FC2ブログ
RECENT ENTRY

→2019.08.19(Mon) 05:19:27 煽り運転暴行指名手配犯逮捕

→2019.08.18(Sun) 14:57:51 亀飼育340週間

→2019.08.16(Fri) 05:17:22 支払い義務があるなら契約とは書かない

→2019.08.15(Thu) 05:23:17 札幌市南区

→2019.08.14(Wed) 05:20:02 名古屋 vs 愛知県

6847:Man vs Road(人間 対 道路) 鷹ノ巣山でサバイバル
2019.07.15
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 鷹ノ巣山でサバイバル
20190713065749_JLFD3949.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
7/13、7月の三連休ですが、奥多摩駅に来ています。
今回は久々に登山にきました。




20190713065810_FQDV1821.jpg
奥多摩駅からバスで「東日原(ひがしにっぱら)」のバス停まで行き、
そこから鷹ノ巣山の山頂を目指します。
今回この山を選んだのは「奥多摩三大急登」と呼ばれる場所があるからです。




20190713075247_UEBE7739.jpg
7時25分くらい発のバスにのり東日原に来ました。
登山口まで歩いていきます。そう遠くにはありません。
東日原から徒歩25分で奥多摩鍾乳洞があるそうで、そっち目的で来る人も多いようです。




20190713231420_NRVP9073.jpg
万歩計の時間の写真を撮り忘れてしまったのですが、
スマホのタイムスタンプより、この登山口の写真は7:56に撮ってます。
登山開始。

まずいきなり下り坂から始まります。
下った先に橋があり、ちょっとした登りをしつついくつもの橋と川を渡っていきます。
そうした先に登り坂がはじまり、急登になっていきます。


20190713231420_IRDD7917.jpg

20190713231420_RZAR6892.jpg
このでかい岩が「稲村岩」と呼ばれているそうで、
ここから先にある写真の看板までが「奥多摩三大急登」のようでした。
確かに結構きつい登り坂でした。
自分は最初はペースがわからず早く登ってしまう性質なんですが
ものすごく息切れしてしまいましたね。

で、ここから先、頂上までは下りが一つもなくただひたすら登っていきます。
なので、むしろここからが本当にきつかったです。
休める場所が全然なかった。



20190713091630_CDMQ7730.jpg
登った坂を上から撮った時の写真。
見て伝わるかわからないけど、これはこれで結構な急登でした。




20190713093151_AAEO1971.jpg
途中にあった大木。思いっきり倒木しててすごかったですね。




20190713095958_GWRY1390.jpg
多分、全体の2/3くらい登ったところにある看板。
「ヒルメシクイノタワ」と書いてありますが、何か意味あるのかな。
ここまで登るの大変だから、「ここで昼飯喰いたい」のことを言いたいんだろうか?
ここに来た時は9:59でした。



20190713094017_JOOI4019.jpg
元々天気は曇りでしたが、登れば登るほど周りがガスっていきました。
割と先がガスで見えなくなってた。
おかげで自分がいまどの辺いくのか「外の景色」で判断できないので
なかなか精神的にもつらいかもしれない。

実際、最初の三大急登でいきなり足をつかってしまったので
そこからは息切れしないような遅い歩き方に変えて
じっくりと登っていきました。
途中それでも二度休憩しました。その時に腹が減ってたのでおにぎりも食べてました。





20190713102514_BIWV2810.jpg
ヒルメシクイノタワから30分弱で山頂到着。
10:25でした。
7:56発~10:25着だと2時間半ですね。
多分コースタイムより早いです。




20190713102543_WCSS0975.jpg
ガスってるから景色は何も見えず。
本当ならここから奥多摩湖が見えてたらしい。





20190713104004_HXQV7783.jpg
山頂で飯。今回はカップラーメンではありません。
すでに炊いてあるご飯を袋に詰めてもってきました。
このご飯をクッカーに少しの水をいれて沸騰させつつ袋をいれて温めます。
水が沸騰したらご飯の袋を取り出して、お湯は別途にもってきてある
インスタントの味噌汁を溶かして飲みました。塩分がうまかった。




20190713231420_JFIOE3798.jpg

20190713231420_SLVSE1625.jpg
そしてそのあとに「いなばのタイカレー」の缶詰をクッカーの中にいれて温めます。
温まったらさっきのご飯をクッカーの蓋にあけてカレーをかけて・・・





20190713231420_RWQYE1498.jpg
即席カレーのできあがり。美味かった。




20190713110834_WYVW9738.jpg
下山します。同じコースを戻っていきます。
バスが13:25発だから2時間半以内に下山する必要があります。

が、急登な山だけに下りはかなり怖かったです。
それでなくても湿ってて滑りやすいから、神経使って下っていきました。




20190713114713_TWQC2801.jpg
登りの途中で見た倒木を下りで見た時のもの。
文字通り「根こそぎ」倒れてるんですね。
どんな力が作用したらこんな巨大な木が倒れるんだろう。



でまあ、下っていきました。
三大急登のところは柵のない細い山道だから
下りは特に怖かったですね。
けっこうガチで滑落してもおかしくない感じだった。


で、最初に下ったのだから、最後は当然登りになるので、
力を振り絞って一気の登っていきました。
すげー息が切れた・・・。




20190713130130_CDXZ4829.jpg
登山口に着いてバス停までの道の写真です。
13:01でした。
2時間弱で下山したようです。

バスも余裕で間に合って、奥多摩駅にはコンビニもないのでビール飲めないからと
そのまま普通に帰宅しました。
体重測ったらかなり減ってましたね。
登りも下りもものすごく汗をかいたので。
本当に額に汗して登ってました。だらだらと汗がでてきて帽子すげえ濡れてたという。



