上にすごい人だなあと思いました。


で、泊まれたのですが、洗濯と乾燥ができるか聞いたら
家族の人が使ってる洗濯機&乾燥機を使えばよいとのこと。
ただ、家族が使ってるからそのあとで、ということで、
時間はかかったけど、一応洗濯はできました。
ただ、乾燥が弱すぎて生乾きになった。
部屋内でストーブ炊いて、それで乾かすことにしました。




QJSNE6231.jpg

JXYAE9249.jpg
そしてかにめし弁当。
正直、言うほど旨くなかったという・・・。



20190430175619_FNIE5606.jpg

20190430175652_QVRN8927.jpg
平成最後の日ということで、平成天皇の退位式が放送されてました。
平成最後に長万部の民宿かあ・・・。
壁が薄くてとなりの部屋のしゃべり声が丸聴こえで困ってましたね。
テレビの音も聞こえるだろうから音小さくしてたよ。
レオパレスに泊ってるみたいだったw



で、コンビニが近いので、早い時間に入ったこともあって、
トリスウイスキー小瓶を買って、炭酸水で割って全部飲み干しました。
翌日のパンも買って、んで、いつもの通りフェルビナクを貼って、キレートレモンを飲んで就寝。





JKFDE4910.jpg
今日の歩数グラフ。
後半二時間はがんばって走りを入れたおかげで、
44.7kmを7.4時間でゴールできました。時速6kmペースでした。
1km9分をやると8000歩行くんだなあと。

ただ、やっぱ足が壊れるかもしれなかったので、危険な賭けでもありました。
初日にやってたら多分だめだったと思う。
三日目で足の筋肉が旅用の筋肉になってきたからいけたのだと思います。



以上、北海道徒歩の旅、三日目終了。
6784:Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(3/8)
2019.05.11
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(3/8)
20190429063530_WIDA3685.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
北海道徒歩の旅、二日目になります。
八雲駅で一泊したので昨日歩いた森駅まで電車で戻ります。
なお、始発が7時台でかなり遅かったです。
その分朝はゆっくりできたけど。

朝5時に起きてコンビニで買ったサンドイッチを食べて、
ホテルを出発するまでにうんこを済ませておきました。
これをやっておかないと、歩いている途中でうんこしたくなってアウツです。
いや、けっこーガチで今回の旅はこれをやるだろうなあと思い、
食事量を減らしてうんこを減らそうとはしていました。





20190429075510_ERNK0201.jpg

20190429075536_WTCK8156.jpg
八雲駅 07:04発→森駅 07:54着
というわけで森駅に戻ってきてすぐ出発します。

今日のゴール地点は「黒岩駅」というところです。
八雲駅の二つ先の駅ですね。
距離は43.7kmはあるようです。
そして黒岩駅からまた八雲駅に戻って一泊します。

問題は黒岩駅発の電車が16:36発に乗りたいということ。
例によって本数が少ないのですね。
8時⇒16時半だと8.5時間以内に43.7kmを歩けばいいのですが、
時速5.5kmでも8時間でゴールできるから、そんな辛くはないはずです。





20190429075701_WQLT3439.jpg

20190429080435_SYCM4734.jpg

20190429081514_XDKS0880.jpg

森駅出たらすぐ右折、つまり西に向かって歩いていけば
国道5号に復帰できます。
あとはひたすら5号を歩くだけとなります。





20190429_黒岩a
地図一枚目です。
かなり長いです。歩き終えるのに3時間はかかるでしょう。
海沿いにひたすら歩いていきます。




20190429082005_BSFB1978.jpg
遠目に見えた距離の看板。
函館から45km地点です。
今日のゴールは88km地点かな。




20190429083023_DGMZ3335.jpg
最後まで5号は使わないけど札幌まで230kmは大変な距離です。
長万部までの距離は参考になりますね。通過しますので。