という感じで鷹ノ巣山と奥多摩三大急登を登ってきました。
三大のひとつとして必ず名前が挙がるのがこの鷹ノ巣山ですが、
残り二つはどうもはっきりしてないらしいw

個人的には奥多摩湖から行く御前山の山道も相当な急登で
三大急登の一つに入れてもいいなと思いましたね。
実際そういう意見もあるらしいです。
6801:Man vs Road(人間 対 道路) 男体山でサバイバル
2019.05.26
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 男体山でサバイバル
20190525080854_MTZT0647.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
5/25、朝8時、東武日光駅に来ています。

北海道徒歩の旅を終えて3週間は経ったので
今回は登山に行くことになりました。

かなり家から遠いのですが、百名山のひとつ、「男体山(なんたいさん)」に初挑戦します。
男体山には東武日光駅から東武バスに乗って
湯元温泉行の途中の「二荒山神社中宮祠」に下車します。


で、東武バスだけど、東武日光駅は始発ではなく、となりの日光駅が始発なので
そっちから乗った方が一番に降りれるんじゃないかと思って日光駅に移動。




20190525081422_VGFS7173.jpg

20190525081446_GHGS8703.jpg
8:37のバスに乗ればOK。
そして乗ったのですが、バス運転手がバス会社との無線のやりとりを聞いていると
東武日光駅から増発バスが出た模様。んで、それが先に行ったらしい。
日光駅から乗った方が損やんけ!

実はどうしても一番乗りで行きたい理由があるんですよ。
後で書きますが。




20190525091002_MOHE9137.jpg

20190525091022_UPLN1238.jpg

20190525091121_NAIP8116.jpg

男体山に行くには日光いろは坂を通る必要があります。
ここは坂が急で大変で有名な場所です。
自分もここを歩いてみたいなあと思ってましたので
実にいい「下見」ができました。

基本、歩道はないんだけど、チャリやマラソンしている人がいたので、
だったら徒歩でも大丈夫だろうという結論に。
いつか日光駅から徒歩で中禅寺湖まで歩いて、そこの先にあるキャンプ場にでも行ってみたいものですね。



バスですが、増発バスが先行してたけど、
中禅寺湖温泉のところで自分の乗ってるバスが入れ違いで先に行くことができました。
いつもそういうルールでやってるのかわからんけど、
始発バスの方が先に行くのが筋だよな。
もし増発バスが先に着いたらとんでもないことになります。



20190525093617_SJPA8897.jpg
「二荒山神社中宮祠(ふたらさんじんじゃちゅうぐうし)」に到着。
位の一番で神社に入ります。
実は登山するには登山所で記名と500円払う必要があるのです。
だから、もし増発バスが先に到着してたら、その手続きでものすごく待たされる可能性があった。
そこが心配だったけど、自分の考え通り一番最初に手続きすることができました。
あぶねえあぶねえ。


20190525093849_MFZH9980.jpg

20190525093916_GIAA3103.jpg

そんなわけで登山開始。9:38出発。





男体山

男体山はこんな感じ。
三合目まで普通に登って、そこから車道にでてしばらく歩くと四合目になり
そこから山頂まで一気に登ります。
下りがないのでずっと登り続けることになります。
ネットでみたら登り3.5時間、下り2.5時間の6時間というコースタイムでした。




20190525094147_EJTN2269.jpg

20190525103149_EGQK3685.jpg
男体山は木が少なくて、いわゆる木陰が少ないです。
大体終始太陽にさらされる中で登っていきます。
一応日焼け止めは塗っておきました。

三合目まで30分で登って、息切れ激しかったけど
車道に出たら平地になったので、そこで呼吸を整えました。



20190525101827_YCMR8951.jpg
んで、徒歩開始40分で四合目開始。




20190525103149_EGQK3685.jpg
そして六合目。
ここから急に岩場だらけになります。




20190525105814_XBUS5869.jpg
八合目までずっと岩場で、正直、ストックを持っていると逆に邪魔になってました。
それくらい、直に岩をつかんで登らないといけない場面が多くて大変。
おかげでここでスピードが出ないという感じでした。




20190525113022_QNFR2757.jpg

20190525120219_SLKZ7797.jpg
八合目から先でやっと岩場が終わるのですが、
今度は階段が待ってます。
階段も終えると最後は火山岩の砂利道が。
ここら辺で相当足が疲れていて本当に登るのがきつかった。




20190525120632_NYNL9088.jpg

20190525120708_AAYX0682.jpg

20190525120753_MALX4997.jpg

20190525120805_TEVJ7604.jpg

20190525120832_DLTQ8177.jpg

20190525120854_VFZV7391.jpg
9:38発で12:07着だと、2.5時間で登り切ったことになります。
コースタイムが3.5時間だったことをふまえると、1時間も短縮してるのだから
これは登るの早かったなあと思いました。
ペース配分がおかしかったのは確か。
おかげで足が疲れて六合目からの岩場で失速して
最後の山頂までも本当にしんどかった。
筋肉痛間違いなしで足を酷使してました。