20190429083227_DHZX5511.jpg

20190429084131_WWWZ7298.jpg

20190429085015_MLCK7879.jpg
ところどころで歩道のない橋になってしまい、歩くの大変でした。
ここだとさすがに車に迷惑になるので、橋になったら走って急いで通過しようとしてました。




20190429085430_SEYJ6734.jpg

20190429085459_AGDR2675.jpg
森駅の隣駅である石谷駅に着く前に早くも一時間が経過してしまいました。
一駅の間隔が遠い。
実は三日目のことを考えると、できるだけ距離を稼いでおく必要がありました。
それは三日目の時に書くことにしますが、
森駅から一時間歩いても隣駅に着かないならちょっと厳しかったなあと思った。




20190429090045_GLMY8479.jpg

20190429090152_IXTJ6168.jpg
時間にして9時9分に石谷駅。
森駅から徒歩1時間15分くらいですね。
うーむ、やはり遠いか・・・。




20190429092505_JNZU6556.jpg
基本、直線の道路を歩いていきますが、たまにこんなカーブがあります。
カーブの先に見える陸地は、のちにそこを歩くだろうということになります。
ほんと、ずっとずっと先の方にある陸地はいずれ必ず歩くところで、
その距離の遠さに心がめげますw




20190429092911_HTKV1650.jpg

20190429093351_HXSV7699.jpg

20190429093740_AOQN1213.jpg

20190429094308_RFLL5425.jpg
看板がなかったけど、本石倉駅を通過しました。




20190429095429_PBDD7961.jpg

20190429095514_JCQZ7461.jpg
本石倉駅を通過して10分後に徒歩二時間経過。
とにかく直線道路が多くて嫌になってきました。。。



20190429100235_CXSI1693.jpg

20190429100413_AYIO3528.jpg

20190429101422_DEXT2826.jpg

20190429103046_TNWD8243.jpg

20190429103603_EZLW6886.jpg
まだまだ町自体は先だけど八雲町に入りました。
八雲は昨日も書いたけど、太平洋と日本海の両方に接しているってことで、
面積そのものは結構大きい町です。

そして、森駅を出てやっとコンビニを発見しました。
トイレは大丈夫だったのでそのまま通過しました。




20190429104405_QUCK4794.jpg

20190429104922_BHGH2921.jpg

20190429105410_VRVC7025.jpg

20190429105500_NGDD2406.jpg
どの辺を歩いているか微妙にわからなくなってきたところで徒歩三時間経過。
少なくとも地図一枚目は終えているはずです。





20190429_黒岩b
地図二枚目。
まだ八雲駅は見えません。
いまいち現在地がわかりづらいところを歩いてますが、
野田生(のだおい)駅があるあたりでどれくらい時間がたったかでわかるかも。



20190429110101_KWAP4306.jpg

20190429111233_BUBA7804.jpg

20190429111749_FZPS4063.jpg

20190429111903_GPJP1581.jpg
野田生駅に近づいているのはわかってきました。
函館本線をまたがる橋があったりで、大体位置はつかめました。

ほんと、代わり映えのしない道路をずっと歩いていると
自分が今どこを歩いているのか、本当にわからなくなるのです。




20190429113117_VDXP6782.jpg

20190429113352_ETNY5138.jpg

20190429113450_MDZV0604.jpg
電車の駅入り口の看板は見当たらなかったけど、
バス停より、野田生駅に着いたようです。
まだ徒歩四時間経過してないのに地図二枚目の半分は歩いていたことになります。
結構早いかもしれない。




20190429115319_DBUK7972.jpg

20190429115408_JKKM3809.jpg

20190429115422_IRYB4694.jpg
このバス停の小屋のところで徒歩四時間が経過したので、
ちょっと休憩しました。
ここまで何も食べてなかったので、すさまじい空腹です。
昨日買っておいたソーセージパンを食べました。
これを食べたら、以後夕食まで何も食べずに歩いていきます。
それくらい、腹に何もいれない状態で歩いて、なるべくうんこが出ない生活を続けないといけないのです。
さすがに夕食だけはしっかり食べたいけど。




20190429120434_HZQS4289.jpg

20190429120918_KGMM1858.jpg

20190429121018_MPIH1360.jpg

20190429121613_WVBA4112.jpg

20190429122804_GJBN5195.jpg
またうんざりする直線道路を歩いて、山越というところに着いて、
山越駅を通過しました。
地図二枚目が終わりました。





20190429_黒岩c
地図三枚目です。
いよいよ八雲駅を通過しますが、通過した後に異様にまっすぐな道路が続いているんですがががが・・・。




20190429123343_LVXN6794.jpg

20190429123943_BINP6379.jpg

20190429124318_JOZH2367.jpg

20190429125404_JFEO4897.jpg

20190429125502_QCTV0749.jpg
途中で「噴火湾パノラマパーク」の看板を通り過ぎて
徒歩5時間が経過。
あと3時間でゴールできそうです。

噴火湾パノラマパークについてはリンクを貼っておきます。
http://panorama.town.yakumo.hokkaido.jp/

実はここにはキャンプ場があります。オートキャンプ場。
北海道徒歩の旅はとにかく泊まれる場所を探すのに困っていて、
このキャンプ場にテント無しで行って、レンタルテントで一泊するのはどうかなあという計画も
立てたことがありました。
まあ、寝袋などが荷物になるので結局辞めましたが、
レンタルテントでキャンプ場で一泊というのは、悪い手段ではないかもとは思ってます。
いつかやるかも。。。





20190429130032_WBIU3573.jpg

20190429130213_MNKX7861.jpg

20190429131102_SBRE6467.jpg

20190429131852_ARIB5949.jpg

20190429132534_FZSI6309.jpg
やっと八雲駅を通過しました。
その前にケーズデンキがあって、ちょっと寄りました。
ていうのは、旅の時に持参している「ニンテンドー3DS」の充電ケーブルが
どうも断線しだしたようで、普通につないでも充電できなくなってきたためです。
旅に出る前に新しい買えばよかったと思ってたところで
ケーズデンキにないかなと思って寄ったのですが、ゲーム機関係の売り場がありませんでしたね。
単純に時間を無駄にしただけでした。
まあ、トイレと自販機は使わせていただきました。

3DSはどちらかというと充電池の方がやばくなってます。
今まで一日つけっぱなしで歩いても充電メモリは5/5の満タンだったけど、
今は4/5まで減るようになっていて、毎日充電が必要になってます。
まあ、8年も使っていれば電池も減るだろうとは思います。

一応調べてはいて、任天堂から充電池をネットで買って、
ニンテンドー3DSのねじを外せば、交換できるらしい。
問題はそのねじ回しがないことかな・・・。




20190429133430_PTOS1639.jpg

20190429134047_NVMH7517.jpg

20190429134616_QASS0959.jpg

20190429135242_SYYR1901.jpg

20190429135421_NNBG3456.jpg

20190429135458_PRDI4862.jpg
八雲駅を通過して、いよいよ直線道路に入ります。
森駅からもたまにカーブはあったけど、直線道路が多かったですが、
ここからはガチで直線ばかりです。
徒歩してる自分にとってはかなり心が折れる場面でもあります。

徒歩6時間が経過しました。





20190429140412_XEWZ7324.jpg

20190429140507_VCWL1798.jpg
途中にあった地図。
黒岩駅の近くには「奇岩」というのがあるようです。




20190429140808_BTXT9165.jpg

20190429141642_LRTE5012.jpg

20190429142553_OUDF0275.jpg

20190429142902_LWAD1408.jpg

20190429143143_QFIF3716.jpg
見てください、この直線っぷり。
まじで直線地獄。
いつまで歩くんだよと心をバキバキに折りにくることこの上ない直線道路を
粛々と歩いていきました。
まあ、歩くことに集中していれば、この苦痛も悟りの領域に達します。
無我の境地というか・・・。