20190525120932_VNWA5453.jpg
山頂から眺める中禅寺湖はとても綺麗でした。




20190525122603_AIME8221.jpg

20190525122736_ODMO7073.jpg

20190525123752_PTXB9846.jpg
昼飯はカップヌードルを食べました。
しかも、今は販売停止になってて普通には買えない「カップヌードル味噌」です。
わざわざアマゾンで探して買いました。

初めてたべた時はとても濃い味噌味だったけど、
山で食べた場合はその濃さをまったく感じなかった。
これは塩分ほしすぎて味覚がおかしくなったのか・・・。
それをふまえてもシーフードヌードルの方がやっぱおいしいかなあという感じでした。
おにぎりを食べてスープを飲むと旨かったし、
塩分そのものはとても旨かったでしたが。
山で食べるのはありといえばありだと思う。
普通に再販してほしいものです。




20190525125310_ACVI1155.jpg

20190525143951_HXZK9321.jpg

20190525144033_GKVX3553.jpg
下山開始。
途中の岩場が登りでは大変だったけど、下山でも大変だった。
やはりストックか邪魔だった。
ていうか、岩場を降りるのは結構危険なので、
ずっと神経を集中しており続けないといけないから、かなり疲れました。
つうか長かった。8合目⇒4合目に出るまでが異様に長く感じました。

そんで、1時間50分で下山完了しました。
結局、合計4時間20分で踏破完了したという。
これはけっこー早いんじゃないかと思った。


神社には自販機があったので、ゼロカロリーコーラを一気飲み。
クッソ旨かったですね。炭酸がのどにしみる。
水はカップ麺で使う分含めて2リットル持って行ったけど、ぎりぎりでした。
それくらい汗かいたとい思う。



20190525163232_BDYV2210.jpg

その後は14:54発のバスに乗って、混雑してたから東武日光までずっと立ちっぱなしは辛かったけど
一時間して到着。
鈍行で帰るの嫌だったから、JR日光8号という、東武線からJR線につながる特急に乗って帰りました。



20190525162039_OKIO8449.jpg
おまけで、家で飲むために「電気ブラン」というのを買いました。
ブランデーですね。実際飲んだら甘かった。


という感じでした。
登山はめったに行かないけど、行かないからペース配分が無茶苦茶で
すげえ早く登るけど、足の筋肉が疲れまくってひどいものでした。
翌日は余裕で筋肉痛でした。


まあ、それでも久々に登りがいのある山でした。
百名山を制覇したのも久しぶりだった。
6789:Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(8/8)
2019.05.12
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(8/8)
20190504_LBFV3536.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
北海道徒歩の旅の最終日です。
この日は12:16発のスーパー北斗に乗って帰るので、
それまでに札幌観光を済ませる必要があります。

朝飯食ってる時間ももったいないので、さっさとチェックアウトして
まずは地下鉄東西線に乗りました。





20190504_RRXU4044.jpg

20190504_AIID6673.jpg
そして次は地下鉄南北線に乗り換え。
札幌の地下鉄は、この電車の連結部分がやたら広いのが特徴ですね。
ドアとかなく普通に歩いて通れるのが良い。




20190504_MGEF3640.jpg
そしてとある駅で下車。




・・・というところで、札幌観光についてはシークレットとさせていただきます。

正直、札幌観光の話を書くかどうかは相当悩んだのですが、
やっぱネットリテラシー上の問題もあって、書くのはやめることにしました。

ぶっちゃけると、自分は東京生まれ・札幌育ちなんですよ。
なので、自分が札幌まで歩いたというのは、実は里帰りでもあったのですね。
何十年ぶりに戻ってきた我が故郷がどうなったか。

そりゃあもうたくさん見て回ったし写真も撮りまくりました。
が、それをすべて書くのは、自分の正体を書いてるようなものなので
それはどうかなあと。

まあ、こんなクソブログを真面目に読んでる人間もいないだろうし、
それこそ、自分の少年時代を知る人間が読んでるとは思わないけど、
それでもリスクはとりませんでした。



つうわけで、観光の話は無し。
↑に貼った写真が最大のヒントだと思ってください。
札幌の人間ならどこで降りたかわかるだろうし、
そこからいろいろ推測することも可能な情報です。



つうか、なんかもう町が変わりすぎて
とても故郷とはいえるようなものではありませんでしたね。
どちらかというと、喪失感の方が強かったです。
俺は240km歩いて、もっというと東京から札幌まで歩いて
こんなのを見に来たのか・・・と、悲しくなってしまいました。
母校だけは健在だったけど、他はあまりにも変わりすぎた。
もう俺の知る町ではなくなってしまった。
時の流れというものは残酷よのう・・・と思ったものでした。






20190504_JFFR2350.jpg
そんなわけで、朝7時から観光を始めて10時半まで歩きまわってました。
それを終えて札幌駅に移動。
昨日買えなかったキン肉マンの最新刊を買い、お土産も買いました。
今回、リュックにたくさんの荷物をいれて歩いていて
土産が入りきらなくなりましたね。




20190504_VMXQ8964.jpg
そしてスーパー北斗に乗りました。
朝から何も食べてなかったのでおにぎりとビールを買って乗車。
札幌駅から3時間かけて新函館北斗駅に移動します。
豊浦駅を通過したあたりから自分のしる景色が見えてきましたね。
留寿都に行くための「裏道」のあるあたりを遠目に見たりしてました。

ただ、座席が進行方向の右側だったのだけど、
どちらかというと左側の方が自分の歩いた痕跡を見ることができる場所が多くて
ちょっと残念でした。
えきねっとで「窓際」で予約したけど、具体的に座席までは指定できなかったので仕方なし。