一応、函館から80km地点に来たので、
ゴールが88kmくらいだとすると、1.5時間以内にゴールできそうです。




20190429143642_DXSF9109.jpg
直線道路を歩きすぎて地図三枚目が終わったのに気づきませんでした。
地図四枚目にある、山崎駅を通過。





20190429_黒岩d
地図四枚目。
山崎駅を通過して黒岩駅までいってこの日はゴール。
しかし直線です。八雲駅からずっと直線・・・。




20190429144255_GWZV0440.jpg

20190429145213_KOLL3119.jpg

20190429145229_NVSN9898.jpg
山崎駅を通過して徒歩7時間が経過。
8時間以内にゴールできるかも。。。





20190429150159_FQMN8608.jpg

20190429152309_ECTZ7984.jpg

20190429153204_NKJV0446.jpg

20190429153342_KDJH5999.jpg

黒岩駅に行く前に函館本線の線路をまたがります。
そのための橋を登ったところで、海岸近くで変なのを見つけました。
それが「黒岩奇岩」かもしれません。



20190429153804_JJSJ0655.jpg

20190429154028_LAWI9327.jpg

20190429154054_BPXC0214.jpg
そんなわけで、黒岩奇岩を見て少し歩いたら
黒岩駅に到着して本日のゴール。

森駅から徒歩7時間45分くらいでした。
43.7kmを7.75時間で歩いたら、時速5.6kmくらいでした。
途中の休憩で時間喰ったから時速5.7kmに届いてないというくらいで
歩く速さ自体は昨日とさして変わってないはずです。
この歩き方だと膝がぎりぎり痛めずに済みそうなので、
やはりいいペースかもしれません。




20190429155209_GLMX1385.jpg

20190429155521_PTHC4571.jpg

20190429160344_LSBO7931.jpg

駅すぐそばのナイスショップ加藤という店でビール買って
電車が来るのを待ちます。
乗り遅れたら二時間待ちは痛い。
もしそうなったら次の駅まで歩いて明日のための距離を稼いでたと思います。
本当は今日それをやった方がいいのだけど、
早く宿泊する宿にいって明日の準備もしたい。




20190429162920_UXGU8116.jpg

20190429163507_JUQB8730.jpg
電車が来たので八雲駅に戻ります。
実際ここまで歩いてきて、町として発展してるのは八雲だけだったと思います。
ここ以外はとても泊まれる場所がなかった。




20190429171007_VQNT5424.jpg
で、この日に泊る宿はここ。
昨日と同じビジネスホテルにすればよかったのですが、
1月にネットで予約しようとしたときに多分間違えてしまったと思います。
それか予約できなかったか・・・。

民宿なのですが、ここにはコインランドリーの施設がないので、
洗濯するのに困るのですが、実は八雲にはコインランドリーがあることを事前に調べてあります。





20190429171848_MSPU7870.jpg
それがここ。
洗濯&乾燥機が四つあって、一つだけ空いてて助かりました。
全部埋まってたら待たないといけないのが面倒だったので。
一時間で終わるので、その間に晩飯を食べに行きます。




20190429174131_GXHC3540.jpg
というわけで、八雲駅で連泊ってことで、晩飯も同じまるか食堂で食べました。
昨日食べた「二海カレー」には実はスペシャル版があって、それを注文。
そしたら、本当にカレーの海が二つに分かれたものが出てきて驚きましたね。
右のカレーは普通のカレーなのですが、文字通り二海になってて面白い。
とんかつが八雲の牛を使ったものだったかな、ちょっと他と違うらしいです。

そんなわけで二海カレーを堪能してコインランドリーに戻り、
その後コンビニで明日食べるパンとキレートレモンと酒を購入。

宿に戻ってフェルビナクを両足に貼って疲れをとりつつ21時就寝でした。





WJPYE1960.jpg
この日の歩数グラフ。
やはり休憩をとった四時間目が凹んでます。
あとケーズデンキに寄ったところでも凹んでる。
ここで時間ロスしなければ計算上、時速5.7kmで歩いたことになってたと思います。



以上、北海道徒歩の旅、二日目終了。