あと窓際だったけど、「コンセント」がありませんでした。
スマホの充電がしたかった。




20190504_RTWQ9234.jpg
新函館北斗駅に到着。30分だけ待って新幹線に乗って東京に帰ります。
噂だと、北斗市だから北斗の拳にちなんだお土産があるという噂だったけど、
駅内の土産屋が小さすぎてそんなものはありませんでした。




20190504_IKMW2384.jpg
そして新幹線乗車。
いつものようにウイスキーを飲んで酔っ払いながら帰っていきました。
なお、酔いすぎていつも持っている「小型のMP3プレイヤー」を新幹線に落とした!と
帰宅した後に大騒ぎしてました。
東京駅に電話して落とし物がないかと聞いたりもしました。

が、結局家にあったという。
イヤホンといっしょにポケットにしまったはずだから
プレーヤーだけ落とすってのがありえないと思ったんだよな・・・。

なんかこの前も和歌山から帰るときに酔っ払いすぎて記憶がなかったりもして
飲んで帰らない方がいいような気がしてきましたね。




以上、北海道徒歩の旅は終了です。
最後だけ手抜きというか秘密にしてしまいましたが。



今回の旅で、北海道を歩いてしまったので、もう関東から北は
一応制覇ということになってしまいました。
33都道府県を歩いたので、残りは14都道府県です。
山陰地方・四国地方・九州地方・沖縄。


最後の感想としては、やはり、計画通りにいったというのは我ながらすごいなと思いました。
今年の1月に立てた計画の通りに歩いて・電車に乗って・ホテルに泊まってと、
寸分の狂いもなかったです。
それを成し遂げた自分の歩行力に万歳でしょうか。
6日で240km歩いたという記録は自己最高記録です。
これを塗り替えるのは、同じくらいの連休が必要なので、そうそうは難しいなと思いました。

自分も若くないので、歩けるうちにいろんなところを歩いておきたいものです。


以上。
8日分、きっちり書き終えました。
さすがに疲れたw
6788:Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(7/8)
2019.05.12
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(7/8)
20190503065702_ONAH4431.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
北海道徒歩の旅もいよいよ佳境。本日ついに札幌に到着します。

まずは朝食。バイキング形式でまたも食い放題だったのですが、
これから歩き出すというのに爆食いすると、途中絶対に腹を下すのでほどほどにしておきました。
それでなくても昨日は爆食いしてしまったので。

ホテルを出る前になるべくトイレでうんこをしてたのですが、
残念ながら全部でてこないので、またこれ、途中でトイレが必要なやつだ・・・ということに。
出発前に地図を調べるのですが、少なくともコンビニは徒歩開始して一時間以内のところにはありません。
一時間以上我慢できればいいんだけどなあ・・・と思いつつ、出発しました。





20190503065702_AVRN9044.jpg
7:55出発。札幌駅までは約26kmなので、5時間以内にゴール可能。
たった5時間でいいなんて、ボーナスステージみたいなものです。





20190503_札幌a
地図一枚目。
ひたすら東に歩いていきます。





20190503080235_TSNX7595.jpg

20190503080521_CIIK9809.jpg

20190503081223_TCPJ9586.jpg

20190503081612_OQDH9271.jpg
徒歩開始。すぐトンネルがあるのですが、それをくぐると
札幌まで26kmが確認できました。





20190503082933_AIKA8276.jpg
20190503084105_NWUT0804.jpg
んで、早速腹が痛くなってきました。
予想通りすぎて泣けてくるけど、トイレを探さないといけません。

そこに奇跡的に公園が現れました。

小金湯さくらの森
http://www.mit-ueki.com/koganeyu_shisetu.html

ここにトイレがあって事なきを得ました。
もうこれで怖いものは何もねえぜ!ってことで歩行スピードを上げていきます。




20190503085607_GOKG7919.jpg

20190503085634_CCTQ4373.jpg
トイレ行ってたせいであまり進んでないけど、徒歩一時間が早くも経過。
あと4時間以内に札幌到着です。




20190503090612_TQBC1979.jpg

20190503090828_SCYI7868.jpg

20190503091134_GYQL7444.jpg
歩いていると、もうひとつトイレが使える施設がありました。
施設名忘れたけど、24時間使えるトイレだったかな。




20190503092819_XVGY3806.jpg

20190503093029_NXBZ2208.jpg

20190503094202_LISG0332.jpg

20190503094659_PUUG2050.jpg

20190503095607_QDQX6068.jpg
歩いているとセイコーマートが見えてきました。
ホテルからけっこー歩かないとだめだったですね。
公園のトイレがなかったらのぐってたかもしれない。
場所的には「藤野」というところらしいです。
徒歩開始二時間が経過。





20190503095620_INTZ6008.jpg

20190503100418_FWKX1058.jpg

20190503101023_WWXD2002.jpg

20190503102015_OCEA0767.jpg
先に進むといよいよ札幌市内に入るための川を渡るための橋のルートがでてきました。
地図一枚目はこれで修了。





20190503_札幌b
地図二枚目。
川を渡って札幌市を歩いていきます。
この地図を作っているときは「藻岩山ロープウェイ」に寄り道しようかなと考えてましたが、
結局そこにはいってません。230号をひたすら歩いてました。





20190503102811_TNMJ0228.jpg

20190503103004_AMJW7891.jpg

20190503103631_NNUQ0360.jpg

20190503104425_GAPB3831.jpg
札幌市を流れる川である、豊平川を渡って札幌市内に入りました。
あと10kmです。いよいよ旅の終わりが近づいてきました。




20190503105409_SVDL9290.jpg

20190503105426_FMCL9356.jpg
あと9km地点で徒歩3時間が経過。





20190503105802_VJYN6743.jpg

20190503110040_OZDP5095.jpg

20190503110353_KMPR7331.jpg

20190503110720_KDXD4026.jpg

20190503110850_PNHW4666.jpg
藻岩山への入り口かな。
ここから見える札幌の夜景は日本三大夜景と呼ばれているそうです。
冬になるとスキー場もあるし、行ってみようか迷ったところです。
結局行かなかったけど。

このあたりで地図二枚目終了かな。






20190503_札幌c
地図三枚目。
もう札幌市にゴールしてしまいます。
札幌市って実は小さいんですよね。





20190503111345_XHHM1064.jpg

20190503111740_USSA6171.jpg

20190503111824_XUXM3860.jpg

20190503112407_JAZF3127.jpg

20190503112619_ODMA7473.jpg

あと何キロの看板の数字がどんどん減っていく様が
旅の終わりのカウントダウンになってきています。
まじで240km歩いた旅が終わってしまうのか・・・と思うと、
何か物足りなさを感じていました。
まだまだ全然歩けるからです。
それくらい今回の旅は足の持ち具合が良かったですね。
盛岡⇒青森の200km時は、最後青森駅に着いたときは
結構足がぼろぼろになってたのに。




20190503113419_TUTK0667.jpg

20190503114126_YBGM0747.jpg

20190503114149_DOEN9653.jpg

20190503114416_FABB6055.jpg

20190503115449_KXMK1155.jpg

20190503115506_HOSR1305.jpg
あと3km地点で徒歩4時間が経過。
途中、市電が走ってるのを見ました。
札幌市では市電が走っているんですね。
藻岩山ロープウェイも市電で最寄り駅で行けたような。




20190503120853_MPLE8559.jpg
今まで230号を歩いていて札幌まであと何キロの看板がありましたが、
残り3キロから先になってのあと2キロの看板がありませんでした。
そうなると、230号をもう使わなくてもいいかなと思ったので、
ちょっと寄り道しながら札幌駅に行くことに。



20190503121308_USHO7628.jpg

20190503121454_UQHA0164.jpg

20190503121612_VWJN7581.jpg

20190503121706_MAAO2352.jpg
私鉄の地下鉄で西11丁目という駅から大通り公園に入りました。
札幌では有名な公園です。
冬になると「札幌雪祭り」の会場として使われ、さまざまな雪像が作られることで有名ですね。
ちなみにその雪像を作ってるのが札幌在住の自衛隊員らしい。

この大通り公園には、札幌版東京タワーともいえる「テレビ塔」もあります。
そこまでいくつもりはなかったので望遠で写真を撮りましたが。





20190503122628_MNOK9793.jpg

20190503123224_CEWQ3043.jpg
札幌駅の近くで見れる名物的な建物をいくつか。
札幌時計台と赤レンガ庁舎ですね。





20190503123601_CKPF2705.jpg

20190503123737_UOXN2644.jpg

20190503123758_DOLK0511.jpg
そしてついに札幌駅に到着。
定山渓ビューホテルから徒歩4時間42分でした。

これにより、今回の北海徒歩の旅は完歩完了。
函館フェリーから札幌駅までの距離約240kmを無事歩ききりました。
ちくしょう!あるいたぜ!



いや、まじでよく歩いたけど、まだまだ歩けるくらい足が残してあるのが今回のすごさだと思います。
成長したなあと思ったものです。

さてこの後ですが、ホテルに行く前に札幌駅のビルの中にある三省堂書店に行きました。
キン肉マンの最新刊が5/2に発売されているのでそれを買うためです。
が、なぜか売ってませんでした。
店員に聞くと、北海道は入荷が遅れるんだそうな。
明日なら入荷してるかもということでした。


しょうがないので、今日泊まるホテルへ移動。
途中通過した、「西11丁目駅」に地下鉄を使って移動しました。
そしてホテルに着いたのですが、
当然ながらあまりにも早く札幌駅に着いてしまったので、チェックインできませんでした。
15時からなら入れるとのことで、それまで時間をつぶす必要があります。





20190503134503_GFBF2319.jpg
その辺はすでに考えていて、ホテルの近くにあるコインランドリーに行きました。
ちゃんと計算してホテルを選んではいます。
ここで留寿都・定山渓と洗濯ものがたまっているのを一気に洗ってしまいます。
もちろん乾燥機での乾燥も。




20190503135726_KSNI8846.jpg

20190504055218_ORXLE0610.jpg
待ってる間が暇なので、ラーメンを食べに行くことにしました。
ここも下調べ済みで、いくつか候補があったのですが、
結局コインランドリーから一番近かった、この「味噌吟」という店で食べました。
「味噌ラーメン極み」を食べました。
味が安定の味噌ラーメンで旨かったですね。

食べ終わったあとに洗濯が終わってたので乾燥機にいれて30分ほどコインランドリーで待ってて
それが終わったころには15時だったのでホテルのチェックインをしました。
早速風呂に入って適度にまったりしたあとに晩飯を食べに出発。




20190503163545_FGPS3537.jpg

20190503163939_XMST0421.jpg

20190503164426_FWRX9861.jpg
晩飯ですが、何を食べるかはあまり考えてませんでした。
ラーメンでもよかったけど、さっき食べたしなあってことで、
札幌と言えば「ジンギスカン」が有名なので、スマホでちょろっと調べてお店探し。
すると、狸小路から外れたところにあるジンギスカン屋にいったら
めっちゃ行列ができてて驚きました。
これは無理だ・・・というか、一人ジンギスカンがそもそも難易度高いのでは?と思えてきました。

狸小路に戻ってどこか食べれるところがないかと探したら
一応見つけました。




20190503172313_PHFX5199.jpg
というわけで、一応ジンギスカンを食べることができました。
まあ、一人用のセット物だったので、たいしておいしくなかったのですがw


あとはホテルに戻って酒飲んでフェルビナクを貼って就寝。
ウイスキーは札幌到着記念で1000円近くする小瓶のを買いましたね。






XDUZE8040.jpg
この日の歩数グラフ。
トイレを済ませてからは最終日だからもう足を痛めても問題ないってことで
時速6km歩きをやってました。
結局、足は痛まないし余力残しまくりでした。

この6日間で歩数グラフとして記録されている歩数は
55321 + 56446 + 56726 + 56085 + 58239 + 38295 = 321112歩でした。
日常生活の二か月分は歩いた感じでした。



以上、北海道徒歩の旅、六日目終了。
6787:Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(6/8)
2019.05.11
Man vs Road(人間 対 道路)


comment(0)
trackback(0)
Man vs Road(人間 対 道路) 北海道でサバイバル(6/8)
20190502060232_GFWE9762.jpg
おはようございます、ルナ・グリルスです。
5月2日、北海道徒歩の旅も五日目に突入。
この日は留寿都から定山渓を目指して歩きます。
一番距離があって、46.6km。
留寿都と定山渓の間には「中山峠」と呼ばれる峠があり、
ここが今回の旅の山場になるのでは?と考えています。
つまり、峠越えのためにきつい登り坂を登ることになるのでは?と。
昨日はその登り坂がきつくて結構時間がかかってしまったので、
今日もそうなる可能性があるかもしれない、ということになります。


ペンションは6時前に出たのですが、オーナーが出てこなかったので
何も言わずに出てしまいました。

出発時間はなぜか写真がなかったのですが、5:56になります。

昨日、ペンションに着いた後に雨が降り始めて
その雨は上がりましたが地面が濡れています。





20190502_定山渓a
地図一枚目。
なぜかyahoo地図になっています。
というのは、Googleの地図だと今日の終盤あたりのルートが
どうしても正しいルートにならず、53kmもかかるルートになってしまったためです。
この日は基本的に230号を歩いていくだけになります。




20190502062153_KKCJ7741.jpg
まず札幌までの距離。残り70kmです。
今日46km歩くとすると、定山渓から札幌までは24kmという計算になります。
明日はほぼボーナスステージみたいな距離です。

中山峠までは4.5時間もあればいけるっぽい。





20190502062754_FEUG0136.jpg

20190502063616_MFTX0865.jpg

20190502064542_VCEX4607.jpg
で、歩き始めたのはいいんだけど、下り坂なんですよね、いきなり。
後で登り坂があるんだから、下った分は登り返さないといけないのに
何で下るんだろう・・・と考えてしまう。

そして、ペンションを出る前にサンドイッチを食べて、
すでに3回トイレに行ってたのですが、ここにきてまた腹が痛くなってきました。
悲しいことに、令和最初に食べたカップラーメンで腹を下してしまったようです。
水下痢が出てたので、これは後々に響くだろうなあと思ったらその通り。




20190502065557_MTMO3976.jpg

20190502065624_HWDZ4259.jpg

20190502065840_CKXC0167.jpg
徒歩開始一時間目にしてコンビニがありました。
一応事前に調べてたけど、中山峠に入る前にあるコンビニです。
トイレするならここだと思ってました。
コンビニに入ったらすんでのところで他人に先に入られたので、
すぐ近くにあった公園のトイレで済ませました。
ただ、うんこが全部出切らない・・・。
これは5回目のトイレが必要になりそう。。。





20190502070800_EIBB1875.jpg

20190502071316_WRTY4744.jpg

20190502071442_PSRN0444.jpg

20190502072023_FTDM9940.jpg

20190502073140_TKKR8001.jpg
喜茂別町に入りました。
町なだけにそれなりに色々な店がありました。
セイコーマートの臨時店舗がなんか泣けたw




20190502074611_QYBT6235.jpg
喜茂別町から見たルスツの山です。
まあ、やっぱ綺麗ですよねえ。





20190502075333_HMWF2782.jpg

20190502075704_LSUW0791.jpg
この日は方位磁石を持ちながら歩いていたので、
多少は現在地がわかるようになっています。
地図一枚目が終わりそうなところで徒歩二時間経過。





20190502_定山渓b
地図二枚目。
北に向けて歩道のない道路を歩いていきます。
地図右上のうねうねしたところからが中山峠になります。





20190502082014_VSSY0914.jpg

20190502082233_TNGQ1636.jpg

20190502083154_PWBS9815.jpg

20190502083300_JOGQ1136.jpg
方角で北を目指して細い道路を通っていきます。
札幌まで60kmを切りました。




20190502084705_WLUV2133.jpg

20190502084937_AOGM7024.jpg

20190502084955_MNRH6614.jpg

20190502085640_KEPI5716.jpg

20190502085725_MUOQ6932.jpg
方角が東に向いたところで道路が広くなっていきました。
橋をいくつか渡ったところで徒歩3時間が経過。





20190502090610_OJLG8326.jpg
そしてついに「中山峠」の看板がでてきました。
ここまで一切登り坂はありませんでした。むしろ下ってたし。
なので、ここから先に登り坂が待ち構えていると思われます。





20190502091132_RSAX2388.jpg

20190502091949_FQFE1820.jpg

20190502092539_LWVA4732.jpg
言ってる側から「登坂車線」が始まりました。
これがあるってことはもう登り坂確定です。
途中にガードレールがぼこぼこになってて怖くなりましたよ。
歩いているときに車から追突されたらいつでも即死できるからなあ・・・。





20190502093041_DGJO4504.jpg
じゃあがんばって坂を登るかーといったところでアクシデントが。
予言した通り、5回目のうんこがしたくなってきました。
我慢できなくもないんだけど、どうしようかなあと思ってたところで
橋に差し掛かりました。
橋を渡っている途中で、橋の下にいけることがわかり、引き返しました。

ここでやるしかない・・・と。





20190502093558_CJDX6644.jpg
というわけで、令和発の野グソをここでやってしまいました。
ただ、この判断は結果的に正解でした。

というのは、ここから先、中山峠を登り切ってサービスエリアがあるところまで
一切身を隠す場所はありませんでした。
つまり、途中で本当に漏らしそうになっても隠れる場所がないため、
車から丸見えの公開処刑状態で野グソをする羽目になるところだったという。


ここは完全に車からは見えないので、問題なく済ませました。
やっぱ今回の旅で野グソは避けられないと思ったよ。
腹の管理は難しい。




20190502095634_EUQE0549.jpg

20190502095703_QVSE1938.jpg
トイレを済ませ、地図二枚目のうねうねしているところを歩き始めたところで、
徒歩開始4時間が経過。





20190502100136_OKFW6210.jpg

20190502100737_AJQB0875.jpg

20190502101743_EWRT0354.jpg

20190502102434_UICJ6357.jpg

20190502102626_RTQQ4501.jpg
中山峠を登っていきます。
そんな急ではなく、むしろ緩やかなんだけど、着実に登り坂を登っていきました。
また、途中から霧雨ぶいた雨が降ってきたので、リュックにカバーをして
傘をさして歩いていきました。
うねうねした部分の半分を登ったところでトンネルに突入しました。





20190502103138_GMVC7629.jpg

20190502104201_WISZ7326.jpg

20190502104828_GUZC5841.jpg

20190502105434_HORI8817.jpg
トンネルを出ると登坂車線が終わり、サービスエリアに到着しました。
どうやら登り坂を登り切ったようです。
二時間弱は登り続けたことになるのですが、ぶっちゃけ大したことがなかったです。
昨日の裏道の急勾配の方がもっと大変だった。

とりあえずサービスエリアで休憩しました。
昨日、セイコーマートで買ったピザパンを食べました。




20190502105754_NEIQ4676.jpg
そして出発すると札幌市入りしました。
定山渓って札幌市なんだな。



20190502_定山渓c

地図三枚目。
望洋中山と書かれているところが中山峠のてっぺんです。
そこから札幌市入りします。




20190502110736_LWJV2914.jpg

20190502112122_HNOM0175.jpg

20190502113355_QRFO7476.jpg

20190502114152_BBBN6964.jpg
登坂車線を登り切ったことで、ここから先は実はずっと下り坂でした。
つまり、中山峠を頂点として、留寿都からきた自分としては、
以後、札幌までずっと下り坂ということになります。
むろん、留寿都にいくまでののぼりが大変だったわけですが、
札幌から中山峠を目指した場合、ずっと登りだから、
多分そっちの方が大変だと思いました。





20190502114623_DOJF7954.jpg

20190502115629_RMQE3414.jpg

20190502115705_SGUR2536.jpg
札幌市まで41kmのあたりで徒歩開始6時間経過。
残り40kmとか、もうゴールしたような距離ですね。
つまり、この時点で函館から200km歩いたことになります。


3年前に盛岡⇒青森を5日200km歩いた時は大変だったけど、
あれを越えてしまった・・・。





20190502120843_LBWI7233.jpg

20190502120856_SGLV9230.jpg

20190502121123_MZIX6380.jpg
地図三枚目に書いたトンネルのあるところです。
定山渓トンネルというのですが、足場が非常に狭くてかなり歩きづらかった。
バランス崩して車道に降りてしまうほどでした。
この時に車がきたら危ないので、かなり注意を払って歩いてました。




20190502_定山渓d

地図四枚目。
トンネルを出たら、ちょっとうねうねしたらところをトンネル地帯をぬけ、
あとはひたすら北へむかって歩いていきます。





20190502122204_KHXH2036.jpg

20190502122337_XWYA6932.jpg

20190502122849_TOBM8769.jpg

20190502123302_RRHP5257.jpg
そのうねうねしたトンネル地帯です。
洞門とトンネルを越えていきます。





20190502123448_HNAP8795.jpg

20190502124505_SOPD7524.jpg

20190502125527_GFJY4738.jpg

20190502125549_XKCB4886.jpg
トンネルを越えたら下り坂が続いて歩いてて楽でした。
徒歩開始7時間が経過。
定山渓に着くには8時間超えそうですが、
当初は中山峠がきつくて9時間行くんじゃないだろうかと考えていたのが
予想外に楽だったので、9時間以内にゴールには着けそうです。





20190502131014_JOCQ5515.jpg

20190502131527_NSPO7157.jpg

20190502132140_PKMV5290.jpg

20190502132544_HOTU1529.jpg

また直線じみたところをひたすら歩いていきましたが、
さすがにもうなんとも思わなくなりました。旅前半の直線地獄で鍛えられたわ。





20190502132950_DVMB6714.jpg

20190502133746_CNNS2671.jpg

20190502134601_WSLV7646.jpg

20190502134947_WFTD6955.jpg

20190502135620_FIUI8110.jpg

20190502135707_FNOR2717.jpg
直線道路になった時に時速6kmは出てたと思います。
思いの外早く定山渓の町に入ることができました。
徒歩8時間経過。





20190502_定山渓e
地図五枚目。
もう定山渓の町に入ったので、後はホテルにいくだけです。





20190502135914_UXFD4698.jpg

20190502140245_CVKX6314.jpg

20190502140351_SCXM6222.jpg

20190502140512_NSYU6491.jpg

20190502140730_AWJE6308.jpg
宿泊するホテルにいく途中までの道。
こいのぼりがたくさんあったりしたのですが、
びっくりしたのはファミリーマートでした。
今回の旅で函館からここに来るまで、ファミリーマートは見たことがありませんでした。
この定山渓が初のファミマということになります。

セブンとローソンはそれなりにあったし、セイコーマートもあったけど、
ファミマが一番がんばってないのですかね、北海道では。




20190502140924_UGKX2322.jpg

20190502140956_SPBC0868.jpg
というわけで、ホテルに着きました。
すげー早い。
46.6kmを8時間12分で歩きました。
途中、2回のトイレと1回の休憩で30分はロスしたので、
本当ならば8時間以内にゴールしたことになります。

予想外に早く着きすぎてしまった。




20190502142731_KORY8704.jpg
この日泊ったホテルは、あの「定山渓ビューホテル」です。
はっきり言って一人で泊りにいくホテルではないのですが、
ネット予約できるのがこのホテルしかありませんでした。
宿泊料は14800円www
過去色々旅した中でも最高金額です。

ホテルの中はもう家族連れでいっぱいでした。
どう考えても自分だけが異質だった。。。。



とりあえずチェックインを済ませ、来ている上着を手洗いで洗濯しました。
書き忘れてたけど、ペンションに泊った時も上着は手で洗濯しています。
もともと速乾性の上着を着ているので、
洗って絞ってハンガーにかけて干しておけば一晩で乾きます。

パンツと靴下はそういうわけにはいかないので、替えをたくさんもってきています。
ズボンも一晩では乾かないのでそのまま。
明日、札幌のコインランドリーでまとめて洗います。


洗濯した後は大浴場にいって汗を流してきました。
色々な風呂があってよかった。

そして、このホテルでは晩飯と朝飯付きなので
晩飯を食べに行きます。




20190502172138_LIWH7706.jpg

20190502172138_OEQTE7407.jpg

20190502172138_QAMME9622.jpg
晩飯はすげー広いフロアでのバイキング形式になってました。
今日まで夜以外はパンひとつずつという小食な生活を送っていたのですが、
ここにきてバイキングとかやられると喰うしかありません。
カニとかステーキとか寿司とか食い放題とあれば喰いまくるしかない。
ガチで食べまくりました。

食べて食べて食べたので、小食だったせいもあって
一気に腹が膨れて苦しいことになったという・・・。

いやーでも、14800円も払ってバイキングだったら
太るとか気にせず食べまくるしかないよな。

喰いすぎたせいで、明日札幌まで歩く途中で
絶対うんこしたくなるだろうなあ、という予測だけはたってしまいましたが。。。




20190502174815_ROZG5246.jpg

20190502175017_PELC5114.jpg

20190502175035_QNXK1873.jpg

20190502175828_FGJC8964.jpg

20190502180655_CZNH2771.jpg
晩飯を食べたあとは、同じ階にあるゲームコーナーに行きました。
いいですねえ、こういうホテルにあるゲームコーナーは。
絶対レゲーがあります。

ワニワニパニック、アフターバーナークライマックス、タイムクライシス2を遊びました。
この中で、ワニワニパニックは製造元がなくなってしまったので、
故障したらもう最後かもしれないという貴重なゲームになっています。
邪道の両手戦法を駆使してハイスコアだしておきましたよ。
タイムクライシス2はやったことがなかったので初プレイで二面で死亡。
一面中ボスでダメージ喰らいまくったよ。




20190502162313_SLUJ6756.jpg

あとは部屋に戻って酒飲んで、いつものフェルビナクを貼って就寝。
札幌まであと26km。この時点で214kmは歩いたことになったと思います。
足はまだまだ全然歩けます。
適切なスピードで歩いているのと、足そのものが鍛えられている成果かもしれません。


・・・つうか、↑このスーファミが気になりましたね。
今のこの世にスーファミで遊べる有料サービスっていつの時代だよと。
この定山渓ビューホテルもかなり長いこと営業しているようで、
自分が泊っている「旧館」と「新館」が別にあります。
スーファミがあるってことで、25年くらい前からのものかなと思いました、これ。
今思えばやってみればよかったと思った。





AYHME4314.jpg
この日の歩数グラフ。
中山峠のあたりで歩数が落ちてますが、のぐったのと休憩したためですね。
後半の直線道路でスピードがでてたと思います。
やはり、中山峠が思った以上に大したことなかったのが大きいです。
予想より早く歩けてしまった。



以上、北海道徒歩の旅、5日目終了。